*

どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 日本

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社千本鳥居を紹介します。

伏見稲荷大社は、近年、外国人が日本で最も訪れたいスポットの1つとして有名な場所です。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(ISO100,F7.1,SS3.2sec)

そんないつ行っても外国人だらけの伏見稲荷大社の場所はこちら。

駐車場は神社の横に無料の駐車場があります。そこそこ広い駐車場ですが、満杯になる時は待ったりすることが必要です。

一点注意が必要なのは、伏見稲荷大社の前の道路は、南→北への一方通行です。一度行き過ぎると戻ってくるのが大変ですので、事前に場所を確認して出発しましょう。

また伏見稲荷大社の地図はこのようになっています。千本鳥居は、本殿の直ぐ裏にあります。

※稲荷大社のページから抜粋(http://inari.jp/trip/map01/

千本鳥居の地図(map of fushimi inari)

それでは撮れた写真を紹介していきます

撮影のコツですが、なんといっても、早朝に行くこと付きます。(それはコツではない?)

8時を過ぎた頃から沢山の観光客が訪れます。そうなってしまうと、人がいない写真を撮ることはほぼ不可能です。

長時間露光で人を消すのも限界があるので、頑張って早起きしましょう。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(ISO100,F7.1,SS3.2sec)

またPLフィルターも必須アイテムです。鳥居の赤色を色濃く映し出してくれます。

長時間露光することで、人をボケたようにして撮ることも可能です。下の写真の場合のシャッター速度は、3.2秒でした。

このような写真を撮る場所は、三脚も必須になりますね。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(3.2sec)

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(ISO100,F11.0,SS6.0sec)

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(SS4.0sec)

また鳥居の裏には、奉納した方々や企業の名前などが記入されていました。この鳥居は一般の人でも奉納できるようです。(1番小さい鳥居は、18万円程度らしいです)

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(ISO100,F11.0,SS5.0sec)

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(SS10.0sec)

また、あえて露出を落として怪しい雰囲気にしてみました。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(SS1.3sec)

さらに露出を落としてみました。ちなみに、千本鳥居の由来は、現世から幽界への関門として建てられたのが始まりとのことです。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM(SS0.8sec)

よく修学旅行の中学生が、頑張って門の数を数えておりますが、実際にはその数は1万基あるそうです。数えるのはちょっと無理ですね。

最後に、山頂は地図で見るとさほど遠くはありませんが、実際には勾配もきつくかなり大変です。私は途中で断念しましたので、お気をつけください。

以上如何でしたでしょうか?

まだ千本鳥居を見たことのない日本人はもちろん、日本に来られた外国人の方々には是非訪れて欲しいスポットでした。

※撮影日:2014年11月13日

スポンサードリンク

関連記事

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を紹介します。 あしかがフ

記事を読む

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊橋の手筒花火(炎の祭典)

今回は、このブログでは初めての花火の撮影の紹介です。しかし、花火は花火でも手筒花火の紹介です。

記事を読む

伊丹空港の千里川の土手

伊丹空港(ヒコーキ撮影の聖地)(EF70-200mm F2.8L VS SP 150-600mm)(Itami Airport) 

今回紹介する場所は、日本の飛行場の中でももっとも迫力のある写真が撮れると有名な飛行機撮影のメッカとも

記事を読む

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるという最近SNSで話題になっている

記事を読む

ゲンジボタルの舞う里、鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)

鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)(Firebugs in Hokkawa)

夏の日本らしい風景で撮ってみたいものの一つにホタルの飛翔がありました。 そこで地元愛知県で探し

記事を読む

河口湖の紅葉まつりと富士山

河口湖の紅葉まつりと富士山 (Autumn colors in Kawaguchi lake with Mt.Fuji)

前回の記事の新道峠から見下ろす河口湖は、素晴らしい紅葉スポットです。 毎年11月末になると、河

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

絶景ランキング5
死ぬまで行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

→もっと見る

PAGE TOP ↑