日本

合成写真?超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

更新日:

続いては岐阜城と月の撮影を紹介します。

月と岐阜城を絡めた写真はSNSでも人気で、特に大きな満月と絡めた岐阜城は合成写真のようにも見えます。

筆者も過去に何度かトライしてましたがやっと撮影できたので紹介したいと思います。

金華山の山頂にそびえる岐阜城は斎藤道三の居城でありもとの名前は「稲葉山城」でした。それが織田信長によって地名が岐阜に変えられ、城の名前も「岐阜城」と改められたそうです。

しかし関ヶ原の戦いの後、岐阜城は廃城となってしまいます。その後、明治43年に市民の手に取って復興されるも失火により焼失し、現在の城は昭和31年に復興された鉄筋コンクリート造りだそうです。

今回私が撮影してきたのは、こちらの伊自良川(いじらがわ)の河川敷です。

河川敷には十分なスペースがあり場所取りなど必要なく撮影することができます。

日の出方角マップで月の出の方角を表すとこのようになります。

岐阜城から直線距離で約6.5kmとかなりの長距離になります。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

それでは今回の撮れた写真を紹介していきます。

撮影日は2/27(土)で月例は15.3歳、月の出は17:39分、日没が17:46分です。

使用したレンズは500mmF4にテレコンTC-14をを付けて700mmの画角です。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec)

出てきましたー!(周囲がざわつきます(笑)

撮影時刻は17:49分なので、月の出時刻17:39からたったの10分後です。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec)

時刻は17:52分、無事にお城にかぶってくれました。

前の写真からたったの3分後です。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec)

これを約2倍(1400mm相当)にクロップするとこのような画角です。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec,trim)

更にトリミングしてみます。これで約2.5倍クロップ(1750mm相当)です。

画像サイズは770万画素(3395*2283)まで落ちてしまいましたが、なんとか見れるのではないでしょうか。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec,trim)

ホワイトバランスを青に調整してみました。

またシャッター速度は1/100秒で低速限界を設定しました。もっと遅くても大丈夫なようですが、心配性なので。。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec,trim)

露出の最適条件が分からないので±1EVのブラケット撮影で保険を掛けておりました。

せっかくなので3枚の画像でHDR合成してみました。(使用したソフトはPhotoMatix)

連続でシャッターを切っているので、ゴーストなど問題はありませんでした。

※HDRも合成じゃないか、とかいうご指摘は置いておいてくださいね。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,HDR,trim)

Photomatixには様々な現像モードがあり、現像を楽しむことができます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,HDR,trim)

月はあっという間動いていき、そして遂にその時はやってきました。

月が岐阜城の天頂にきました!

撮影時刻は17:53分です。先のカットからたったの1分後です。。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec)

トリミングしてみます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec,trim)

ホワイトバランスを青に寄せてみます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,SS1/100sec,trim)

現像時の注意点としては、月のクレーターの露出にも気を付けました。

上の写真では「おへそ」のようなクレーター(名前はティコ)が見えませんが、下の写真ではHDR合成でよりハッキリと見えるように現像しています。

このおへそのクレーターが見えることでより月っぽさが増しますよね。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,HDR,trim)

ホワイトバランスを青に寄せると、月のアンバー色が下がることになり、クレーターがよりハッキリ見えます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,HDR,trim)

こちらはPhotoMatixのモード違いです。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR +TC-14III (ISO400,F5.6,HDR,trim)

また今回の撮影では、300mmの広角レンズ?でもインターバル撮影しておりましたのでそちらも紹介します。

最初に30秒置きにインターバル撮影写真をGIF動画にしてみましたので、ご覧ください。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

GIF動画の作成方法は過去記事を参照してください。

神秘的な光芒のカーテン、岐阜県山県市の円原川の伏流水
神秘的な光芒のカーテン、岐阜県山県市の円原川の伏流水(GIF動画の作り方)

~~お知らせ(8月20日時点)~~ 現在、令和2年7月豪雨により、市道02032号線(山県市円原地内)で土砂崩れが発生し、現在通行ができない状況となっているようです。 ついては、道路が復旧するまでは、 ...

続きを見る

こちらをPhotoshopにて比較明合成した写真がこちら。

先のインターバル撮影の25枚の中から、月が重ならない写真を6枚を抜粋して合成してみました。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F5.0,SS1/100sec,trim)

月の赤みがかった色が気に入ってます。

比較明合成の結果を経て意図せずこのようになりましたが、やはりニコンの色だと思います。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F5.0,SS1/100sec,trim)

更にトリミングしてみます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F5.0,SS1/100sec,trim)

縦構図にトリミングしてみました。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F5.0,SS1/100sec,trim)

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F5.0,SS1/100sec,trim)

比較明合成に関しては、簡単に方法を紹介します。Lightroomから合成したい対象の写真をCtrボタンで複数画像選択した状態で、右クリックしてPhotoshopでレイヤーとして開くを選択します。まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)Photoshopが立ち上がり、右側の赤枠のようにレイヤーとして表示されます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

次に1番上のレイヤーの赤枠の分を「通常」→「比較(明)」に変更すると、下の絵のように1枚目と2枚目のレイヤーが比較明合成されます。

 まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

これをレイヤー層毎に行います。(最後のレイヤーはその下にレイヤーがありませんので設定は不要です)

以上で今回の撮影した写真の紹介を終わります。

撮影場所、条件に関して

岐阜城と月の撮影地で有名なのは長良川の河川敷ですが、岐阜城までの距離が約1.5kmと近いため、撮影に関していくつか注意点があると思いましたので、メリット・デメリットに整理してみました。

デメリット
  • 金華山が近く仰角が高いため、月が金華山を越えるのに時間が掛かり、(月と城の)明暗差の少ないマジックアワーでの撮影条件が限られる。
  • 金華山が大きい為、月が岐阜城の高さに来る時間・ルートが予想が困難。
  • 月が城に対して相対的に小さく、絵的に迫力が出にくい。
メリット
  • 超望遠レンズが不要
  • 1日で観測位置の変化が小さい。(月の出の方位角の変化に対して、観測位置(円弧)変化小)

特にデメリット1つ目の、「露出差」は致命的ですので、以下に失敗事例を載せておきます。

このように暗い城に露出を合わせると月が白飛びます。

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR (ISO1000,F5.6,SS1/160sec,550mm,trim)

反対に月に露出を合わせると、城が暗くなります。RAWで補正してもこの程度です。(実際は城は真っ暗)

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

D850 +AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR (ISO250,F5.6,SS1/160sec,550mm,trim)

この失敗事例は、撮影時期が6月と夏至に近く、月の出の方位が約120°(最も南側)から月が昇ってくる時期である為、河川敷から岐阜城への仰角が高くなってしまった事例です。

また撮影時刻も20:44分と当日の月の出時刻が19:10分ですから、金華山を超えるのに約1時間30分も掛かり、完全に日が落ちてしまった時間帯です。

ですので、満月であれば何時でも撮影の好条件という訳ではないことを学びましたので、記載しておきます。

この撮影日の方角マップを載せておきます。(黄色の線が20時の月の方角です)

まるで合成写真、超望遠レンズによる岐阜城と満月の夜(スノームーン)

このようなメリット・デメリットから、もし超望遠レンズをお持ちでしたら、伊自良川の河川敷からマジックアワーでの撮影をオススメします。

ただし、伊自良川沿いには広い駐車場はありませんので、マナーを守って撮影を楽しんでください。

※撮影日:2021年2月27日

※YouTubeにも動画を投稿しています、チャンネルはこちら。

-日本

Copyright© 地球の撮り方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.