*

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 日本

今回紹介するのは、長野県塩尻市にある高ボッチ(たかぼっち)高原からの富士山です。高ボッチ高原は、高ボッチ山(標高1665メートル)のなだらかな傾斜に広がる高原です。

「たかぼっち」という名前は国づくりの神様と言われる”ダイダラボッチ”が腰を下ろして休んだという言い伝えから来ているそうです。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F7.1,SS13sec)

高ボッチ高原と富士山は直線距離で100キロ以上離れているため、空気の透明度の低い夏場にはなかなか見ることができない冬ならではの絶景です。

冬ならではの景色なのですが、今回の撮影時も、車の外気温度計でマイナス10度というくらい極寒状態でした。(12月11日撮影)

この高ボッチ高原の場所はこちら。このポイント付近に日の出前の早朝の4時くらいには沢山車が止まっているので分かるかと思います。車は邪魔にならないように、道路片側に路駐するかたちになります。

それでは、撮れた写真を紹介していきます。

日の出前の5:40分くらいから、富士山の周りの雲が切れ始め、富士山が姿を表し始めました。

あまりに美し過ぎて同じカットで何枚もシャッターを切ります。もう無心状態です。

まずは、D810と24-70mm F/2.8で広角側からのカットです。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F6.3,SS20sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F6.3,SS20sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F7.1,SS15sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS15sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS15sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F7.1,SS8sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1.3sec)

続いてD750と70-200mm F/2.8の望遠で、5:40分ころから。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS1/25sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS20sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F7.1,SS13sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS8sec)

徐々に日が上ってきて、シャッターを短くしていきます。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1.3sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS2.5sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F6.3,SS1.3sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F6.3,SS0.8sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F6.3,SS2.5sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F6.3,SS1/5sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO125,F6.3,SS1/80sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO125,F6.3,SS1/40sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO64,F5.6,SS1/100sec)

最後は、超望遠の200-500mm f/5.6での撮影です。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,6.3,SS1/80sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,6.3,SS1/80sec)

以上が、諏訪湖、富士山の景色でした。

高ボッチ高原は、星空も素晴らしく、このような写真も撮影することができました。

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO3200,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO3200,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO3200,F5.6,SS30sec)

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

以上が、高ボッチ高原での撮影でした。

兎に角、寒いです。氷点下10度はかなりの寒さです、私はモンベルのジオラインに上着、更にダウンジャケットの2枚重ねで挑みました。防寒対策だけは十分に実施してください。

しかし極寒に耐えた人だけが見ることができる絶景でもあるため、撮り終えた時の喜びもひとしおでした。

※撮影日:2016年12月11日

スポンサードリンク

関連記事

デカい!世界最大肉食動物、羅臼のホエールウォッチング、マッコウクジラの潜水

デカい!世界最大肉食動物、羅臼のマッコウクジラの潜水 (Whale watching in Shiretoko)

世界遺産にも登録されている知床半島に羅臼(ラウス)という町があり、 そこからオホーツク海のホエ

記事を読む

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を紹介します。 あしかがフ

記事を読む

美瑛町の青い池

あの壁紙の絶景、美瑛町の青い池と冬のライトアップ(Bule lake in Biei Hokkaido)

北海道は美瑛町に、AppleのMacやiPhoneの壁紙となった有名な青い池があります。有名となった

記事を読む

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ滝は、落差は10mほどしかあり

記事を読む

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

今回は、以前からずっと撮影してみたかった工場夜景を撮影してみました。場所は日本でも有数の工業地帯であ

記事を読む

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

続いて、北海道は上士幌(かみしほろ)町のタウシュベツ橋梁について紹介します。 タウシュベツ橋梁

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑