*

日本の原風景、浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 カメラ, 日本

浜野浦の棚田は、佐賀県の玄海町にある棚田で、日本の棚田100選にも選ばれている有名な棚田です。

大小合わせて283枚もの棚田がこの風景を織り成しているとのことです。見頃は、ちょうどゴールデンウィーク頃で、観光客やカメラマンのために、田植えをしてくれています。

そこで撮れる風景は、まさしく日本の昔ながらの風景です。

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F8.0,SS1/15sec)

非常に有名な棚田で、カメラマンが大勢訪れます。立ち並ぶ三脚の数は100から200本ほどでしょうか。こちらが玄海町のページです。http://www.town.genkai.saga.jp/sightseeing/kanko/kankouspot/000000167/

行き方は、Google Mapで検査すると、以下のように出てきますので場所は簡単に探せます。

佐賀県の半島の西側なので、福岡からでもちょっと遠いかも知れません。
スクリーンショット 2015-05-25 15.17.34

この浜野浦の棚田での撮影の重要ポイントは、何と言っても三脚を立てる場所の確保でしょう。遅くとも16時には現地に到着している必要があります。それでは撮れた写真を紹介していきます。

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F8.0,SS1/15sec)

日が高い時間帯に、海の上を太陽の光が柱のように伸び、それを小舟が横切っていきます。

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F8.0,SS1/20sec)

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F8.0,SS1/60sec)

横を撮ったら、縦も必ず撮るようにしております。

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO100,F8.0,SS1/25sec)

 

棚田の撮り方(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

撮影方法としては、まずはPLフィルターは必須です。PLフィルターとはそもそも?という方は、こちらのリンクを参照ください。http://ec1.kenko-web.jp/category/434.html

通常は、空を青くしたり、水の反射を取り除いたりするのですが、今回は反対の使い方をして、棚田の反射を強くしてあげます。

こちらが通常のPLフィルターを使って反射を消した棚田。田んぼが茶色になり、中の泥がよく見えます。しかし、これでは棚田としての絵にはなりませんよね。

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO100,F8.0,SS1/200sec)

そこでPLフィルターで反射方向の光のみ取り出すと、以下のように田んぼの表面が反射して輝いてみえます。

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO100,F8.0,SS1/200sec)

次に、NDフィルターです。

NDフィルターとは?という方は、こちらのリンクを参照ください。http://ec1.kenko-web.jp/category/15.html

しかし、ここで使うのは、通常のNDフィルターではなく、ハーフNDフィルターです。

ハーフというからには、ND(減光)する部分が上半分のみで、下半分は透明な四角い板です。このND暗い部分を太陽に被せるようにフィルターをつけることで太陽の強すぎる光を弱めます。

次にハーフNDフィルターを使った場合とそうでない場合の例を載せます。

まずは、ハーフNDフィルターを使わずに何もなしで撮影した場合です。太陽の周囲が白く飛んでしまってしまい、空が眩し過ぎる感じを受けてしまいます。

浜野浦の棚田
5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F8.0,SS1/200sec)

次にハーフNDフィルターを使った場合です。太陽の輪郭も出ており、全体の明るさのバランスが取れています。

浜野浦の棚田
5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F8.0,SS1/125sec)

ちなみに、太陽が海に沈んでも、暫くは棚田に残っていると、日没後の約30分ほどの間に、空が暗く、青くなるのを反射して、棚田も青くなるそうです。(私の時はさほど青くはありませんでしたが。)

浜野浦の棚田

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO640,F8.0,SS6sec)

 

この撮影の時に私が使用したNDフィルターはこちらになります。(クリックでAmazonが開きます)

値段が安いので始めてNDフィルターを購入する方にオススメの商品です。

現在、フルサイズレンズ用には、こちらを愛用しています。100☓150の大きいサイズのため、広角の出目金レンズであるTokina AT-X 16-28mm F2.8 Proの広角側もギリギリカバーすることが可能です。また縦に150なので、フィルターの下部を指で持ちやすい形状になっています。

以上、如何でしたでしょうか? 食文化が大きく変わってしまった現在でも、日本人はなぜか田んぼの風景を見ると心が癒やされますよね、不思議です。

また、このPLフィルターとハーフNDフィルターは風景撮影にはよく使う必須アイテムなので、是非持ち歩くことをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を紹介します。 あしかがフ

記事を読む

クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

クルーズトレインななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

今年の桜の撮影は、九州から開始しました。場所はJR九州の久大本線の豊後中川駅です。 この豊後中

記事を読む

5Dmk3 + TS-E24mm F3.5L ii (ISO100,F4.5,SS1/320sec)

日本一の紅葉、涸沢カール (Karasawa Carl)

今回紹介するのは、日本一の紅葉と名高い涸沢(からさわ)カールの絶景です。涸沢カールは、長野県松本市安

記事を読む

青い海と奇岩の五能線の絶景

碧い海と奇岩の五能線の絶景

青森のローカル線で五能線という絶景の鉄道があります。Wikiを引用しますと、 五能線(ごのうせ

記事を読む

忍野村の忍野八海と富士山の絶景

懐かしい日本の原風景、忍野八海からの富士山 (Oshino Hakkai and Mt.Fuji)

今回は、懐かしい日本の原風景と題して、山梨県の忍野村からの富士山の風景を紹介します。 5Dm

記事を読む

美瑛町の風景写真

まるで北欧、夏と冬の美瑛町の風景(その1)(Landscape in Biei)

青い池以外にも美瑛町には素晴らしい風景があちらこちらにあります。その風景はまるで北欧の農村にいるかの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

_DSC30131
新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観 (広角レンズ用PLフィルター)

続いての撮影スポットは、2か月間の期間限定の瑠璃光院(るりこういん)の

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ
世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景
新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景 (とおすすめPLフィルター)

今回紹介したいのは、静岡県は富士市は今宮の茶畑と富士山です。 静

おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)
おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)

三脚に続いては、おすすめの(愛用の)カメラバッグを紹介させて頂きます。

_M9A0711
おすすめの三脚と雲台について(その2:Gitzo ジッツオ)

今年も各地の絶景をひたすら記事にしてきましたが、ここで一息入れて、機材

→もっと見る

PAGE TOP ↑