*

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景 (とおすすめPLフィルター)

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 日本

今回紹介したいのは、静岡県は富士市は今宮の茶畑と富士山です。

静岡県と言えば、日本一のお茶の生産地であり、一面に広がる茶畑を見たことのある方は多いと思います。

特に、毎年5月のGW頃には、1番茶のシーズンとなり、茶畑から新芽が顔を出し茶畑の鮮やかさが一層増す時期です。

今回はその茶畑と富士山の撮影スポットである富士市は今宮という場所に撮影に行ってきました。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/100)

その今宮の茶畑の場所はこちら。

茶畑への入り口は分かりにくいので写真を載せておきます。

中央の奥に白い車が止まっている付近にカラーコーンがあり、そこが入り口です。

駐車場はありませんので、多くの方は写真に右側の部分に駐車していました。(反対側から入れます)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

今回の撮影は、4月30日でしたが、なんと前日の夜に富士山に雪が降ったため、富士山が見事に雪化粧していました。

前日まで富士山は雪が少なく、絵的には少々残念だったのですが、当日は茶畑との撮影の理想のコンディションが整いました。

この時期でも富士山に雪が降るとは嬉しい誤算です。それでは撮れた写真を紹介していきます。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/100sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/40sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/40sec)

茶畑の溝の位置を変えてみました。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F4.5,SS1/100sec)

横を撮ったら、縦構図も撮りましょう。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F7.1,1/40)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/160)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

続いて望遠側も紹介していきます。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/160)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F5.6,SS1/320sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F6.3,1/125)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F9.0,1/60)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.0,1/100)

 

今回の撮影では、茶畑の色を鮮やかにするために、PLフィルターは必須でした。私が愛用しているのは、KenkoのPLフィルターです。薄型で回しにくいのは難点ですが、明るさもあまり落ちずファインダーで見やすくお勧めです、

続いては、今宮の茶畑と並んで有名な撮影スポットの大淵笹葉(おおぶちささば)も紹介しておきます。

場所はこちら。今宮の茶畑から車で10分くらいの為、一緒に訪れるのがベストです。

今回は、今宮の茶畑に比べて1週間ほど遅れているとのことで、新芽の状態はまだまだでした。(特に奥の方の茶畑)

こちらは、10時頃に到着しました。すでに富士山の雪が解け始めているのが分かります。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F3.2,SS1/320sec)

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F3.2,SS1/400sec)

大淵笹葉は、毎年、茶摘みの衣装を着た茶娘と茶畑の撮影ができるイベントが開催されています。

来年はタイミングがあえば撮影してみたいですね。

 

最後にもう一つの茶畑と富士山の名所である、岩木山の紹介です。場所はこちら。

岩木山を車で上りきると、一面広がる茶畑を見ることができます。その中で撮影した一枚です。手前に見える道路は東名高速です。

しかし、時間はすでに11時半ころで、富士山の雪はさらに溶けて残念な形になってしまいました。

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F2.8,SS1/640sec)

以上で茶畑と富士山の撮影スポットの紹介を終わります、如何でしたでしょうか?

5月の中旬頃には、新芽は摘まれてしまうので、その前の短い期間限定の絶景です。毎年GWが見ごろなので、是非訪れてみてください。

※撮影日:2017年4月30日

スポンサードリンク

関連記事

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ滝は、落差は10mほどしかあり

記事を読む

色が変わる五色沼、蔵王山の御釜

色が変わる神秘の火口、蔵王山の五色沼、御釜

次いで宮城県は蔵王山の頂上にある御釜(おかま)を紹介します。ここは通常はエメラルドグリーンの火口なの

記事を読む

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の千本鳥居を紹介します。

記事を読む

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

今回は、以前からずっと撮影してみたかった工場夜景を撮影してみました。場所は日本でも有数の工業地帯であ

記事を読む

忍野村の忍野八海と富士山の絶景

懐かしい日本の原風景、忍野八海からの富士山 (Oshino Hakkai and Mt.Fuji)

今回は、懐かしい日本の原風景と題して、山梨県の忍野村からの富士山の風景を紹介します。 5Dm

記事を読む

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL人吉(ひとよし)は、JR九州が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)
赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青

CanoVsNikon
デジタル一眼レフの選び方、ニコンとキャノンどっちがおすすめ?

秋の長雨と台風で紅葉の撮影に行けず、うずうずしている今日この頃です。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑