*

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 日本

美瑛町の青い池のすぐ近くにある白(しら)ひげの滝ブルーリバーを紹介します。白髭の滝とその下流に流れるブルーリバーは、美瑛町の白金温泉駅からすぐ近くにあります。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO31,F22.0,SS1/13sec)

場所はこちら。駐車スペースは、川に渡る橋の手前に数台駐車するスペースがあります。さほど混んでいない場所なので駐車できると思います。

青い池と白ひげの滝に行くには、白金街道(966号線)を十勝岳に向かって進みます。正面前方に十勝岳が見えてくるともうすぐです。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO80,F5.6,1/1250)

白ひげの滝の撮影は、ブルーリバーに掛かる鉄橋の上から撮影できます。ここで苦労したのは、露出です。滝を流して撮るためには、NDフィルターが必須になります。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO31,F22.0,SS1/13sec)

さらに、後方にそびえる十勝岳の山が白飛びしないよう、ハーフNDフィルターがあると更に良いでしょう。(フィルターの使い方は、過去記事を参照ください)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO31,F16.0,SS1.6sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO31,F18.0,SS2.0sec)

また、白ひげの滝の上流の川も望遠レンズで狙ってみました。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/640)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

最後に後方の十勝岳のズームです。こちらも綺麗です。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/1600)

続いて、白ひげの滝の下流にあたるブルーリバーは、白ひげの滝と橋の反対側にあるので、反対側(下流側)を振り向くだけで、撮影できます。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F11.0,SS1/125sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO31,F18.0,SS2.5sec)

ブルーリバーも本当に青かったです。特に雪化粧している冬景色のほうが、ブルーが映えると思いました。

 

続いて白ひげの滝のライトアップです。青い池のライトアップの撮影後に、白ひげの滝へ向かいます。

白ひげの滝のライトアップの期間は、平成28年の場合は、11月1日~平成29年3月31日でした。時間は、17時~21時までとなっていました。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F9.0,SS2.5sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F9.0,SS2.5sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

青い池と白ひげの滝はすぐ近くにある為、ライトアップは連続して訪れると思うのですが、撮影が終わると体の芯から冷え切っています。

私の場合は、白ひげの滝のすぐ隣のホテルパークヒルズに宿泊しました。冷えた身体をすぐに温泉で温めることができました。

以上で、白ひげの滝とブルーリバーの紹介を終わります。

やはり、この二つは冬に訪れたほうが、青さが引き立って美しいと思います。

撮影日:2017年2月5日

スポンサードリンク

関連記事

美瑛町の風景写真

まるで北欧、夏と冬の美瑛町の風景(その1)(Landscape in Biei)

青い池以外にも美瑛町には素晴らしい風景があちらこちらにあります。その風景はまるで北欧の農村にいるかの

記事を読む

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の果て、日本一美しい橋と言われて

記事を読む

紅葉の清水寺のライトアップ

燃える紅葉、清水寺のライトアップ (Kiyomizu temple in Kyoto)

今年の紅葉は温かい気温のせいで全国的に紅葉の色づき具合がいまいちだったようです。毎年、紅葉で沢山の人

記事を読む

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景 (とおすすめPLフィルター)

今回紹介したいのは、静岡県は富士市は今宮の茶畑と富士山です。 静岡県と言えば、日本一のお茶の生

記事を読む

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL人吉(ひとよし)は、JR九州が

記事を読む

伊丹空港の千里川の土手

伊丹空港(ヒコーキ撮影の聖地)(EF70-200mm F2.8L VS SP 150-600mm)(Itami Airport) 

今回紹介する場所は、日本の飛行場の中でももっとも迫力のある写真が撮れると有名な飛行機撮影のメッカとも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑