*

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

公開日: : 日本

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。しかし、ただのサルではありません、長野県の地獄谷野猿公苑(やえんこうえん)の猿達は、温泉に入る野生の猿として、世界でも有名な猿達です。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

きっかけは、米国最高峰の自然写真コンテストである「ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト」でグランプリを取ったことから徐々に有名になったようです。

また、温泉に入るサルは世界でもこの地獄谷野猿公苑のサルだけのようなので、海外から沢山の観光客が訪れるそうです。

地獄谷野猿公苑のサイトでは、ライブカメラでサル達の様子を見ることができます。(http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

そんな地獄谷野猿公苑の場所はこちら。駐車場はありますが、冬場の週末はかなり混み合います。

それでは撮れた写真を紹介します。訪れた日は、雪がチラチラ降る12月、気温も寒かったからか、温泉にもちゃんと入ってくれました。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

外に落ちた餌を拾って食べています。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/640sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F5.0,SS1/60sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/250sec)

子供の猿が背中につかまっている姿は本当に可愛らしいです。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.2,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.2,SS1/250sec)

湯の中に落ちた餌を食べています。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F3.2,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/500sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/160sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/400sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F2.8,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F5.0,SS1/125sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F4.0,SS1/250sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS II USM (ISO400,F4.0,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/400sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

猿なのですが、なかなかアンニュイな表情をしてくれます。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/200sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F2.8,SS1/800sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/320sec)

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (F3.5,SS1/320sec)

最後は、お気に入りのこの写真です。「いい湯だな」という声が聞こえてきそうな背伸びした感じの小猿。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

7Dmk2 + EF300mm F2.8L IS II USM (ISO200,F3.5,SS1/320sec)

この地獄谷野猿公苑で猿を撮影するまで、猿がこんなにも可愛らしい生き物だとは思っていませんでした。

また、こんなにも表情の豊かな生き物なんだなと、驚かされました。

冬の地獄谷野猿公苑はとても寒いですが、心はホッコリできるオススメの場所です。

※撮影日:2015年12月29日

スポンサードリンク

関連記事

紅葉の清水寺のライトアップ

燃える紅葉、清水寺のライトアップ (Kiyomizu temple in Kyoto)

今年の紅葉は温かい気温のせいで全国的に紅葉の色づき具合がいまいちだったようです。毎年、紅葉で沢山の人

記事を読む

国営ひたち海浜公園のみはらしの丘のネモフィラの丘

見渡す限りの青、国営ひたち海浜公園のみはらしの丘のネモフィラ

今回は最近有名になってきた国営ひたち海浜公園のみはらしの丘のネモフィラです。ネモフィラは北アメリカ原

記事を読む

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

まるで絵画、岐阜県関市のモネの池(名前のない池)

今回は最近話題となっている岐阜県関市のモネの池の紹介です。 この池は、「名前のない池」、という

記事を読む

ゲンジボタルの舞う里、鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)

鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)(Firebugs in Hokkawa)

夏の日本らしい風景で撮ってみたいものの一つにホタルの飛翔がありました。 そこで地元愛知県で探し

記事を読む

北海道の神威岬の夕日

夕日の十字架、神威岬の夕日 (Kamui Misaki)

北海道で続けて紹介するのは、積丹町の神威岬です。青い海と奇岩にあふれた積丹半島の北西にある岬です。神

記事を読む

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

岩手山に映える優雅な一本桜、小岩井農場の一本桜

岩手県は小岩井農場の牧草地にある一本桜は、天気が晴れると背景に残雪の岩手山を構える絶景として有名なス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

絶景ランキング5
死ぬまで行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

→もっと見る

PAGE TOP ↑