*

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊橋の手筒花火(炎の祭典)

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本

今回は、このブログでは初めての花火の撮影の紹介です。しかし、花火は花火でも手筒花火の紹介です。

この手筒花火を、豊橋市の「炎の祭典」という花火大会で撮影してきましたので、紹介させて頂きます。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F7.1,SS1/20ec)

手筒花火とはWikipediaによると

手筒花火(てづつはなび)は、1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、それを人が抱えながら行う花火である。手筒花火は、打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、その火柱は大きいものだと10数メートルにもなる。 愛知県豊橋市の吉田神社が手筒花火の発祥の地とも、豊川市の進雄神社が発祥の地ともいわれる。豊橋市のある愛知県東三河地方、および静岡県の遠州地方西部で特に盛んである。

豊橋には手筒花火の花火大会が沢山あるのですが、手筒花火の撮影の必須アイテムでもある三脚が持ち込みOKな花火大会があまりありません。しかし、その中でこの「炎の祭典」という花火大会は、3000円の有料席ですが、三脚OKということで、有料席の申し込みをしました。

開催場所は、豊橋公園でした。公園付近には駐車場はありませんので、豊橋駅付近の駐車場に車を停めて、市電で移動することになります。

撮影に必要な持ち物は、以下になります。

200〜450ミリ程度の望遠レンズ望遠レンズが乗る三脚レリーズです。
それでは撮れた写真を紹介していきます。

まずは露出の設定に苦しみます。1/20秒では、火の粉が流れ過ぎて被写体が潰れてしまうこともしばしば、徐々に遅くしてトライしてみます。

また1/20では被写体ブレの可能性も高まります。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F7.1,SS1/20ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F7.1,SS1/50ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO500,F6.3,SS1/30ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO500,F6.3,SS1/30ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO500,F6.3,SS1/30ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO500,F6.3,SS1/30ec)

上の写真は、ピントが合っていない事例です。一度他の被写体の撮影のために、ピントを外すと再度ピントを合わせるのに一苦労します。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO500,F6.3,SS1/50ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F7.1,SS1/20ec)

続けて、立ち昇る炎を捉えるために、縦構図に変えてみました。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII

こちらも若干ですが、被写体ブレをしています。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII

手筒花火の最後に竹筒の底が破裂する「ハネ」の瞬間です。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS1/60ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS1/60ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS1/60ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS1/60ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS1/50ec)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F7.1,SS1/50ec)

最後には大筒花火もありました。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO3200,F5.0,SS1/60ec)

大筒へ点火する時の1枚。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO500,F5.6,SS1/50ec)

こちらが「炎の祭典」の開場の様子。

ステージに向かって、左右に写真撮影エリアがありますが、手筒花火を撮るには、左側が良いでしょう。(右側はステージ側なので、ステージをメインで撮影したい方に向いてます。(ご当地アイドルが来てましたね)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO3200,F2.8,SS1/8ec)

ステージでは、ご当地アイドルや和太鼓などが催されていました。

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

5Dmk3 + EF300mm F2.8L IS ii USM + Ef1.4xIII (ISO1600,F4.0,SS1/50ec)

以上が撮影した写真です。

終わってみた感想は、難しかった。。。の一言です。露出設定に四苦八苦している間に、終わってしまった感じがします。

まとめとしては、シャッター速度は50〜60が無難だと思います。また、被写体は奥行きをもって並んでいますので、ある程度絞っておく必要があると思います。ですので、ISOは500程度まで上げて撮影しました。

手筒花火が点火からハネまで、20秒〜30秒程度で直ぐに終わってしまいますから、シャッターチャンス自体もかなり短いことになります。

来年も機会があえば、チャレンジしてみようと思います。

※撮影日:2016年9月10日

スポンサードリンク

関連記事

赤、緑、黄のカラフルな絶景、紅葉の鳴子峡

赤、緑、黄のカラフルな絶景、紅葉の鳴子峡

今回紹介する絶景は、宮城県大崎市にある峡谷、鳴子峡(なるこきょう)の紅葉です。 鳴子峡は宮城県

記事を読む

美瑛町の風景写真

まるで北欧、夏と冬の美瑛町の風景(その1)(Landscape in Biei)

青い池以外にも美瑛町には素晴らしい風景があちらこちらにあります。その風景はまるで北欧の農村にいるかの

記事を読む

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水中花火です。 この宮島の

記事を読む

北海道の樽前ガローの絶景

北海道のちょい寄り絶景、樽前ガロー

続いては、新千歳空港空港から1時間以内でついてしまう絶景スポットを紹介します。その場所は、樽前ガロー

記事を読む

美瑛町の四季彩の丘

まるで北欧、美瑛町の風景(四季彩の丘)(Shikisai no oka in Biei)

その1に続いてその2でも美瑛町の美しい風景を紹介していきます。まずは見渡す限りの花畑の四季彩の丘から

記事を読む

星野リゾートの雲海テラスの絶景

まるで雲に浮かぶ島!トマム星野リゾートの雲海テラスの絶景 (Hoshino Resort in Tomamu)

続いて紹介するのは、ご存知の方もいるかも知れません、トマムにある星野リゾートの雲海テラスの雲海です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑