*

おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 カメラ

三脚に続いては、おすすめの(愛用の)カメラバッグを紹介させて頂きます。

カメラバッグも三脚と同じく、使い方に個人の好みが出るところがあるかと思いますが、カメラバッグも三脚のジッツオのように鉄板のメーカがあります。

それは、thinkTANKphoto(シンクタンクフォト)です。 thinkTANKphotoは、町の小さなカメラ屋さんなどでは置いていないので、知らない方もいるかも知れませんが、世界中のプロのカメラマンが愛用している世界で最も信頼されるカメラバッグの一つです。

 

thinkTANKphotoの素晴らしいところは、やはり信頼性でしょうか。とても作りがしっかりしていてほつれてきたりする部分もありません。

私がもっとも愛用しているのは、エアポートアクセレレーターです。容量も26.1Lと十分でありながら、ほとんどの飛行機への持ち込みが可能です。

100人以下のボンバルディアのような機体は持ち込み不可ですが、それ以外の機体は全てOKでした。(ヨーロッパ乗り継ぎ往復・各国内線)

エアポートアクセレレーターのスペックは、こちらのシンクタンクフォトのサイトを参考ください。(http://www.thinktankphoto.jp/product/camera_backpacks/1892.html

バッグの重量は、2.2キロです。機内への持ち込み制限重量は10キロですが、機材を入れて10キロを多少超えても、そもそも持ち込み手荷物を重量測定されることはありませんし、持ち込めなかったことは一度もありません。

そのまま座席上の収納スペースへ入れ込むことができます。

具体的には、このような形で収納してます。

おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)

・広角レンズ×2本 (AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED)

・標準レンズ×2本 (AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、EF24-70mm F2.8L ii USM)

・望遠レンズ×2本(横向きに収納)(AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II、EF70-200mm F2.8L IS ii USM)

・ボディ×3個 (D810,D750,5Dmark3)

・フィルター系:正面の収納

キャノン・ニコンのダブルマウントが異様な光景であることは、さておいて、これで約13キロの重さです。

涸沢カールにテントをしょって7時間歩く時の荷物は16キロほどなので、私にはさほど苦痛ではありません。

私は以前、ロープロのこのような横出し式を購入しました。理由は、カメラの出し入れが便利だと考えたからです。

しかし、実際に使ってみると、その横出し式が逆にリスクでした。横出しのチャックを閉め忘れる時がたまにあって、その時にカメラとレンズをゴソっと落としてしまいました。

これは明らかにチャックを閉め忘れた私が悪い訳で、カメラバッグが悪い訳ではありません。

しかし、誰しもヒューマンエラーは絶対に0にはなりませんから、私はどんなミスがあったとしても機材が絶対安心な正面から開くオーソドックスなカメラバッグをお勧めします。

 

最後にもう一つ大きなカメラバッグを紹介します。それは、同じシンクタンクフォトのエアポートセキュリティです。

上記の機材に加え、ストロボや大砲など、さらに機材を詰め込みたい時に使っています。

おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)

入れている機材は、上に同じですが、まだ詰め込めるスペースがあります。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR などの大砲を入れる時は、流石に何かを出さなければいけませんが、かなり大きな容量です。

このエアポートセキュリティのすごいところは、70-200mmのレンズが縦に入ることです。これによって、さらに多くの機材を詰め込むことが可能です。

さらに旅行用のスーツケースのように、ハンドルがついているので舗装された場所の移動には、このバッグはとても楽に移動できます。

詳細なスペックは、こちらです。(http://www.thinktankphoto.jp/product/rolling_camera_bags/2924.html

ただし、バッグの重量は5.8キロあるので、バッグだけでかなりの重量級なことがデメリットです。

こちらも飛行機への持ち込みが可能ですが、流石に重量オーバーとなる可能性があります。(こちらは未経験)

 

このエアポートセキュリティは、今年からV3.0が発売となり、様々な点が改善されていますが、残念な点が1点あります。

それは、V2.0にはついていた格納式のエマージェンシーショルダーストラップがなくなっていることです。

私はどうしてもショルダーストラップが必要だと考えて、あえて古くて高いV2.0を購入しました。

やはりちょっとした階段などがある場合が、ショルダーストラップがあるとかなり便利でしたので、後悔はしていません。

今後、V3.0の購入を検討される方は、要注意です。

 

以上、長々と書き連ねましたが、愛用のカメラバッグのthinkTANKphoto(シンクタンクフォト)の紹介でした。

スポンサードリンク

関連記事

_M9A0711

おすすめの三脚と雲台について(その2:Gitzo ジッツオ)

今年も各地の絶景をひたすら記事にしてきましたが、ここで一息入れて、機材の紹介をしたいと思います。

記事を読む

ウユニ塩湖の鏡張りのHDR

ウユニ塩湖に持っていきたい、オススメのミラーレス一眼カメラボディ

ここまでのまとめでは、このようでした。 超広角レンズがオススメ。 フォーサーズ以上のセンサーがオ

記事を読む

マチュピチュの日の出

(意外と見れない)マチュピチュの絶景タイムを逃すな!(Machu Picchu Sunrise)

朝の光に輝くマチュピチュとワイナピチュ ここまで沢山、マチュピチュの投稿を書いてきましたが、最後に

記事を読む

ウユニ塩湖の鏡張り

ウユニ塩湖に持っていきたい、カメラのセンサーサイズ

今回の記事では、カメラのセンサーサイズを切り口に、ウユニ塩湖に最適なカメラを考えます。 2:マイク

記事を読む

ウユニ塩湖の星空

ウユニ塩湖に持っていきたい、カメラレンズ(魚眼レンズ)

ここからは、ウユニ塩湖に持っていきたい。と題して、オススメのカメラレンズやカメラボディの紹介をしてい

記事を読む

CP+2015のキャノン

カメラの祭典CP+ 2015へ行ってきた。

年に1度のカメラの祭典、CP+2015が、2/13から2/15にかけてパシフィコ横浜で行われました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑