*

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本

今回紹介するのは、長野県は茅野(ちの)市にある御射鹿(みしゃか)池です。

この御射鹿池はため池であり、 周辺は八ヶ岳中信高原国定公園に指定されており、農林水産省のため池百選に選定されています。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F8.0,SS0.4sec)

場所はこちら。中央自動車道の諏訪インターから車で約30分ほどの距離にあります。道も1本道で迷うことは無いでしょう。駐車するスペースは多くはありませんが、10台ほどは駐車することができていました(路駐含む)

この御射鹿池は画家「東山 魁夷(ひがしやま かいい)」が御射鹿池をモデルに描いた有名な絵画、「緑響く」のモデルとなった場所です。この「緑響く」がシャープのAQUOSのCMに登場したことで御射鹿池が有名になったそうです。

御射鹿池の撮影する時間帯は日の出頃の時間帯が良いでしょう。以下の写真は4:30頃から5:40頃までの撮影時間になります。5:40を過ぎると日が高くなり、モスグリーンの色が出なくなってしまいましたので、出来る限り早朝に訪れることをオススメします。

それでは撮れた写真を紹介していきます。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F8.0,SS0.4sec)

訪れる時期は、5月後半から6月前半の新緑の季節がオススメです。赤く写っているツツジがいい雰囲気を出してます。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F16.0,SS2.0sec)

池中央部のパノラマ(2枚合成)です。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F8.0,SS0.8sec)

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F5.6,SS1/10sec)

縦構図も素晴らしいシンメトリーを描いてくれます。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F16.0,SS2.0sec)

池の左側には、このような小さな浮島?も。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F20.0,SS1.6sec)

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F20.0,SS1.0sec)

PLフィルターをコントラストを低め方向に回転させるとまた違った幻想的な雰囲気になります。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F8.0,SS2.0sec)

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F16.0,SS4.0sec)

このカモさん達が登場すると水面を荒らしてくれますので、しばし休憩するしかありません。

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F9.0,SS1/4sec)

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F9.0,SS1/4sec)

前述の通り、5:40頃から日が高くなり、モスグリーン色が失われます。ですので、遅くとも日の出の前には到着されていることをオススメします。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F20.0,SS1.0sec)

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F20.0,SS0.8sec)

池全体の外観はこのようになります。

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F8.0,SS0.4sec)

御射鹿池、如何でしたでしょうか?

一見すると変哲もないため池なので、通りすぎてしまいそうです。しかし、これが切り取り方によっては美しい絶景に早変わりするのですから、やはり写真は楽しいですよね。

※撮影日:2016年6月11日

スポンサードリンク

関連記事

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

今回紹介するのは、長野県塩尻市にある高ボッチ(たかぼっち)高原からの富士山です。高ボッチ高原は、高ボ

記事を読む

美瑛町のマイルドセブンの丘と天の川

まるで北欧、美瑛町の風景(マイルドセブンの丘)(Mild Seven hill in Biei)

最後に、美瑛町のマイルドセブンの丘とそこで撮影したタイムラプスについて紹介します。マイルドセブンの丘

記事を読む

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

パワースポット、大洗磯前神社の鳥居と日の出(ハーフNDフィルターの使い方)

大洗磯前神社の神磯(かみいそ)の鳥居は、茨城県は大洗町にある海外沿いに立っている鳥居です。ここは冬の

記事を読む

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介

記事を読む

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

今回は、前回の青森から大きく日本列島を南に移動して、熊本県から阿蘇くまもと空港の愛称で呼ばれている熊

記事を読む

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

小湊鉄道の菜の花畑を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

いすみ鉄道に続いては、小湊(こみなと)鉄道を紹介します。 小湊鉄道は、前の記事のいすみ鉄道の終

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑