*

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本

レインボーブリッジと言えば、皆さんは東京港のレインボーブリッジを思い浮かべるに違いないと思いますが、静岡県の山奥にもレインボーブリッジがあります。

それも秘境と言われるくらい山奥の湖上の駅に掛かる橋がレインボーブリッジです。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F3.2,SS1/400ec)

この鉄道はSLで有名な大井川鐵道の井川線に属しています。大井川鐵道は、SLの走る大井川本線とアプト式の井川本線の2つがあり、この井川線の奥大井湖上駅に掛かる橋がレインボーブリッジと命名されています。(東京のものより先に開通しています)

レインボーブリッジの撮影場所はこちら。388号線のトンネルに入る直前に右に脇道があるので、その脇道に入ると撮影スポットです。

車は388号線沿いの路肩にスペースがあるので、そこに駐車しましょう。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO125,F5.6,SS1/250ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO125,F5.6,SS1/250ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F3.2,SS1/640ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO125,F5.6,SS1/250ec)

この撮影スポットでの必須アイテムとして、脚立を持参することをオススメします。

理由は、下の赤丸で囲った木がここ数年でメキメキと成長しており、通常の目線からでは木が駅の付近を完全に邪魔をしてしまいます。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

私の場合は、このような脚立を持参して、かつ、カメラを両手で高く上げてノーファインダーで撮影しています。(カメラの高さは約2.5m付近)

脚立は、このスポットだけではなく、伊丹空港の千里川の土手などでも活躍するなど、1つ持っておくと便利な物です。

※足元が不安定な場所もありますので、まずはしっかりと設置してから登るように気をつけましょう。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO125,F5.6,SS1/250ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F3.2,SS1/500ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F5.6,SS1/160ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

7Dmk2 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F4.0,SS1/400ec)

また、この撮影スポットから奥大井湖上駅まで徒歩で移動することができます。(下図の赤矢印)移動時間は約10〜15分程度です。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

駅に向かう途中では、真上から鉄道を撮影できます。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F5.6,SS1/400ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

7Dmk2 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F3.2,SS1/500ec)

湖上駅へは、レインボーブリッジの側道を歩いて渡ることができます。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F5.6,SS1/500ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F5.0,SS1/500ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F5.0,SS1/500ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F5.0,SS1/1000ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

7Dmk2 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F3.2,SS1/500ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO400,F5.0,SS1/250ec)

続いては、この奥大井湖上駅を上から見下ろす撮影スポットの紹介です。

こちらは、通常の地図表示で見ると、道がありません。

しかし、Earth表示で見ると、道があるように見えます。

このスポットは、舗装もされておらずかなり悪路であるため、4輪駆動車でないと登れない急斜面があります。4輪駆動でないクルマは未舗装路からは、徒歩で行くことを強くお勧めしておきます。

また車高の低い車は、腹を擦りますので論外です。念のため、写真を貼り付けておきますので参考にしてください。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

しかし、ここからの景色は奥大井湖上駅を上から一望できる絶景スポットです。

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F5.0,SS1/160ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO250,F5.6,SS1/320ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO250,F5.6,SS1/200ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F8.0,SS1/125ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F7.1,SS1/100ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F8.0,SS1/100ec)

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F4.0,SS1/200ec)

 

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F4.0,SS1/250ec)

以上が奥大井湖上駅のレインボーブリッジの紹介でした。

天気や雲の位置、時間帯によって、エメラルドグリーンの池の色はどんどん変わります。何度もこの場所を訪れましたが、やはり午前中が比較的良いと思います。

大井川鐵道は、SLの撮影が定番ですが、少し足を伸ばして、奥大井湖上駅まで訪れてみてはいかがでしょうか?

※撮影日:2016年8月3日、8月7日

スポンサードリンク

関連記事

北海道の智恵文地区のヒマワリ畑

どこまでもひまわりな絶景!智恵文地区のヒマワリ畑 (Sunflower field in Hokkaido)

北海道!と言えば、何処までも続くヒマワリ畑!という勝手なイメージをもとに名寄市は智恵文地区のヒマワリ

記事を読む

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊橋の手筒花火(炎の祭典)

今回は、このブログでは初めての花火の撮影の紹介です。しかし、花火は花火でも手筒花火の紹介です。

記事を読む

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

今回は、真田丸のオープニングロケ地としても最近有名な戸隠高原の鏡池に紅葉の撮影に行ってきました。鏡池

記事を読む

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

今回紹介するのは、長野県は茅野(ちの)市にある御射鹿(みしゃか)池です。 この御射鹿池はため池

記事を読む

デカい!世界最大肉食動物、羅臼のホエールウォッチング、マッコウクジラの潜水

デカい!世界最大肉食動物、羅臼のマッコウクジラの潜水 (Whale watching in Shiretoko)

世界遺産にも登録されている知床半島に羅臼(ラウス)という町があり、 そこからオホーツク海のホエ

記事を読む

浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

日本の原風景、浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

浜野浦の棚田は、佐賀県の玄海町にある棚田で、日本の棚田100選にも選ばれている有名な棚田です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑