*

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 日本

今回紹介するのは、長野県塩尻市にある高ボッチ(たかぼっち)高原からの富士山です。高ボッチ高原は、高ボッチ山(標高1665メートル)のなだらかな傾斜に広がる高原です。

「たかぼっち」という名前は国づくりの神様と言われる”ダイダラボッチ”が腰を下ろして休んだという言い伝えから来ているそうです。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F7.1,SS13sec)

高ボッチ高原と富士山は直線距離で100キロ以上離れているため、空気の透明度の低い夏場にはなかなか見ることができない冬ならではの絶景です。

冬ならではの景色なのですが、今回の撮影時も、車の外気温度計でマイナス10度というくらい極寒状態でした。(12月11日撮影)

この高ボッチ高原の場所はこちら。このポイント付近に日の出前の早朝の4時くらいには沢山車が止まっているので分かるかと思います。車は邪魔にならないように、道路片側に路駐するかたちになります。

それでは、撮れた写真を紹介していきます。

日の出前の5:40分くらいから、富士山の周りの雲が切れ始め、富士山が姿を表し始めました。

あまりに美し過ぎて同じカットで何枚もシャッターを切ります。もう無心状態です。

まずは、D810と24-70mm F/2.8で広角側からのカットです。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F6.3,SS20sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F6.3,SS20sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F7.1,SS15sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS15sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS15sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS8sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1.3sec)

続いてD750と70-200mm F/2.8の望遠で、5:40分ころから。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS1/25sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS20sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS8sec)

徐々に日が上ってきて、シャッターを短くしていきます。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1.3sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS2.5sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F6.3,SS1.3sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F6.3,SS0.8sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F6.3,SS2.5sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F6.3,SS1/5sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO125,F6.3,SS1/80sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO125,F6.3,SS1/40sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO64,F5.6,SS1/100sec)

最後は、超望遠の200-500mm f/5.6での撮影です。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,6.3,SS1/80sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,6.3,SS1/80sec)

以上が、諏訪湖、富士山の景色でした。

高ボッチ高原は、星空も素晴らしく、このような写真も撮影することができました。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO3200,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO3200,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO3200,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

以上が、高ボッチ高原での撮影でした。

兎に角、寒いです。氷点下10度はかなりの寒さです、私はモンベルのジオラインに上着、更にダウンジャケットの2枚重ねで挑みました。防寒対策だけは十分に実施してください。

しかし極寒に耐えた人だけが見ることができる絶景でもあるため、撮り終えた時の喜びもひとしおでした。

※撮影日:2016年12月11日

スポンサードリンク

関連記事

勝沼ぶどう郷駅

桜舞う駅、勝沼ぶどう郷駅 (Katsunuma Budoukyo Station)

わに塚の桜のある韮崎市から、車で1時間ほどの甲州市に、桜で有名な、勝沼ぶどう郷駅という駅があります。

記事を読む

光芒の絶景、菊池渓谷(ハーフNDの使い方)

光芒のレーザービーム、菊池渓谷の絶景(ハーフNDの使い方その2)(Kikuchi gorge in Kyushu)

今回は、熊本県の菊池渓谷の紹介です。 菊池渓谷は、熊本空港から1時間ほどの距離にある水流豊かな

記事を読む

忍野村の忍野八海と富士山の絶景

懐かしい日本の原風景、忍野八海からの富士山 (Oshino Hakkai and Mt.Fuji)

今回は、懐かしい日本の原風景と題して、山梨県の忍野村からの富士山の風景を紹介します。 5Dm

記事を読む

はまなすベイライン大湊線と釜臥山

釜臥山とはまなすベイライン大湊線

横浜町の菜の花畑の直ぐ近くに、大湊線というローカル線が通っています。 Wikiを参照すると、大

記事を読む

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

今回は、河口湖の冬花火を紹介します。花火というと夏の定番の風物詩なのですが、河口湖においては、冬にも

記事を読む

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL人吉(ひとよし)は、JR九州が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)
赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青

CanoVsNikon
デジタル一眼レフの選び方、ニコンとキャノンどっちがおすすめ?

秋の長雨と台風で紅葉の撮影に行けず、うずうずしている今日この頃です。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑