*

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観 (広角レンズ用PLフィルター)

公開日: : 最終更新日:2017/05/16 日本

続いての撮影スポットは、2か月間の期間限定の瑠璃光院(るりこういん)の特別拝観です。

京都の八瀬(やせ)にある瑠璃光院は、春と秋に2か月間限定の特別拝観を実施します。その時に見られる新緑と紅葉の様子が素晴らしいと人気のスポットです。

拝観の時期など瑠璃光院の詳細については、ホームページを確認ください。(http://rurikoin.komyoji.com/point/

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F6.3,SS1/80sec)

瑠璃光院の場所は、こちら。

瑠璃光院には駐車場はありませんので、叡山電鉄に乗って、「出町柳駅」で下車します。

ですので自家用車は、叡山電鉄本線沿いの民間の駐車場に駐車しました。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO1250,F3.2,SS1/640sec)

出町柳駅から歩くこと約5分で瑠璃光院に到着です。それでは撮れた写真から紹介していきます。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO500,F3.2,SS1/320sec)

2階にあがると、大きなテーブルが置いてあり、そこに窓の外のもみじが反射します。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F5.0,SS1/100sec)

このように反射します。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F5.0,SS1/100sec)

三脚は禁止ですから、テーブルの上にカメラを置いて、シャッターをきります。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/4sec)

このように、たくさん人がいるので譲り合いながら撮影します。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/40sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F6.3,SS1/100sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F5.0,SS1/200sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F9.0,SS1/100sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F16.0,SS1/10sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO125,F6.3,SS1/50sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/6sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F2.8,SS1/320sec)

テーブルに反射しては、床もみじではありませんよね。ピカピカに磨かれた床に反射した様子も撮影することができます。

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/60sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F16.0,SS0.4sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/40sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F10.0,SS1/13sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F5.6,SS1/80sec)

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO320,F4.5,SS1/100sec)

また、一階も趣のある部屋になっていました。こちらは、反射はありません。

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/30sec)

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/30sec)

 

また、今回の撮影に使用したPLフィルターはこちら。

また、AF-S Nikkor 24-70mmの広角レンズ用に使用したPLフィルターはこちら。

このNISIのフィルターホルダーがあれば、出目金の広角レンズであってもPLフィルターを使うことができます。

このフィルターホルダーは持ち運び時は少々かさばりますが、広角レンズ用のPL効果を出すために必ず持ち歩いています。

以上、京都の八瀬の瑠璃光院の紹介でした。

テーブルと床に写る反射を撮影するのはとても楽しかったです。スマホでもかなり反射が写りますので、一眼レフが無くても訪れてみるととても楽しめると思います。

瑠璃光院は、紅葉の時期の特別拝観も有名ですので、今度は紅葉の時期に訪れてみたいと考えています。

※撮影日:2017年5月7日

スポンサードリンク

関連記事

絶景ランキング5

死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣) そこでこれまでの撮影地の中から

記事を読む

美瑛町のマイルドセブンの丘と天の川

まるで北欧、美瑛町の風景(マイルドセブンの丘)(Mild Seven hill in Biei)

最後に、美瑛町のマイルドセブンの丘とそこで撮影したタイムラプスについて紹介します。マイルドセブンの丘

記事を読む

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

次は、風景ではありませんが、なかなか見られない景色を紹介します。 斜里郡にある「さくらの滝」と

記事を読む

北海道の樽前ガローの絶景

北海道のちょい寄り絶景、樽前ガロー

続いては、新千歳空港空港から1時間以内でついてしまう絶景スポットを紹介します。その場所は、樽前ガロー

記事を読む

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

今回は、河口湖の冬花火を紹介します。花火というと夏の定番の風物詩なのですが、河口湖においては、冬にも

記事を読む

美瑛町の風景写真

まるで北欧、夏と冬の美瑛町の風景(その1)(Landscape in Biei)

青い池以外にも美瑛町には素晴らしい風景があちらこちらにあります。その風景はまるで北欧の農村にいるかの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑