*

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 日本

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパーク大藤を紹介します。

あしかがフラワーパークは、栃木県足利市にある花のテーマパークです。

その中にある大藤は、樹齢130年の時に日本で初めて移植に成功したということで、奇跡の大藤と呼ばれています。

これらが見頃を迎える 4月中旬から 5月中旬の 1ヵ月間は 「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が開催されており、撮影に行って来ました。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F7.1,SS1.3sec)

あしかがフラワーパークの場所はこちら。

隣接の駐車場は早い時間に埋まってしまいますので、隣接駐車できない場合は、少し離れた臨時駐車場から歩くことなります。

まずは、西ゲート付近の大長藤から紹介していきます。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F4.0,SS1/160sec)

5月2日に訪れたのですが、藤はちょうど見ごろとのことでしたが、個人的には長さが少し物足りない感じでした。

しかし、長くなった頃には上のほうから枯れてくるとのことでしたので、藤の見ごろというのは、そのちょうど中間くらいと言うのだそうです。(職員さん談)

ということは、見ごろを少し過ぎた頃が長さが十分になり見応えがあるのかも知れません。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F7.1,SS1/160sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F2.8,SS1/80sec)

続いて、正面ゲート側の大藤です。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO125,F9.0,SS1/60sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F6.3,SS1/125sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/60sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO320,F5.0,SS1/200sec)

あまりに大きい大藤に圧倒されます。また良い香りも辺り一面に漂います。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F10.0,SS1/100sec)

夕方5時半ころからは、照明が点灯されライトアップが開始されます。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F8.0,SS0.3sec)

GW直前だけあって非常に混雑していました。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F4.0,SS1/25sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F6.3,SS1/6sec)

ライトアップされると、より幻想的な雰囲気になってきます。WBを太陽光のまま撮影すると、このようにピンクの藤になってしまいました。

それはそれで良い雰囲気なので、そのまま現像してみました。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM

こちらがWBが太陽光。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F6.3,SS1.6sec)

こちらがWBが白色蛍光灯です。こちらの藤の色のほうが見た目に近いです。WBだけで二度美味しい写真になりますよね。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F6.3,SS0.4sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F3.5,SS1/13sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F10.0,SS0.3sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F10.0,SS1.3sec)

あしかがフラワーパークでは、池に反射した大藤のライトアップの写真も定番ショットです。まずはWBが太陽光から。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO250,F8.0,SS2.0sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO250,F8.0,SS1.0sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F5.6,SS1.3sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3.2,SS1/40sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3.2,SS1/6sec)

続いて、WBが白色蛍光灯です。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3.2,SS1/80sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO250,F5.6,SS0.8sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F5.6,SS0.6sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F5.6,SS0.4sec)

また、白藤の滝もライトアップでは、このように反射します。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F7.1,SS2.5sec)

最後に、蛍の光が流れる9時頃まで粘ると、人がいなくなるのでこのような景色も撮影できます。

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F7.1,SS2.5sec)

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

D810+ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1.3sec)

以上、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤の紹介でした。

初めてみる大藤の大きさは圧巻でした。訪れる際は、是非ライトアップの時間も訪れてみてください。

今度は九州でも藤で有名な河内藤園にも行ってみたいと思いました。

※撮影日:2017年5月2日

スポンサードリンク

関連記事

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介

記事を読む

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂か

記事を読む

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の千本鳥居を紹介します。

記事を読む

大さん橋からのみなとみらいの夜景

大さん橋からのみなとみらいの夜景 (Osanbashi and Minato Mirai)

今回はこのブログで始めて夜景を紹介します。 5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L

記事を読む

蒼い海と餘部駅の絶景、山陰本線

蒼い海と空の駅の絶景、山陰本線(その1:兵庫県)

今回は、山陰地方を走る山陰本線を紹介したいと思います。青森県の五能線に勝るとも劣らない青い海はまさし

記事を読む

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

次は、風景ではありませんが、なかなか見られない景色を紹介します。 斜里郡にある「さくらの滝」と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑