*

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本

今回は、真田丸のオープニングロケ地としても最近有名な戸隠高原の鏡池に紅葉の撮影に行ってきました。鏡池はその名の通り、風の無い日には鏡のように後方にそびえ立つ戸隠連邦を映し出す絶景スポットです。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/8sec)

ちなみに、こちらが真田丸のオープニングでの鏡池のカット。

真田丸オープニングの鏡池

この鏡池の場所は長野県長野市のこちら。紅葉のシーズンは土日は池の付近までは乗用車は乗り入れ禁止でバスに乗り換えが必要なようです。そのため、平日に訪れると鏡池の直前の駐車場まで車で来ることができるのでオススメです。

それでは早速撮影した写真を紹介していきます。

朝の4時頃に到着したため、星空の撮影から開始です。雨上がりということもあって抜けの良い星空でした。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO6400,F2.8,SS25sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

平日ということもあってそれほどカメラマンの数は多くなく、場所取りには苦労しませんでした。ただ、レンズにつく霜には苦労しました。霜をフキフキしながら霜と格闘しての撮影でした。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS2.5sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F6.3,SS2.5sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS1.6sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS3.0sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS0.4sec)

こちらは、3枚の画像をパノラマ合成しました。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS1.6sec)

パノラマ合成は、ただ単純に複数枚撮影した画像を合成しても失敗することが多々ありました。今回はその反省から以下の3点に気を付けて撮影しました。

  1. 広角にしすぎない → 歪曲を低減して、合成し易くする。
  2. 縦構図で撮影とする → 縦構図の方が、合成時に、樽型歪みの歪曲の影響が少ない。
  3. L字ステーを使用して縦位置撮影 → 回転の中心をレンズの中心とする → 視差による画像の差異を低減する

今回使用したL字ステーはこちら。

太陽が上ってきました、戸隠連峰が赤く染まり出すと、シャッター音が響き渡ります。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/8sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F7.1,SS1/8sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/6sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/8sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/10sec)

今回は、無風状態で、ほぼ完璧な反射状態で撮影することができました。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F10.0,SS1/3sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F4.5,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/20sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F4.5,SS1/320ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F6.3,SS1/160ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F6.3,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F6.3,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F6.3,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F6.3,SS1/80ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F2.8,SS1/2000ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F2.8,SS1/1000ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F2.8,SS1/1250ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F3.5,SS1/800ec)

以上、如何でしたでしょうか?

この鏡池は、やはり晴天+無風が最も美しい条件ですので、天気予報とにらめっこしてでもタイミングを合わせて訪れてみてください。

※撮影日:2016年10月26日

スポンサードリンク

関連記事

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

どこまでも続く並木道、メタセコイア並木の紅葉と新緑

今回紹介する絶景は、滋賀県は高島市のマキノ町にあるメタセコイア並木です。このメタセコイア並木は、大き

記事を読む

新道峠の雲海と富士山

輝く雲海、新道峠からの富士山 (Cloud sea with Mt.Fuji from Shindou touge)

2017年10月更新:本記事が9/27(金)のめざましテレビのココ調で採用されました。 ※詳細

記事を読む

紅葉の清水寺のライトアップ

燃える紅葉、清水寺のライトアップ (Kiyomizu temple in Kyoto)

今年の紅葉は温かい気温のせいで全国的に紅葉の色づき具合がいまいちだったようです。毎年、紅葉で沢山の人

記事を読む

夏と冬の美瑛町の風景とクリスマスツリーの木(Landscape in Biei and Christmas tree)

美瑛町の冬のクリスマスツリーの木

北海道は上川郡の美瑛町にはたくさんの有名な木がありますが、今回紹介するのは最も人気のある木の一つのク

記事を読む

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

パワースポット、大洗磯前神社の鳥居と日の出(ハーフNDフィルターの使い方)

大洗磯前神社の神磯(かみいそ)の鳥居は、茨城県は大洗町にある海外沿いに立っている鳥居です。ここは冬の

記事を読む

猫だらけの猫島、田代島

猫だらけの癒やしの島、猫島(田代島)

今回は絶景ではありませんが、息抜きに猫の数が島民の数よりも多いという猫の島、宮城県は石巻市の田代島へ

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑