*

ニコンNikkorレンズ(Nikkor Lens)

本ブログで撮影しましたニコンのFマウント(FXフォーマット)対応のオススメのニッコールレンズを紹介していきます。

画質、コストは、各レンズの中での相対評価です。(一個人の私見であり、あくまで主観ですので、星の数に整合性はありません。表記を分かりやすくする為)

まずは、大三元の広角から紹介していきます。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

画質
コスト
携帯性
お気入り度
オススメ度

2007年に登場した10年目のレンズですが、キャノンユーザーの間でも有名な広角レンズです。キャノンの広角の大三元は、EF16-35mm F2.8L III USM と16mm始まりなので14mm始まりのこの広角レンズは羨ましいそうです。

唯一弱点は、PLフィルターが装着できないことです。しかし、そこはNisiのフィルターホルダーを取り付けることで解決しています。

ニコンの大三元の中核を担う標準レンズです。VRが搭載されたモデルで、2015年に登場しました。標準的な画質に申し分はないのですが、懸念点が3つあります。

1つ目は、VRが搭載されたことで重量が1.2kgとかなり重量があります。しかし、70-200のように三脚座がないため、縦構図にした時に、頭が重すぎて雲台上で回転(落下)してしまいます。これは、過去記事(おすすめの三脚と雲台)で紹介したG2270Mを使うことで解決はできます。

2つ目は、長さが長いため、カメラバッグへの収まりが悪いです。最も持ち出す標準レンズだけに、この長さは苦痛です。

3つ目は、光芒がしっかりでないことです。キャノンのEFレンズと比較して、光芒が美しくありません。過去記事(富士本栖湖リゾートのダブルダイヤモンド富士)を参照ください。

苦言ばかり連ねましたが、標準レンズとしての役割はしっかりとこなしてくれるレンズです。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO4000,F3.5,SS1/8sec)

過去記事(小湊鉄道:千葉県)

富士宮市の白糸の滝と富士山の絶景

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO40,F14.0,SS0.6sec)

過去記事(白糸の滝:静岡県)

夏と冬の美瑛町の風景とクリスマスツリーの木(Landscape in Biei and Christmas tree)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F5.6,HDR)

過去記事(美瑛町:北海道)

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F11.0,SS1/800sec)

過去記事(本栖湖リゾート:山梨県)

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

大三元の望遠レンズです。こちらも懸念点として3点あります。

1つ目は、有名な事実ですが、最短撮影距離での焦点距離が160mm相当しかないこと。

2つ目は、AF速度は、EF70-200mmF2.8L IS II USM ほど早くはないこと。

3つ目は、光芒が美しくないこと。

これまた大三元レンズに対して苦言ばかりですが、やはりキャノンのレンズは素晴らしいということになります。なお昨年、新型が登場しています。

新緑と雪景色の秘境を走る只見線の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1600,F5.6,SS1/320sec)

過去記事(只見線:福島県)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

過去記事(高ボッチ高原:長野県)

赤、緑、黄のカラフルな絶景、紅葉の鳴子峡

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

過去記事(鳴子峡:宮城県)

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

続いては、ニコンのフルサイズユーザーなら必ず持っているほど激安な望遠レンズの200-500mmです。ズームレンズでありながら、画質が非常に素晴らしくコストパフォーマンスの非常によいレンズです。

キャノンが出すと20万は下らないでしょう。タムロンのSP150-600を買うくらいなら、純正のこのレンズをお勧めします。

欠点は、2つあります。

1つ目は、AF速度が遅い事。航空祭でどこから被写体が来るかある程度予測できている場合には対応可能です。スポーツや鳥など、瞬時に補足する必要がある被写体だと、このAF速度では辛いです。

青空のキャンパスのアーティスト、ブルーインパルス(エアフェスタ浜松の航空祭)

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO500,F7.1,SS1/1000sec)

過去記事(浜松航空祭:静岡県)

クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR

過去記事(豊後中川駅:大分県)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO125,F6.3,SS1/40sec)

過去記事(高ボッチ高原:長野県)

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

 

最後は、広角の単焦点レンズです。こちらは、解放F値が1.8の為、星撮り用に購入しました。

このレンズのメリットは、77mmのフィルターを装着できることです。前面がフラットなので14-24mmではつけることのできないハーフNDなども使うことができます。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO31,F16.0,SS1.6sec)

過去記事(白ひげの滝:北海道)

精進湖と山中湖からの富士山星空タイムラプス(4K)

D810 +AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO1600,F2.0,SS20sec)

過去記事(精進湖:山梨県)

如何でしたでしょうか?フルサイズのレンズはどれもお値段が高いもの、このまとめ記事が皆さんのレンズ選びのお役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


公開日:
最終更新日:2017/05/06

スポンサードリンク

絶景ランキング5
死ぬまで行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

→もっと見る

PAGE TOP ↑