大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

日本

パワースポット、大洗磯前神社の鳥居と日の出(ハーフNDフィルターの使い方)

更新日:

大洗磯前神社の神磯(かみいそ)の鳥居は、茨城県は大洗町にある海外沿いに立っている鳥居です。ここは冬の時期になると鳥居の後ろから太陽が立ち上る絶景スポットです。

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO50,F22,SS0.8sec)

場所は、こちらです。 駐車場は、大洗磯前神社の大きな鳥居の周辺にあります。但し、海岸へ降りる道が小さいため、少し迷うかも知れません。神社の情報はこちら(http://oarai-isosakijinja.or.jp/index.html

撮影するスポットは、大きく分けて2つあります。1つ目は、堤防の下。2つ目は、堤防の上。少し俯瞰した絵を撮りたいのであれば堤防の上が良いでしょう。

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO2000,F2.8,SS1/1000sec)

太陽の光線が波しぶきを照らす風景が神秘的です。

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO1000,F3.2,SS2500sec)

太陽が立ち上ると、当然ながらハーフNDフィルターが活躍します。太陽の場合ですのでハーフNDフィルターは少し強めのND8相当を使いました。ハーフNDフィルターの使い方はこちらから過去記事(菊池渓谷)

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO1000,F4.0,SS1/500sec)

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO1600,F3.5,SS1/1000sec)

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO50,F22,SS0.8sec)

下の写真からは、(ND8)NDフィルター+(ND8)ハーフNDフィルター+(ND4)ハーフNDフィルターの3枚を使うことで、1/256に減光させて、シャッター速度を8秒〜10秒まで稼いでいます。また絞りは最大まで絞って、感度はISO50まで減感させています。F22まで絞ると回折ボケを気にされる方も居らっしゃるかも知れませんが、私はDLO(ディジタルレンズオプティマイザー)を使う前提で思い切り絞ることにしています。またISO50までの減感も私レベルの求める画質に影響はありません。DLOに関しては、こちらから。過去記事(樽前ガロー)

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO50,F22,SS8sec)

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO50,F22,SS10sec)

最後に私の愛用しているハーフNDフィルターは、こちらです。やはりLEEの150☓100のサイズのフィルターが持ちやすく使い易いです。

NDフィルターは、ND8です。川や滝など、ハーフが必要でない場合に使っています。

以上、如何でしたでしょうか? 今度は是非とも太陽と鳥居の重なる景色を撮影したいと思っています。

※撮影日:2016年4月30日

-日本

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.