*

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景 (とおすすめPLフィルター)

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 日本

今回紹介したいのは、静岡県は富士市は今宮の茶畑と富士山です。

静岡県と言えば、日本一のお茶の生産地であり、一面に広がる茶畑を見たことのある方は多いと思います。

特に、毎年5月のGW頃には、1番茶のシーズンとなり、茶畑から新芽が顔を出し茶畑の鮮やかさが一層増す時期です。

今回はその茶畑と富士山の撮影スポットである富士市は今宮という場所に撮影に行ってきました。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/100)

その今宮の茶畑の場所はこちら。

茶畑への入り口は分かりにくいので写真を載せておきます。

中央の奥に白い車が止まっている付近にカラーコーンがあり、そこが入り口です。

駐車場はありませんので、多くの方は写真に右側の部分に駐車していました。(反対側から入れます)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

今回の撮影は、4月30日でしたが、なんと前日の夜に富士山に雪が降ったため、富士山が見事に雪化粧していました。

前日まで富士山は雪が少なく、絵的には少々残念だったのですが、当日は茶畑との撮影の理想のコンディションが整いました。

この時期でも富士山に雪が降るとは嬉しい誤算です。それでは撮れた写真を紹介していきます。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/100sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/40sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/40sec)

茶畑の溝の位置を変えてみました。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F4.5,SS1/100sec)

横を撮ったら、縦構図も撮りましょう。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F7.1,1/40)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/160)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

続いて望遠側も紹介していきます。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/160)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F5.6,SS1/320sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F6.3,1/125)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F9.0,1/60)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/100)

 

今回の撮影では、茶畑の色を鮮やかにするために、PLフィルターは必須でした。私が愛用しているのは、KenkoのPLフィルターです。薄型で回しにくいのは難点ですが、明るさもあまり落ちずファインダーで見やすくお勧めです、

続いては、今宮の茶畑と並んで有名な撮影スポットの大淵笹葉(おおぶちささば)も紹介しておきます。

場所はこちら。今宮の茶畑から車で10分くらいの為、一緒に訪れるのがベストです。

今回は、今宮の茶畑に比べて1週間ほど遅れているとのことで、新芽の状態はまだまだでした。(特に奥の方の茶畑)

こちらは、10時頃に到着しました。すでに富士山の雪が解け始めているのが分かります。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F3.2,SS1/320sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F3.2,SS1/400sec)

大淵笹葉は、毎年、茶摘みの衣装を着た茶娘と茶畑の撮影ができるイベントが開催されています。

来年はタイミングがあえば撮影してみたいですね。

 

最後にもう一つの茶畑と富士山の名所である、岩木山の紹介です。場所はこちら。

岩木山を車で上りきると、一面広がる茶畑を見ることができます。その中で撮影した一枚です。手前に見える道路は東名高速です。

しかし、時間はすでに11時半ころで、富士山の雪はさらに溶けて残念な形になってしまいました。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F2.8,SS1/640sec)

以上で茶畑と富士山の撮影スポットの紹介を終わります、如何でしたでしょうか?

5月の中旬頃には、新芽は摘まれてしまうので、その前の短い期間限定の絶景です。毎年GWが見ごろなので、是非訪れてみてください。

※撮影日:2017年4月30日

スポンサードリンク

関連記事

山梨県韮崎市のわに塚の桜

孤高の一本桜、わに塚の桜 (Wanizuka Cherry Blossom)

日本に帰国して最初の春は、どうしても一本桜が撮りたくて、晴れの日を狙って遠征してきました。 わ

記事を読む

光芒の絶景、菊池渓谷(ハーフNDの使い方)

光芒のレーザービーム、菊池渓谷の絶景(ハーフNDの使い方その2)(Kikuchi gorge in Kyushu)

今回は、熊本県の菊池渓谷の紹介です。 菊池渓谷は、熊本空港から1時間ほどの距離にある水流豊かな

記事を読む

北海道の樽前ガローの絶景

北海道のちょい寄り絶景、樽前ガロー

続いては、新千歳空港空港から1時間以内でついてしまう絶景スポットを紹介します。その場所は、樽前ガロー

記事を読む

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

今回は、河口湖の冬花火を紹介します。花火というと夏の定番の風物詩なのですが、河口湖においては、冬にも

記事を読む

野平の一本桜と白馬三山

野平の一本桜と白馬連峰(Nodaira Cherry Blossom and Hakuba Mtn Range)

野平(のだいら)の一本桜は、白馬村北城の野平集落にある一本桜です。前回の記事の大手の吊り橋から車で約

記事を読む

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

今回は最近話題となっている岐阜県関市のモネの池の紹介です。 この池は、「名前のない池」、という

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

絶景ランキング5
死ぬまで行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

→もっと見る

PAGE TOP ↑