*

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

公開日: : 日本

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。しかし、ただのサルではありません、長野県の地獄谷野猿公苑(やえんこうえん)の猿達は、温泉に入る野生の猿として、世界でも有名な猿達です。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

きっかけは、米国最高峰の自然写真コンテストである「ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト」でグランプリを取ったことから徐々に有名になったようです。

また、温泉に入るサルは世界でもこの地獄谷野猿公苑のサルだけのようなので、海外から沢山の観光客が訪れるそうです。

地獄谷野猿公苑のサイトでは、ライブカメラでサル達の様子を見ることができます。(http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

そんな地獄谷野猿公苑の場所はこちら。駐車場はありますが、冬場の週末はかなり混み合います。

それでは撮れた写真を紹介します。訪れた日は、雪がチラチラ降る12月、気温も寒かったからか、温泉にもちゃんと入ってくれました。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

外に落ちた餌を拾って食べています。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/640sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F5.0,SS1/60sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/250sec)

子供の猿が背中につかまっている姿は本当に可愛らしいです。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.2,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.2,SS1/250sec)

湯の中に落ちた餌を食べています。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F3.2,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/500sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/160sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/400sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F5.0,SS1/125sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F4.0,SS1/250sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F4.0,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/400sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

猿なのですが、なかなかアンニュイな表情をしてくれます。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (F3.5,SS1/320sec)

最後は、お気に入りのこの写真です。「いい湯だな」という声が聞こえてきそうな背伸びした感じの小猿。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/320sec)

この地獄谷野猿公苑で猿を撮影するまで、猿がこんなにも可愛らしい生き物だとは思っていませんでした。

また、こんなにも表情の豊かな生き物なんだなと、驚かされました。

冬の地獄谷野猿公苑はとても寒いですが、心はホッコリできるオススメの場所です。

※撮影日:2015年12月29日

スポンサードリンク

関連記事

秘境の新緑の走る只見線の絶景

新緑と川霧と雪景色の秘境を走る只見線の絶景

只見線は、鉄道ファンの間では非常に有名な、福島県の会津若松から新潟県の小出駅まで走るローカル線です。

記事を読む

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

崩壊寸前の幻の橋、北海道上士幌町のタウシュベツ橋梁

続いて、北海道は上士幌(かみしほろ)町のタウシュベツ橋梁について紹介します。 タウシュベツ橋梁

記事を読む

青空のキャンパスのアーティスト、ブルーインパルス(エアフェスタ浜松の航空祭)

青空のキャンパスのアーティスト、ブルーインパルス(エアフェスタ浜松の航空祭2016)

これまでも熊本空港や伊丹空港などで、飛行機のある景色を紹介してきましたが、今回は自衛隊の航空祭、静岡

記事を読む

_DSC30131

新緑と紅葉が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の春秋の特別拝観とライトアップ (広角レンズ用PLフィルター)

続いての撮影スポットは、2か月間の期間限定の瑠璃光院(るりこういん)の特別拝観です。 京都の八

記事を読む

勝沼ぶどう郷駅

桜舞う駅、勝沼ぶどう郷駅 (Katsunuma Budoukyo Station)

わに塚の桜のある韮崎市から、車で1時間ほどの甲州市に、桜で有名な、勝沼ぶどう郷駅という駅があります。

記事を読む

蒼い海と餘部駅の絶景、山陰本線

蒼い海と空の駅の絶景、山陰本線(その1:兵庫県)

今回は、山陰地方を走る山陰本線を紹介したいと思います。青森県の五能線に勝るとも劣らない青い海はまさし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)
赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青

CanoVsNikon
デジタル一眼レフの選び方、ニコンとキャノンどっちがおすすめ?

秋の長雨と台風で紅葉の撮影に行けず、うずうずしている今日この頃です。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑