*

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 日本

美瑛町の青い池のすぐ近くにある白(しら)ひげの滝ブルーリバーを紹介します。白髭の滝とその下流に流れるブルーリバーは、美瑛町の白金温泉駅からすぐ近くにあります。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO31,F22.0,SS1/13sec)

場所はこちら。駐車スペースは、川に渡る橋の手前に数台駐車するスペースがあります。さほど混んでいない場所なので駐車できると思います。

青い池と白ひげの滝に行くには、白金街道(966号線)を十勝岳に向かって進みます。正面前方に十勝岳が見えてくるともうすぐです。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO80,F5.6,1/1250)

白ひげの滝の撮影は、ブルーリバーに掛かる鉄橋の上から撮影できます。ここで苦労したのは、露出です。滝を流して撮るためには、NDフィルターが必須になります。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO31,F22.0,SS1/13sec)

さらに、後方にそびえる十勝岳の山が白飛びしないよう、ハーフNDフィルターがあると更に良いでしょう。(フィルターの使い方は、過去記事を参照ください)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO31,F16.0,SS1.6sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO31,F18.0,SS2.0sec)

また、白ひげの滝の上流の川も望遠レンズで狙ってみました。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/640)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

最後に後方の十勝岳のズームです。こちらも綺麗です。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/1600)

続いて、白ひげの滝の下流にあたるブルーリバーは、白ひげの滝と橋の反対側にあるので、反対側(下流側)を振り向くだけで、撮影できます。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F11.0,SS1/125sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO31,F18.0,SS2.5sec)

ブルーリバーも本当に青かったです。特に雪化粧している冬景色のほうが、ブルーが映えると思いました。

 

続いて白ひげの滝のライトアップです。青い池のライトアップの撮影後に、白ひげの滝へ向かいます。

白ひげの滝のライトアップの期間は、平成28年の場合は、11月1日~平成29年3月31日でした。時間は、17時~21時までとなっていました。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F9.0,SS2.5sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F9.0,SS2.5sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

青い池と白ひげの滝はすぐ近くにある為、ライトアップは連続して訪れると思うのですが、撮影が終わると体の芯から冷え切っています。

私の場合は、白ひげの滝のすぐ隣のホテルパークヒルズに宿泊しました。冷えた身体をすぐに温泉で温めることができました。

以上で、白ひげの滝とブルーリバーの紹介を終わります。

やはり、この二つは冬に訪れたほうが、青さが引き立って美しいと思います。

撮影日:2017年2月5日

スポンサードリンク

関連記事

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂か

記事を読む

勝沼ぶどう郷駅

桜舞う駅、勝沼ぶどう郷駅 (Katsunuma Budoukyo Station)

わに塚の桜のある韮崎市から、車で1時間ほどの甲州市に、桜で有名な、勝沼ぶどう郷駅という駅があります。

記事を読む

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

今回は、真田丸のオープニングロケ地としても最近有名な戸隠高原の鏡池に紅葉の撮影に行ってきました。鏡池

記事を読む

富良野のジェットコースターの道

駆け抜ける喜び、富良野のジェットコースターの路 (Roller coaster road in furano)

美瑛町と富良野の中間ぐらいの位置に、ジェットコースターの道というのがあるようなので行ってきました。

記事を読む

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

続いて、北海道は上士幌(かみしほろ)町のタウシュベツ橋梁について紹介します。 タウシュベツ橋梁

記事を読む

浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

日本の原風景、浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

浜野浦の棚田は、佐賀県の玄海町にある棚田で、日本の棚田100選にも選ばれている有名な棚田です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑