*

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 日本

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポットがたくさんあります。

前記事の兵庫県の山陰本線に続いては、島根県と山口県の山陰本線の絶景スポットを紹介していきます。

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

最初に紹介する撮影スポットはこちら。道の駅 ゆうひパーク三隅です。

こちらはその名のとおり道の駅になります。その道の駅のすぐ横の道からこのような景色が撮影できます。

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F6.3,SS1/1000sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO500,F6.3,SS1/1000sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F6.3,SS1/1000sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F6.3,SS1/1250sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F6.3,SS1/800sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F6.3,SS1/800sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F7.1,SS1/1000sec)

道の駅ゆうひパーク三隅の絶景、山陰本線

D750 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F7.1,SS1/1000sec)

ちなみに、今回もWR-10というリモコンを使い、広角と標準レンズを付けた別々2つのカメラを同時にシャッターを切っています。

このWR-10は、D810のレリーズに差し込むアダプターのWR-A10とコントローラーがセットになった商品です。

撮影風景はこのような感じです。(※道路幅は十分広いので、車両通行の妨げにはならないよう留意しています)

IMG_20170531_223336

 

続いては、この付近の日本海を一望できる絶景スポットは、こちらの大麻山の展望台です。

大麻山は普通車でも十分に山頂へ登ることが可能です。山頂には展望台があり日本海と山陰本線が一望できます。

ただし、距離が離れているので、400mm以上の望遠レンズが望ましいです。またかすみもひどいのでPLフィルターも必須でしょう。

この展望台から、前述の道の駅ゆうひぱーく三隅からの景色を見るとこのようになります。

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO500,F7.1,SS1/400sec)

大麻山の絶景と山陰本線

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO320,F7.1,SS1/640sec)

また、折居駅周辺も一望できます。

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO400,F6.3,SS1/400sec)

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO400,F6.3,SS1/320sec)

また、Photoshopでチルトシフトレンズのようなボケを与えることで、ミニチュア写真化して遊んでみました。

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO400,F6.3,SS1/400sec)

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO400,F6.3,SS1/320sec)

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO500,F7.1,SS1/400sec)

続いては、周布駅方面です。こちらは、山と山の間に一瞬だけ現れるので要注意です。(距離が離れているので列車の音も聞こえません)

列車がどこにいるか分かりますか?

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO200,F5.63,SS1/400sec)

大麻山の絶景と山陰本線

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO320,F7.1,SS1/640sec)

こちらもチルトシフトボケさせてみました。

大麻山の絶景と山陰本線

D810 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO200,F5.63,SS1/400sec)

続いては、岡見駅近くの青浦橋梁という撮影場所です。場所はこちら。

道路から海沿いの撮影ポイントへ入る道は、藪のトンネルのようになっています。

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO320,F5.6,SS1/640sec)

こちらの青浦橋梁は、側面から撮影できるのですが、あいにく平日で(メンテナンス?)工事をしており作業者の方が写ってしまうので断念しました。

最後の撮影ポイントは、山口県の惣郷川橋梁(そうごうがわきょうりょう)の紹介です。ここからは山口県に入ります。

惣郷川橋梁は、波浪による浸食や潮風による腐食(塩害)を避けるため、鋼橋ではなく鉄筋コンクリートで作られた橋です。場所はこちら。

正面側から撮影するとこのようになります。

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,SS1/250)

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,SS1/250)

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO640,F5.0,SS1/640sec)

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO640,F5.0,SS1/640sec)

また、惣郷川橋梁は日本海に沈む夕日とのコラボレーションが有名です。

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

列車が夕日に対してどの位置にいるカットも捨てがたいです。。

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

ホワイトバランスを変えてみます。

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)

以上、2回に渡っての山陰本線の紹介を終わります、如何でしたでしょうか?

今回のページも、こちらのサイトを参考にさせて頂きました、ありがとうございました。(http://fascination4u.web.fc2.com/sunin.html

山陰本線には今回は撮影できなかった美しい絶景がまだまだ残っています。

またチャンスがあれば撮影に行ってみたいスポットです。

※撮影日:2017年5月19日

スポンサードリンク

関連記事

美瑛町のマイルドセブンの丘と天の川

まるで北欧、美瑛町の風景(マイルドセブンの丘)(Mild Seven hill in Biei)

最後に、美瑛町のマイルドセブンの丘とそこで撮影したタイムラプスについて紹介します。マイルドセブンの丘

記事を読む

美瑛町の四季彩の丘

まるで北欧、美瑛町の風景(四季彩の丘)(Shikisai no oka in Biei)

その1に続いてその2でも美瑛町の美しい風景を紹介していきます。まずは見渡す限りの花畑の四季彩の丘から

記事を読む

_DSC30131

新緑と紅葉が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の春秋の特別拝観とライトアップ (広角レンズ用PLフィルター)

続いての撮影スポットは、2か月間の期間限定の瑠璃光院(るりこういん)の特別拝観です。 京都の八

記事を読む

富良野のジェットコースターの道

駆け抜ける喜び、富良野のジェットコースターの路 (Roller coaster road in furano)

美瑛町と富良野の中間ぐらいの位置に、ジェットコースターの道というのがあるようなので行ってきました。

記事を読む

勝沼ぶどう郷駅

桜舞う駅、勝沼ぶどう郷駅 (Katsunuma Budoukyo Station)

わに塚の桜のある韮崎市から、車で1時間ほどの甲州市に、桜で有名な、勝沼ぶどう郷駅という駅があります。

記事を読む

新倉山浅間公園の忠霊塔と桜と富士山

THE JAPANな絶景、新倉山浅間公園の忠霊塔と桜(2016年) (Arakurayama Sengen Park with Cherry blossoms)

今年、2016年も行ってきましたので、新倉山浅間公園の最新情報をお伝えします。 5Dmk3

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑