青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

日本

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

更新日:

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

蓼科山は、八ヶ岳連峰の北端に位置し、諏訪富士とも呼ばれる、標高2,531mの高さの山です。

霧ヶ峰高原の樹氷は午前中早々に消えてしまうため、撮影終了後、こちらに登山してきました。

登山の入り口は、こちらになります。

駐車場に車を停めて、登山支度をします。

冬山にはアイゼンは必須です、12本爪が望ましいです。

ピッケルは不要かも知れませんが、念のためリュックに括り付けました。

それでは早速、撮れた写真を紹介していきます。

登山口から見えたカラマツの樹氷です。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

D810 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO100,F6.3,SS1/500sec)

このように登山時はかなり天気が悪く吹雪いていたため、掲載する写真は全て下山時の写真です。

最初は比較的平坦な道を登っていきます。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F10.0,SS1/125sec)

徐々に傾斜きつくなっていきます。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F10.0,SS1/320sec)

蓼科山の雪道の傾斜は急なのでアイゼンの装着は必須です。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F9.0,SS1/500sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F10.0,SS1/250sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F10.0,SS1/320sec)

夏山登山のテント泊で20キロ近くの荷物を担ぐことには慣れてはいました、

しかし、今回、雪山登山は初めてでしたが、靴+アイゼンの足元に掛かる重量が予想以上に重く、脚とふくらはぎへの負担がかなりありました。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F5.6,SS1/1250sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F5.6,SS1/800sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F5.6,SS1/800sec)

木々についた雪が風で煽られて空に舞います。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F5.6,SS1/800sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F5.6,SS1/640sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO80,F5.6,SS1/250sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F7.1,SS1/200sec)

下の2枚はPLフィルターを回転させた2枚です。

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F5.6,SS1/200sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F5.6,SS1/250sec)

使用していたソニーの広角ズームレンズは、この外観のようにフィルターは装着できません。

 

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F7.1,SS1/250sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F7.1,SS1/250sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

α7R3 + FE12-24mm F4 G (ISO100,F11.0,SS1/320sec)

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F4.5,SS1/800sec)

登山自体は、途中からかなり吹雪いてきたので、途中で登頂を断念しました。

下山時こそ青空でしたが、頂上付近は吹き付ける吹雪きで身の危険を感じるほどで、他にも断念する方が多かったです。

いつかは登頂にリベンジしたいです。

ですが、青空と樹氷のコラボレーションが撮れたので、撮影としては満足しています。

以上で、蓼科山の樹氷の紹介を終わります。

-日本

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.