*

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

公開日: : 最終更新日:2017/03/13 日本

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂から日が昇る風景ですよね。

さらにダブルダイヤモンドとは、その光景が池に反射して上下で2つダイヤモンド富士が見られることからダブルダイヤモンド富士と言われています。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/640sec)

またこのダブルダイヤモンド富士が初日の出に見ることができるのが、富士芝桜で有名な本栖湖リゾートです。この本栖湖リゾートには竜神池という小さな池があり、そこにダイヤモンド富士が反射します。

撮影地はこちら。入場料は大人で1000円が必要になります。

2017年にもらったチラシから概要の紹介です。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

元旦のダイヤモンド富士の時間は、ほぼ8時になります。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

日が昇る直前の7:53分の写真です。いよいよその瞬間が訪れます。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F5.6,SS1/200sec)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/200sec)

来たぞー。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/320sec)

あれれ?

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/500sec)

なんかちょっと右にズレてる。。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/640sec)

大きさでごまかせるようになるんじゃ。。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/640sec)

え、もしかして、もうおしまい。。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/200sec)

正味の鑑賞時間。。約8分間でした。あっという間でした。

富士山のセンターと太陽の位置がこんなにシビアだとは思っていませんでした。。ガッカリ。。

 

ちなみに、こちらがニコンD810で撮影した写真です。F11まで絞っているにも関わらず、光芒(光条)がきれいに出ていません。

写真は24-70mmですが、70-200mmも同じような傾向でした。

上のキャノンの5D mark3の光芒のほうが光条が等間隔に広がっており、明らかに綺麗です。

キャノンもニコンもどちらのレンズも円形絞りを採用しているにも関わらずこの違いがでる理由が分かりません。(誰か教えてください。。)

もしかすると、光芒の形状は各メーカの考え方の違いからこのようになっているのかも知れませんが、個人的にはキャノンの光芒のほうが好みです。

やはりキャノンにはキャノンの良いところ、ニコンにはニコンの良いところがあるということで、強引に自分を納得させました。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F11.0,SS1/800sec)

ちなみに、元旦はテレビ局も陣取って、このような大賑わいでした。元旦のダブルダイヤモンド富士がどうしても撮影したい場合は、かなり早めの場所取りが必要です。

元旦(初日の出)にこだわりがない方は、元旦ではなく日をずらしての撮影をお勧めします。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモ

今回は、残念ながら、ちょっと右にずれてしまったので、またいつかチャレンジしたいと思います。

以上、富士本栖湖リゾートのダブルダイヤモンド富士の紹介でした。

スポンサードリンク

関連記事

NHK朝の連続ドラマ、あまちゃんの絶景、三陸鉄道北リアス線

北の青い海の絶景、三陸鉄道北リアス線

NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」の舞台で有名な三陸鉄道北リアス線の鉄道のある風景を紹介します。

記事を読む

秘境の新緑の走る只見線の絶景

新緑と雪景色の秘境を走る只見線の絶景

只見線は、鉄道ファンの間では非常に有名な、福島県の会津若松から新潟県の小出駅まで走るローカル線です。

記事を読む

no image

まるでジブリの世界、天空の道「ラピュタの道」 (Laputa road in Kyushu)

熊本県阿蘇市に、あのジブリの名作「天空の城ラピュタ」に出てきそうな絶景スポットがあり、「ラピュタの道

記事を読む

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景 (とおすすめPLフィルター)

今回紹介したいのは、静岡県は富士市は今宮の茶畑と富士山です。 静岡県と言えば、日本一のお茶の生

記事を読む

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を紹介します。 あしかがフ

記事を読む

大さん橋からのみなとみらいの夜景

大さん橋からのみなとみらいの夜景 (Osanbashi and Minato Mirai)

今回はこのブログで始めて夜景を紹介します。 5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑