外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

日本

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

更新日:

九州の撮影を終えて愛知に戻ってきました。

本州の桜はまだまだ満開の本番ということで、お隣は滋賀県の国宝、彦根城桜まつりに行ってきました。

日本では国宝に指定されているお城は、彦根城、姫路城、犬山城、松本城の4つだそうです。

彦根城には、桜はなんと1200本もあるため、毎年桜の季節には沢山の観光客が訪れます。

今回狙うのは、夜桜ライトアップとお堀に映る桜です。

撮影スポットはこちら。和菓子屋さんの前になります。

桜の季節は駐車場は大変混雑しますが、夜桜ライトアップの時間帯はさほど混んではおらず、以下の京橋口駐車場に停めることができました。

彦根城の周囲には、他にもコインパーキングなどが沢山ありました。

撮影場所は、さほど広いスペースではありませんが、最前列には7~8人は入れる広さでした。

じっくり撮影する一眼レフ舞台は、三脚を一番短くセットして、最前列で邪魔にならないように撮影していました。

その上から、一般の方がスマホなどで撮影されている感じでした。

ただし、後ろの道路へははみ出さなようにする必要があります。

それでは早速、撮れた写真を紹介していきます。

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F14.0,SS13sec)

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F14.0,SS6sec)

上の2枚の写真は、全く同じ写真ですが違いが1点あります、分かりますか?

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F13.0,SS5sec)

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F13.0,SS5sec)

少し左に移動して、天守閣を近くに絡めて撮影。

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F13.0,SS8sec)

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F13.0,SS8sec)

外堀の手前側にも桜はありますが、こちらはライトアップされていないので、こちらはストロボを使って撮影しました。

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F13.0,SS8sec)

外堀に映るこぼれ落ちそうな桜、彦根城の夜桜ライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F13.0,SS8sec)

彦根城の桜ライトアップは、18時~21時の間行われております。

21時を過ぎると、右側の天守閣のライトアップが消えましたが、桜へのライトアップは残っていたので、桜の撮影自体は21時以降も可能でした。

以上で彦根城の桜のライトアップの紹介を終わります。

駐車場もほどほどに混雑していましたが、比較的スムーズに撮影できました。

高速道路のインターからも近くアクセスが良いので、オススメの夜桜の撮影スポットです。

※撮影日:2018年4月1日

 

-日本

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.