メニューを表示(クリック)

*

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

公開日: : 最終更新日:2016/08/06 日本

今回は最近話題となっている岐阜県関市のモネの池の紹介です。

この池は、「名前のない池」、という名前なのですが、フランスの印象派の画家:クロード・モネの「睡蓮」の池、つまりモネの池のようだとTwitterで紹介され話題となり最近はテレビでも紹介され、平日でも千人は観光客が訪れるという話題のスポットです。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/160sec)

場所はこちら。東海北陸自動車道の最寄りの美濃インターを降りてから30分ほどの距離です。

それでは撮れた写真を紹介していきます。現地に到着した時間は、8時半過ぎですが、すでに現地にはたくさんの人が訪れていました。

撮影のコツとしては、1つISO感度を高めに設定しましょう。理由は以下の3点です。

①10時ころまでは太陽の光が池に入らないため、池自体がかなり暗いため。→ISO感度を上げる

②鯉はたまに早い動きをするのでシャッター速度は、最低でも1/100は欲しいです。→ISO感度を上げる

③奥行きのある構図となるので、奥の蓮や鯉がボケないように、F値を絞る必要あり。→ISO感度を上げる

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F4.5,SS1/50sec)

また鯉はたまに早い動きをするので1/100は欲しいところですので、この時間帯はさらにISOは高い方が良いでしょう。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F4.5,SS1/40sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F3.2,SS1/125sec)

太陽が入ってくると、池の水が輝き出します。やはり最も美しい時間帯は、10時から12時ころまでだと思います。12時を過ぎると、(なぜか)水の輝きが減ってしまったように思います。光の入り方が異なるからかも知れませんが。。

下の写真が、午前9時50分ころ、光が池の手前から入り出します。暗部と明部で露出が合わないので、光が池全体を覆うまで暫くはガマンです。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/80sec)

また、ホワイトバランスを白色蛍光灯することで、水の透明感を表現できます。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/160sec)

ちょっとやり過ぎた感がありますが、さらに明瞭度を落とすことで、これはこれで、話題のモネの池っぽく仕上がります。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/160sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F6.3,SS1/200sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

この中央にいる鯉が、ハート形の模様のある鯉です。皆さんこの鯉を探していました。(割りと簡単に見つかります)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F6.3,SS1/250sec)

鯉が全体にまんべんなく行き渡ってくれるタイミングまで、ひたすら待ちます。ガマンです。。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F6.3,SS1/250sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F6.3,SS1/160sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F6.3,SS1/200sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/200sec)

本日のご飯の時間は、10時半ころでした。たくさんの鯉が集まってくるのでシャッターチャンスかも知れませんが、餌が浮いて見えてしまうので、ちょっとイマイチ。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/160sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/160sec)

プラチナ鯉もいました。(これをキレイという人も、気持ち悪いという人もいました。。)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/320sec)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F6.3,SS1/200sec)

平日にも関わらず、たくさんの人でした。人の入れ替わりは割りと早く、簡単に場所はとれると思います。

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F7.1,SS1/200sec)

以上、モネの池、如何でしたでしょうか?

現実にはここまで絵画っぽくはありませんが、やはりキレイな池でした。この池の見頃は午前10時ころから11時半ころまでの午前中のようです。

スポンサードリンク

関連記事

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

今回は、前回の青森から大きく日本列島を南に移動して、熊本県から阿蘇くまもと空港の愛称で呼ばれている熊

記事を読む

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介

記事を読む

はまなすベイライン大湊線と釜臥山

釜臥山とはまなすベイライン大湊線

横浜町の菜の花畑の直ぐ近くに、大湊線というローカル線が通っています。 Wikiを参照すると、大

記事を読む

ゲンジボタルの舞う里、鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)

鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)(Firebugs in Hokkawa)

夏の日本らしい風景で撮ってみたいものの一つにホタルの飛翔がありました。 そこで地元愛知県で探し

記事を読む

猫だらけの猫島、田代島

猫だらけの癒やしの島、猫島(田代島)

今回は絶景ではありませんが、息抜きに猫の数が島民の数よりも多いという猫の島、宮城県は石巻市の田代島へ

記事を読む

美瑛町の青い池

あの壁紙の絶景、美瑛町の青い池と冬のライトアップ(Bule lake in Biei Hokkaido)

北海道は美瑛町に、AppleのMacやiPhoneの壁紙となった有名な青い池があります。有名となった

記事を読む

Comment

  1. Hasegawa より:

    モネの池、写真拝見しました。
    日光の加減で、ずいぶん印象が変わるんですね。
    技術的な解説も、なるほど納得です。
    写真撮影初心者の方には、このように、幾つかのパターンで掲載されている写真を見ることによって、試行錯誤を体験できますね。
    今後はライバルが増えて、フォトコンで優勝を逃すことが多くなってしまわないか心配です。

    • ujiuji2 より:

      Hasegawaさん、コメントありがとうございました!
      私の試行錯誤が伝わって頂けたようで非常に嬉しく思っております。
      ライバルのご心配をされているところをみると、Hasegawaさんはフォトコンなどでよく優勝されるのでしょうか、かなりの腕前のようでコメント頂き、恐縮です。
      しかし、ライバルも含め、たくさんの人に写真の楽しさ(難しさも含めて)が広がっていくと嬉しいですよね。
      あ、でも人気スポットの場所取り合戦で、ライバルが増えるのは辛いかも。。(笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル
クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

今年の桜の撮影は、九州から撮影を開始しました。場所はJR九州の久大本線

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達
地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居
どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士
富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモン

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山
千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所と

→もっと見る

PAGE TOP ↑