*

小湊鉄道の菜の花畑を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 日本

いすみ鉄道に続いては、小湊(こみなと)鉄道を紹介します。

小湊鉄道は、前の記事のいすみ鉄道の終点である上総中野駅から五井駅までを結ぶ千葉県のもう一つのローカル線です。

いすみ鉄道と同じく、路線沿いにはたくさんの撮影スポットがあり、こちらもシーズンにてカメラマンで賑わいます。いすみ鉄道と繋がっていることからセットで訪れることが多いです。

また小湊鉄道では、特に里山トロッコというトロッコ列車が走っていることでも有名です。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F7.1,SS1/1250sec)

小湊鉄道のトロッコ列車や時刻表は小湊鉄道のページで確認できます。(http://www.kominato.co.jp/

まずは最も有名な撮影ポイントの菜の花畑の場所から紹介します。駐車場は、道路沿いに大きな駐車場があるので、問題ないでしょう。そこに停めて2分ほど歩きます。

早速、撮れた写真から紹介していきます。

今回は、早朝から青空が広がり、最高の撮影日和となりました。まずはキハ200系の車両から。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F7.1,SS1/500sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F7.1,SS1/500sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F6.3,SS1/1000sec)

続いては、里山トロッコです。トロッコは、菜の花畑の中央で減速するので撮影は簡単です。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F7.1,SS1/1600sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F7.1,SS1/1250sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO640,F8.0,SS1/1600sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F8.0,SS1/2000sec)

空に飛行機が飛んでいるのがよく見えるほど晴れていました。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F8.0,SS1/2000sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F8.0,SS1/2500sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F8.0,SS1/1600sec)

最後に、3両編成のキハです。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F10.0,SS1/400sec)

なお、この3両編成の車両の機体には広告の文字が印刷されています。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO400,F7.1,SS1/2000sec)

続いては、次の撮影スポットである、飯給(いたぶ)駅の紹介です。毎年の桜の季節には、飯給駅の駅の前の田んぼに水が張られ、水田に写った桜の反射を楽しむことができます。

飯給駅の場所はこちら。駅の付近には車は10台ほどしか駐車できませんので、少し離れた場所に駐車することになります。

それでは、飯給駅で撮れた写真から紹介していきます。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F2.8,SS1/1600sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO200,F8.0,SS1/200sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D810 + AF-S Nikkor 20mm f/1.8G ED (ISO400,F7.1,SS1/2000sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO250,F7.1,SS1/640sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO250,F7.1,SS1/640sec)

徐々に日が暮れていきます。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F5.0,SS1/400sec)

そして、お待ちかねのマジックアワーです。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO4000,F3.5,SS1/8sec)

チャンスは一度きりなので、ブラケット撮影で露出を±1EVずらしながら撮影する設定としておきました。

結果的には、+1EVの画像の列車が流れた感じが気に入りました。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3,5,SS0.3sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3,5,SS0.3sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3,5,SS0.3sec)

停車時間は数分ありますので、低速シャッターで十分撮影できます。

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3,5,SS1/6sec)

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1600,F3,5,SS1/6sec)

このマジックアワーの撮影をした便は、18:30頃です。飯給駅から五井駅方面への次の列車は、20時台までありませんので電車で撮影に来られる方は注意してください。

以上、如何でしたでしょうか?

小湊鉄道もいすみ鉄道に負けず劣らず撮影が楽しいローカル線でした。東京近郊からはアクセスが良いので是非訪れてみてはいかがでしょうか。

※撮影日:2017年4月15日

スポンサードリンク

関連記事

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

今回は、河口湖の冬花火を紹介します。花火というと夏の定番の風物詩なのですが、河口湖においては、冬にも

記事を読む

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂か

記事を読む

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

今回は、真田丸のオープニングロケ地としても最近有名な戸隠高原の鏡池に紅葉の撮影に行ってきました。鏡池

記事を読む

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるという最近SNSで話題になっている

記事を読む

紅葉の清水寺のライトアップ

燃える紅葉、清水寺のライトアップ (Kiyomizu temple in Kyoto)

今年の紅葉は温かい気温のせいで全国的に紅葉の色づき具合がいまいちだったようです。毎年、紅葉で沢山の人

記事を読む

美瑛町の青い池

あの壁紙の絶景、美瑛町の青い池と冬のライトアップ(Bule lake in Biei Hokkaido)

北海道は美瑛町に、AppleのMacやiPhoneの壁紙となった有名な青い池があります。有名となった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑