*

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本

今回は、真田丸のオープニングロケ地としても最近有名な戸隠高原の鏡池に紅葉の撮影に行ってきました。鏡池はその名の通り、風の無い日には鏡のように後方にそびえ立つ戸隠連邦を映し出す絶景スポットです。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/8sec)

ちなみに、こちらが真田丸のオープニングでの鏡池のカット。

真田丸オープニングの鏡池

この鏡池の場所は長野県長野市のこちら。紅葉のシーズンは土日は池の付近までは乗用車は乗り入れ禁止でバスに乗り換えが必要なようです。そのため、平日に訪れると鏡池の直前の駐車場まで車で来ることができるのでオススメです。

それでは早速撮影した写真を紹介していきます。

朝の4時頃に到着したため、星空の撮影から開始です。雨上がりということもあって抜けの良い星空でした。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO6400,F2.8,SS25sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G

平日ということもあってそれほどカメラマンの数は多くなく、場所取りには苦労しませんでした。ただ、レンズにつく霜には苦労しました。霜をフキフキしながら霜と格闘しての撮影でした。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS2.5sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F6.3,SS2.5sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS1.6sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS3.0sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS0.4sec)

こちらは、3枚の画像をパノラマ合成しました。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS1.6sec)

パノラマ合成は、ただ単純に複数枚撮影した画像を合成しても失敗することが多々ありました。今回はその反省から以下の3点に気を付けて撮影しました。

  1. 広角にしすぎない → 歪曲を低減して、合成し易くする。
  2. 縦構図で撮影とする → 縦構図の方が、合成時に、樽型歪みの歪曲の影響が少ない。
  3. L字ステーを使用して縦位置撮影 → 回転の中心をレンズの中心とする → 視差による画像の差異を低減する

今回使用したL字ステーはこちら。

太陽が上ってきました、戸隠連峰が赤く染まり出すと、シャッター音が響き渡ります。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/8sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F7.1,SS1/8sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/6sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/8sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/10sec)

今回は、無風状態で、ほぼ完璧な反射状態で撮影することができました。

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F10.0,SS1/3sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F4.5,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D810 + AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F10.0,SS1/20sec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F4.5,SS1/320ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F6.3,SS1/160ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO250,F6.3,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F6.3,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F6.3,SS1/200ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F6.3,SS1/80ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F2.8,SS1/2000ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F2.8,SS1/1000ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F2.8,SS1/1250ec)

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO160,F3.5,SS1/800ec)

以上、如何でしたでしょうか?

この鏡池は、やはり晴天+無風が最も美しい条件ですので、天気予報とにらめっこしてでもタイミングを合わせて訪れてみてください。

※撮影日:2016年10月26日

スポンサードリンク

関連記事

大手の吊り橋と桜と白馬三山

大手の吊り橋の桜と白馬連峰(Ooide bridge and Hakuba mtn range)

大手(おおいで)の吊り橋は、JR白馬駅の直ぐ近くの大出公園に掛かっている吊り橋です。吊り橋と桜、その

記事を読む

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ滝は、落差は10mほどしかあり

記事を読む

光芒の絶景、菊池渓谷(ハーフNDの使い方)

光芒のレーザービーム、菊池渓谷の絶景(ハーフNDの使い方その2)(Kikuchi gorge in Kyushu)

今回は、熊本県の菊池渓谷の紹介です。 菊池渓谷は、熊本空港から1時間ほどの距離にある水流豊かな

記事を読む

新道峠の雲海と富士山

輝く雲海、新道峠からの富士山 (Cloud sea with Mt.Fuji from Shinmichi touge)

日本の絶景と言えば、やはり富士山ですよね。今回はその中でも最も人気のあるスポットの1つである新道峠か

記事を読む

絶景、本当に青い神秘の池、神の子池

本当に青い神秘の池、神の子池 (Kaminoko lake)

さくらの滝から、20分ほど走ったところに、神の子池があります。 この池も美瑛町の青い池と同じく

記事を読む

伊丹空港の千里川の土手

伊丹空港(ヒコーキ撮影の聖地)(EF70-200mm F2.8L VS SP 150-600mm)(Itami Airport) 

今回紹介する場所は、日本の飛行場の中でももっとも迫力のある写真が撮れると有名な飛行機撮影のメッカとも

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑