*

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

公開日: : 日本

今回紹介する絶景は、滋賀県は高島市のマキノ町にあるメタセコイア並木です。このメタセコイア並木は、大きなメタセコイアが2.4キロに渡って並ぶため、日本の街路樹百景にも選ばれているそうです。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO250,F6.3,SS1/160sec)

このメタセコイア並木の場所は、こちら。並木道の入り口にマキノピックランドがあり、そちらに駐車場がありますので、迷うことはないでしょう。

メタセコイア並木は南北に並んでおり、最も人が集まるのは、マキノピックランドから出て直ぐの並木2のエリアになります。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉
それでは並木2で撮れた写真を紹介していきます。

いきなりですが、並木ではなくて「犬」です。

このワンコ、飼い主さんに三脚に専用の台座を付けられてその上でおすわりしています。あまりに可愛らしいので、観光客に大人気でした。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

最後には「もう降ろしてよ~」的な表情で飼い主さんを見つめる。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/320ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/160ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F7.1,SS1/80sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F7.1,SS1/100sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F7.1,SS1/60sec)

皆さん、思い思いに写真を撮っています。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/400ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/160ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/250ec)

皆が楽しそうに写真を撮っている姿をみて、やはり日本は平和だな、と(何故か?)まったりしてしまいました。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F6.3,SS1/30ec)

ツーリング中の男の子達のバイクを撮らせてもらいます、皆楽しそう。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/160ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/250ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F8.0,SS1/60sec)

外から見るメタセコイア並木。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F7.1,SS1/160sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F5.0,SS1/800sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO250,F6.3,SS1/125sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F6.3,SS1/100ec)

並木3では緩やかな傾斜がついており、こちらも雰囲気のある写真が撮れます。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

以上、如何でしたでしょうか? メタセコイア並木は新緑や冬の季節も素晴らしい景色の様ですので、是非訪れてみたい場所です。

今回の撮影は、土曜日の早朝でしたが、やはりかなりの人出でした。写真が目的であれば、やはり平日の早朝がお勧めです。

※撮影日:2016年12月3日

スポンサードリンク

関連記事

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

パワースポット、大洗磯前神社の鳥居と日の出(ハーフNDフィルターの使い方)

大洗磯前神社の神磯(かみいそ)の鳥居は、茨城県は大洗町にある海外沿いに立っている鳥居です。ここは冬の

記事を読む

富士宮市の白糸の滝と富士山の絶景

流れ落ちる絹糸、富士宮の白糸の滝と富士山の絶景

今回は、有名な白糸の滝の紹介です。白糸の滝は、そのほとんどが富士山の湧水で幅150メートルにわたって

記事を読む

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

夜の共演、勝間薬師堂のしだれ桜と天の川(LEEソフトフィルターの使い方) (Katsumayakushidou and Cherry Blossoms with Milky way)

日本に来国後、夜桜と天の川のコラボレーションがどうしても撮りたくて、長野県の伊那市にある勝間薬師堂の

記事を読む

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

次は、風景ではありませんが、なかなか見られない景色を紹介します。 斜里郡にある「さくらの滝」と

記事を読む

はまなすベイライン大湊線と釜臥山

釜臥山とはまなすベイライン大湊線

横浜町の菜の花畑の直ぐ近くに、大湊線というローカル線が通っています。 Wikiを参照すると、大

記事を読む

北海道の神威岬の夕日

夕日の十字架、神威岬の夕日 (Kamui Misaki)

北海道で続けて紹介するのは、積丹町の神威岬です。青い海と奇岩にあふれた積丹半島の北西にある岬です。神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル
クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

今年の桜の撮影は、九州から撮影を開始しました。場所はJR九州の久大本線

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達
地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居
どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士
富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモン

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山
千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所と

→もっと見る

PAGE TOP ↑