*

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

公開日: : 最終更新日:2017/03/13 日本

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂から日が昇る風景ですよね。

さらにダブルダイヤモンドとは、その光景が池に反射して上下で2つダイヤモンド富士が見られることからダブルダイヤモンド富士と言われています。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/640sec)

またこのダブルダイヤモンド富士が初日の出に見ることができるのが、富士芝桜で有名な本栖湖リゾートです。この本栖湖リゾートには竜神池という小さな池があり、そこにダイヤモンド富士が反射します。

撮影地はこちら。入場料は大人で1000円が必要になります。

2017年にもらったチラシから概要の紹介です。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

元旦のダイヤモンド富士の時間は、ほぼ8時になります。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

日が昇る直前の7:53分の写真です。いよいよその瞬間が訪れます。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F5.6,SS1/200sec)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/200sec)

来たぞー。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/320sec)

あれれ?

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/500sec)

なんかちょっと右にズレてる。。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/640sec)

大きさでごまかせるようになるんじゃ。。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/640sec)

え、もしかして、もうおしまい。。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM(ISO250,F9.0,SS1/200sec)

正味の鑑賞時間。。約8分間でした。あっという間でした。

富士山のセンターと太陽の位置がこんなにシビアだとは思っていませんでした。。ガッカリ。。

 

ちなみに、こちらがニコンD810で撮影した写真です。F11まで絞っているにも関わらず、光芒(光条)がきれいに出ていません。

写真は24-70mmですが、70-200mmも同じような傾向でした。

上のキャノンの5D mark3の光芒のほうが光条が等間隔に広がっており、明らかに綺麗です。

キャノンもニコンもどちらのレンズも円形絞りを採用しているにも関わらずこの違いがでる理由が分かりません。(誰か教えてください。。)

もしかすると、光芒の形状は各メーカの考え方の違いからこのようになっているのかも知れませんが、個人的にはキャノンの光芒のほうが好みです。

やはりキャノンにはキャノンの良いところ、ニコンにはニコンの良いところがあるということで、強引に自分を納得させました。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F11.0,SS1/800sec)

ちなみに、元旦はテレビ局も陣取って、このような大賑わいでした。元旦のダブルダイヤモンド富士がどうしても撮影したい場合は、かなり早めの場所取りが必要です。

元旦(初日の出)にこだわりがない方は、元旦ではなく日をずらしての撮影をお勧めします。

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモ

今回は、残念ながら、ちょっと右にずれてしまったので、またいつかチャレンジしたいと思います。

以上、富士本栖湖リゾートのダブルダイヤモンド富士の紹介でした。

スポンサードリンク

関連記事

美瑛町の風景写真

まるで北欧、夏と冬の美瑛町の風景(その1)(Landscape in Biei)

青い池以外にも美瑛町には素晴らしい風景があちらこちらにあります。その風景はまるで北欧の農村にいるかの

記事を読む

浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

日本の原風景、浜野浦の棚田(PLフィルターとNDフィルターの使い方)

浜野浦の棚田は、佐賀県の玄海町にある棚田で、日本の棚田100選にも選ばれている有名な棚田です。

記事を読む

富士宮市の白糸の滝と富士山の絶景

流れ落ちる絹糸、富士宮の白糸の滝と富士山の絶景

今回は、有名な白糸の滝の紹介です。白糸の滝は、そのほとんどが富士山の湧水で幅150メートルにわたって

記事を読む

猫だらけの猫島、田代島

猫だらけの癒やしの島、猫島(田代島)

今回は絶景ではありませんが、息抜きに猫の数が島民の数よりも多いという猫の島、宮城県は石巻市の田代島へ

記事を読む

北海道の智恵文地区のヒマワリ畑

どこまでもヒマワリな絶景!智恵文地区のヒマワリ畑 (Sunflower field in Hokkaido)

北海道!と言えば、何処までも続くヒマワリ畑!という勝手なイメージをもとに名寄市は智恵文地区のヒマワリ

記事を読む

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

今回は、以前からずっと撮影してみたかった工場夜景を撮影してみました。場所は日本でも有数の工業地帯であ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル
クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

今年の桜の撮影は、九州から撮影を開始しました。場所はJR九州の久大本線

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達
地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居
どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士
富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモン

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山
千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所と

→もっと見る

PAGE TOP ↑