インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

日本

インスタ映え間違いなし?色鮮やかなあじさいの花手水の柳谷観音 楊谷寺

更新日:

岩船寺に続いて訪れたのは、同じく京都の柳谷観音(やなぎだにかんのん) 楊谷寺(ようこくじ)です。

楊谷寺は、近年、花手水で一気にインスタ映えスポットとして有名になったお寺です。

花手水とは、寺社にある手を清め洗う場所でである手水舎(てちょうずや)に花を浮かべるという新しい発想の手水舎です。

楊谷寺のHPによると、花手水は数年前から始まりSNS等を通じて全国へ広がっているそうです。

「歴史と四季を感じられる聖地にしたい、不安な現代にご利益と共に五感を通じて心に平安を、との思いから2015年のあじさいまつりより諸所に生花を添えてきましたが、数年前の住職交代を機に定期的にお花をいれるようになりました。また花手水という名称は、本来野外で手を清める際に草花で代用した行為を言いますが、当山内では自然に花を浮かべた手水舎・手水鉢そのものを指すようになり、これがメディア・SNS等を通じ全国的に広がっています。」(HPより抜粋:楊谷寺HPはこちら

この楊谷寺の場所はこちら。広い駐車場はありますが、あじさいウィークにはかなり混雑します。(駐車場は無料でした)

それでは撮れた写真を紹介していきます。

花手水はこのようになっています。

ただし、周囲に人が居ると画角にはいってしまうので、人がいない時間帯がおすすめです。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F4.5,SS1/320sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F3.2,SS1/500sec)

もう少し絞りを開けてピントを狭くしていきます。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO400,F1.8,SS1/1000sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F3.5,SS1/1000sec,70m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F2.8,SS1/500sec,62mm)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F3.5,SS1/800sec,70m)

微妙に構図を変えて、何度も何度も同じような写真を撮ってしまいます。

でも楽しいからいいんです♪

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F3.5,SS1/250sec)

柄杓の「そうだ京都、行こう。」にピントを当てます。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F2.8,SS1/250sec,110mm)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F1.8,SS1/1250sec)

こちらは、あじさいの花びらにピントを。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F2.5,SS1/800sec)

今度は龍の口にピントを。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F2.8,SS1/400sec,70m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F3.5,SS1/320sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F4.5,SS1/5000sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F1.8,SS1/1250sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F1.8,SS1/400sec)

花手水を上から撮影すると、このようになります。

花手水は容器はかなり大きいので、重い一眼レフで撮影するためはかなり背伸びが必要でした。(リモコンでシャッターを切りました)

私は身長が172cmありますが、背伸びしてギリギリこのが画角でした。女性にはちょっと厳しいかもしれません。(軽いスマホならなんとかなるかもです)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED (ISO250,F1.4,SS1/2500sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F2.8,SS1/160sec,35mm)

「そうだ京都、行こう。」のキャッチコピーはJRのポスターを思い出します。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO800,F6.3,SS1/400sec)

今度は反対側から。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED (ISO500,F6.3,SS1/100sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F6.3,SS1/125sec,70mm)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO400,F2.5,SS1/400sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO250,F1.8,SS1/160sec)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F3.5,SS1/1000sec,58m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F3.5,SS1/800sec,58m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F1.8,SS1/1000sec)

花手水の石でできた容器の下には、こんな銅像が四隅にいました。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO500,F2.2,SS1/50sec)

楊谷寺には花手水の他にも沢山のあじさいがありました。

あじさいに囲まれた階段です。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F6.3,SS1/1250sec,35m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F6.3,SS1/1250sec,24m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F5.6,SS1/1000sec,35m)

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,2.8,SS1/200sec,14mm)

こんなオシャレなベンチもありました。

インスタ映え間違いなしのフォトスポット、柳谷観音 楊谷寺のあじさいの花手水

D850 +AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (ISO200,F2.5,SS1/160sec)

以上で楊谷寺の紹介を終わります。

如何でしたでしょうか?

あじさいの花手水は色鮮やかでとってもフォトジェニックですよね、どこを写真で切り取ってもインスタ映えしそうです。

スマホカメラでもキレイに撮れますが、やはり一眼レフで光学的にぼかした写真はとってもきれいに見えます。

コロナ明けでしたが、沢山の人がが訪れてました。

※撮影日:2020年6月20日

-日本
-, ,

Copyright© 地球の撮り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.