*

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 日本

続いて、北海道は上士幌(かみしほろ)町のタウシュベツ橋梁について紹介します。

タウシュベツ橋梁は、北海道は上士幌町の糠平(ぬかびら)湖にある、コンクリート製のアーチ橋です。またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持っています。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS25sec)

タウシュベツ橋梁の場所は、こちら。

冬季にタウシュベツ橋梁に行くためには糠平湖の反対側に駐車して湖上を歩いていくのが一般的です。

始めての方は、ツアーで訪れることをお勧めします。ツアーはひがし大雪自然ガイドセンターで催されているので、そこに参加します。非常に丁寧に対応してくれます。(http://www.guidecentre.jp/

しかしツアーは昼間のみ催されているので、夜に訪れる場合は、単独になってしまうことになります。

当然ながら、夜に訪れると道が見えないのでかなり危険です。湖上ですので、時期や場所によっては湖に落ちないとも限りません。

ですので、ルートの経験者やスノーシューなどの装備がない限り、昼間か遅くとも夕方(もしくは満月)に湖上の移動を完了してしまうのが望ましいです。

※事故が発生すると、また撮影禁止の場所が増えてしまいますので、自己責任かつ最低限の装備はマナーの一部と考えたほうがよいです。

駐車場は、こちら。(ワカサギ釣りのスポットでもあるので、車がたくさん止まっています)

ただし、駐車場といっても、下の写真のように、路肩に駐車スペースがあるのみです。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

入り口にはこのような、のぼりが立っています。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

湖上を歩いていくと、糠平湖のきのこ氷にも出会えます。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

40分ほど歩くと、タウシュベツ橋梁に到達できます。昼間か遅くとも夕方に移動すると、目視で目標地点が確認できるので、絶対に迷いません。

行程の約半分は圧雪されており、スノーシューはなくてもタウシュベツ橋梁まで到達は可能です。(かなり足は取られますので、あったほうが確実に良いです)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

日が暮れるまで、待ってから撮影を開始しました。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F5.0,SS1.3sec)

まずは橋の西側から撮影です。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F5.0,SS30sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F5.0,SS30sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F5.0,SS30sec)

北側の星空です。月夜でもそれなりに、星は写っていました。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F5.0,SS30sec)

徐々に北側に回って、北側の土手の上からタウシュベツ橋梁を見下ろすように撮影します。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS25sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS25sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS25sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS25sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

今度は西側に回ります。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS30sec)

西側の正面から。

時々氷が溶けて落下する「ガシャーン」という音が聞こえます。けっこうビビります。

また、橋の前後には、ロープが張ってあります。橋が崩壊、落石する可能性があるので、ロープの中には入らないようにしましょう。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F5.0,SS30sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F4.5,SS15sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F4.5,SS15sec)

この夜は、他にも4,5名のカメラマン(ウーマン含む)が来ていました。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F4.5,SS20sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F5.0,SS25sec)

西側から橋の上を正面から撮影です。

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F5.0,SS25sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F5.0,SS25sec)

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F5.0,SS25sec)

帰る時は、もと来た道を戻るだけですので、比較的容易ですが、やはり月のある夜のほうが安心です。

また、夜はかなり冷えますので、防寒対策はしっかりしましょう。今回は、氷点下10度付近だったようです。

スノーシューはなくても大丈夫でしたが、やはりかなり足を取られる場面が多かったです。

プラスチックの安価なかんじきも売っているので、試してみてもよいかもしれません。(耐久性に難ありのようですが)

スノーシューでも安価なものもありますので、こちらのほうが良いかも知れません。

撮影日:2017年2月4日

スポンサードリンク

関連記事

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

今回は、前回の青森から大きく日本列島を南に移動して、熊本県から阿蘇くまもと空港の愛称で呼ばれている熊

記事を読む

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

今回紹介するのは、長野県塩尻市にある高ボッチ(たかぼっち)高原からの富士山です。高ボッチ高原は、高ボ

記事を読む

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL人吉(ひとよし)は、JR九州が

記事を読む

大手の吊り橋と桜と白馬三山

大手の吊り橋の桜と白馬連峰(Ooide bridge and Hakuba mtn range)

大手(おおいで)の吊り橋は、JR白馬駅の直ぐ近くの大出公園に掛かっている吊り橋です。吊り橋と桜、その

記事を読む

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

エメラルドグリーンの秘境駅、大井川鐵道のレインボーブリッジ

レインボーブリッジと言えば、皆さんは東京港のレインボーブリッジを思い浮かべるに違いないと思いますが、

記事を読む

どこまでも菜の花な絶景。横浜町の菜の花畑

どこまでも続く黄色の絨毯、横浜町の菜の花畑

青森県上北郡の横浜町に、日本一の作付面積という菜の花畑があります。この菜の花が今ちょうど見頃だという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑