*

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

公開日: : 日本

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。しかし、ただのサルではありません、長野県の地獄谷野猿公苑(やえんこうえん)の猿達は、温泉に入る野生の猿として、世界でも有名な猿達です。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

きっかけは、米国最高峰の自然写真コンテストである「ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト」でグランプリを取ったことから徐々に有名になったようです。

また、温泉に入るサルは世界でもこの地獄谷野猿公苑のサルだけのようなので、海外から沢山の観光客が訪れるそうです。

地獄谷野猿公苑のサイトでは、ライブカメラでサル達の様子を見ることができます。(http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

そんな地獄谷野猿公苑の場所はこちら。駐車場はありますが、冬場の週末はかなり混み合います。

それでは撮れた写真を紹介します。訪れた日は、雪がチラチラ降る12月、気温も寒かったからか、温泉にもちゃんと入ってくれました。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

外に落ちた餌を拾って食べています。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/640sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F5.0,SS1/60sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/250sec)

子供の猿が背中につかまっている姿は本当に可愛らしいです。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.2,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.2,SS1/250sec)

湯の中に落ちた餌を食べています。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F3.2,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/500sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/160sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/400sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F5.0,SS1/125sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F4.0,SS1/250sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F4.0,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/400sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

猿なのですが、なかなかアンニュイな表情をしてくれます。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (F3.5,SS1/320sec)

最後は、お気に入りのこの写真です。「いい湯だな」という声が聞こえてきそうな背伸びした感じの小猿。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/320sec)

この地獄谷野猿公苑で猿を撮影するまで、猿がこんなにも可愛らしい生き物だとは思っていませんでした。

また、こんなにも表情の豊かな生き物なんだなと、驚かされました。

冬の地獄谷野猿公苑はとても寒いですが、心はホッコリできるオススメの場所です。

※撮影日:2015年12月29日

スポンサードリンク

関連記事

忍野村の忍野八海と富士山の絶景

懐かしい日本の原風景、忍野八海からの富士山 (Oshino Hakkai and Mt.Fuji)

今回は、懐かしい日本の原風景と題して、山梨県の忍野村からの富士山の風景を紹介します。 5Dm

記事を読む

青い海と奇岩の五能線の絶景

碧い海と奇岩の五能線の絶景

青森県と秋田県のローカル線で五能線という絶景の鉄道があります。鉄道写真としてはとても有名な撮影地です

記事を読む

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

極寒の宝石箱、高ボッチ高原からの諏訪湖越しの富士山

今回紹介するのは、長野県塩尻市にある高ボッチ(たかぼっち)高原からの富士山です。高ボッチ高原は、高ボ

記事を読む

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

今回は最近話題となっている岐阜県関市のモネの池の紹介です。 この池は、「名前のない池」、という

記事を読む

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ滝は、落差は10mほどしかあり

記事を読む

絶景、本当に青い神秘の池、神の子池

本当に青い神秘の池、神の子池 (Kaminoko lake)

さくらの滝から、20分ほど走ったところに、神の子池があります。 この池も美瑛町の青い池と同じく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑