*

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 日本

美瑛町の青い池のすぐ近くにある白(しら)ひげの滝ブルーリバーを紹介します。白髭の滝とその下流に流れるブルーリバーは、美瑛町の白金温泉駅からすぐ近くにあります。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO31,F22.0,SS1/13sec)

場所はこちら。駐車スペースは、川に渡る橋の手前に数台駐車するスペースがあります。さほど混んでいない場所なので駐車できると思います。

青い池と白ひげの滝に行くには、白金街道(966号線)を十勝岳に向かって進みます。正面前方に十勝岳が見えてくるともうすぐです。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO80,F5.6,1/1250)

白ひげの滝の撮影は、ブルーリバーに掛かる鉄橋の上から撮影できます。ここで苦労したのは、露出です。滝を流して撮るためには、NDフィルターが必須になります。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO31,F22.0,SS1/13sec)

さらに、後方にそびえる十勝岳の山が白飛びしないよう、ハーフNDフィルターがあると更に良いでしょう。(フィルターの使い方は、過去記事を参照ください)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO31,F16.0,SS1.6sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO31,F18.0,SS2.0sec)

また、白ひげの滝の上流の川も望遠レンズで狙ってみました。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/640)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

最後に後方の十勝岳のズームです。こちらも綺麗です。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/1600)

続いて、白ひげの滝の下流にあたるブルーリバーは、白ひげの滝と橋の反対側にあるので、反対側(下流側)を振り向くだけで、撮影できます。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F11.0,SS1/125sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO31,F18.0,SS2.5sec)

ブルーリバーも本当に青かったです。特に雪化粧している冬景色のほうが、ブルーが映えると思いました。

 

続いて白ひげの滝のライトアップです。青い池のライトアップの撮影後に、白ひげの滝へ向かいます。

白ひげの滝のライトアップの期間は、平成28年の場合は、11月1日~平成29年3月31日でした。時間は、17時~21時までとなっていました。

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F9.0,SS2.5sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F9.0,SS2.5sec)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

青い池と白ひげの滝はすぐ近くにある為、ライトアップは連続して訪れると思うのですが、撮影が終わると体の芯から冷え切っています。

私の場合は、白ひげの滝のすぐ隣のホテルパークヒルズに宿泊しました。冷えた身体をすぐに温泉で温めることができました。

以上で、白ひげの滝とブルーリバーの紹介を終わります。

やはり、この二つは冬に訪れたほうが、青さが引き立って美しいと思います。

撮影日:2017年2月5日

スポンサードリンク

関連記事

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青森県は十和田市の蔦沼(つたぬま

記事を読む

ゲンジボタルの舞う里、鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)

鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)(Firebugs in Hokkawa)

夏の日本らしい風景で撮ってみたいものの一つにホタルの飛翔がありました。 そこで地元愛知県で探し

記事を読む

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

小湊鉄道の菜の花畑を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

いすみ鉄道に続いては、小湊(こみなと)鉄道を紹介します。 小湊鉄道は、前の記事のいすみ鉄道の終

記事を読む

北海道の智恵文地区のヒマワリ畑

どこまでもひまわりな絶景!智恵文地区のヒマワリ畑 (Sunflower field in Hokkaido)

北海道!と言えば、何処までも続くヒマワリ畑!という勝手なイメージをもとに名寄市は智恵文地区のヒマワリ

記事を読む

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊橋の手筒花火(炎の祭典)

今回は、このブログでは初めての花火の撮影の紹介です。しかし、花火は花火でも手筒花火の紹介です。

記事を読む

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

岩手山に映える優雅な一本桜、小岩井農場の一本桜

岩手県は小岩井農場の牧草地にある一本桜は、天気が晴れると背景に残雪の岩手山を構える絶景として有名なス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)
赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青

CanoVsNikon
デジタル一眼レフの選び方、ニコンとキャノンどっちがおすすめ?

秋の長雨と台風で紅葉の撮影に行けず、うずうずしている今日この頃です。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑