*

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 日本

今回紹介する絶景は、滋賀県は高島市のマキノ町にあるメタセコイア並木です。このメタセコイア並木は、大きなメタセコイアが2.4キロに渡って並ぶため、日本の街路樹百景にも選ばれているそうです。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO250,F6.3,SS1/160sec)

このメタセコイア並木の場所は、こちら。並木道の入り口にマキノピックランドがあり、そちらに駐車場がありますので、迷うことはないでしょう。

メタセコイア並木は南北に並んでおり、最も人が集まるのは、マキノピックランドから出て直ぐの並木2のエリアになります。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉
それでは並木2で撮れた写真を紹介していきます。

いきなりですが、並木ではなくて「犬」です。

このワンコ、飼い主さんに三脚に専用の台座を付けられてその上でおすわりしています。あまりに可愛らしいので、観光客に大人気でした。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

最後には「もう降ろしてよ~」的な表情で飼い主さんを見つめる。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/320ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/160ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F7.1,SS1/80sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F7.1,SS1/100sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F7.1,SS1/60sec)

皆さん、思い思いに写真を撮っています。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/400ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/160ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/250ec)

皆が楽しそうに写真を撮っている姿をみて、やはり日本は平和だな、と(何故か?)まったりしてしまいました。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F6.3,SS1/30ec)

ツーリング中の男の子達のバイクを撮らせてもらいます、皆楽しそう。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/160ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F2.8,SS1/250ec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F8.0,SS1/60sec)

外から見るメタセコイア並木。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F7.1,SS1/160sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F5.0,SS1/800sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO250,F6.3,SS1/125sec)

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO200,F6.3,SS1/100ec)

並木3では緩やかな傾斜がついており、こちらも雰囲気のある写真が撮れます。

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

以上、如何でしたでしょうか? メタセコイア並木は新緑や冬の季節も素晴らしい景色の様ですので、是非訪れてみたい場所です。

今回の撮影は、土曜日の早朝でしたが、やはりかなりの人出でした。写真が目的であれば、やはり平日の早朝がお勧めです。

※撮影日:2016年12月3日

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

続いては、新緑の5月にも撮影に行ってきましたので、写真を紹介します。

新緑の季節は、紅葉よりも若干人が少なめなので、撮影には好条件でした。まずはメインの並木2の並木道から紹介します。

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F2.8,SS1/800)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/4000)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/4000)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/4000)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/3200)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/4000)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/3200)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F9.0,SS1/30sec)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO1600,F2.8,SS1/1600sec)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1000,F2.8,SS1/4000)

今回は、偶然にもオシャレな車が止まっていたので、持ち主さんにお願いして写真を撮らせてもらいました。新緑の並木道にマッチしていてお気に入り写真です。

外車かと思っていましたが、調べてみると光岡自動車のビュートという車種のようです。

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO1600,F13.0,SS1/60sec)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F2.8,SS1/800)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F2.8,SS1/1250)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F2.8,SS1/1250)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO1600,F13.0,SS1/60sec)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO640,F2.8,SS1/320sec)

続いては、並木3の並木道です。

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO64,F2.8,SS1/250)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO64,F2.8,SS1/250)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO64,F2.8,SS1/320)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO64,F2.8,SS1/320)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F2.8,SS1/4000)

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO1250,F13.0,SS1/160sec)

以上、如何でしたでしょうか?

新緑の季節のメタセコイア並木も紅葉の時期に負けず劣らず素晴らしい景色でした。人が比較的少なく撮影も行いやすかったです。

またオシャレな車とも出会えて満足の1日となりました。

※撮影日:2017年5月7日

スポンサードリンク

関連記事

北海道の神威岬の夕日

夕日の十字架、神威岬の夕日 (Kamui Misaki)

北海道で続けて紹介するのは、積丹町の神威岬です。青い海と奇岩にあふれた積丹半島の北西にある岬です。神

記事を読む

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざましテレビのココ調(ここしら)とい

記事を読む

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

美瑛町の青い池のすぐ近くにある白(しら)ひげの滝とブルーリバーを紹介します。白髭の滝とその下流に流れ

記事を読む

ゲンジボタルの舞う里、鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)

鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)(Firebugs in Hokkawa)

夏の日本らしい風景で撮ってみたいものの一つにホタルの飛翔がありました。 そこで地元愛知県で探し

記事を読む

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

青森の絶景スポットの奥入瀬渓流を紹介します。奥入瀬渓流とは十和田湖の湖畔の子の口から流れ出る奥入瀬川

記事を読む

色が変わる五色沼、蔵王山の御釜

色が変わる神秘の火口、蔵王山の五色沼、御釜

次いで宮城県は蔵王山の頂上にある御釜(おかま)を紹介します。ここは通常はエメラルドグリーンの火口なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑