*

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本 ,

青森の絶景スポットの奥入瀬渓流を紹介します。奥入瀬渓流とは十和田湖の湖畔の子の口から流れ出る奥入瀬川で焼山までの14kmの流れです。今回はその中でもツツジが咲く5月が最も奥入瀬渓流の美しい時期だということを聞いて5/21に撮影してきました。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

下が奥入瀬渓流の全体のマップです。(http://kai-tsugaru.jp/tour/oirase/keiryu.html

奥入瀬渓流の地図

まずは、GoogleMapのこの場所から紹介します。駐車するスペースは、路肩に2台ほど駐めるスペースしかありません。また、注意して欲しいのは、GoogleMap上ではここに三乱(さみだれ)の流れがあることになっていますが、一般的に有名な三乱の流れはここではありません。更に少し上流に登った場所になります。

ツツジはありませんが、苔島が点在している奥入瀬渓流らしいスポットです。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F13.0,SS13.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F13.0,SS15.0sec)

流木と苔の島がいい感じに雰囲気を出しています。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS10sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS13sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS5.0sec)

次に紹介するこの名もないポイントが、奥入瀬渓流の三乱の流れです。ここがツツジがたくさん咲いている絶景スポットです

駐車場はありませんが、路肩には、車が縦に6台ほどは停めれるようなスペースがあり、早朝だったこともありそこに車を駐めることができました。最寄りの駐車場は、少し上流の石ケ戸駐車場にありますが、少し距離があります。ここに路駐する場合は、観光バスも通りますので、時間帯などを考えて邪魔にならないようにしましょう。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS6.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS10.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F16.0,SS4.0sec)

PLフィルターの方向を変えて、水面の反射を拾うようにして撮影。好みが分かれるところです。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS6.0sec)

少し下った場所から、望遠にて上流を狙います。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS3.2sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS5.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS3.2sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

最後に阿修羅の流れも紹介します。

阿修羅の流れの特徴は、この巻き込むような川の流れのようです。ただこの絵ははかなり川の中の岩の上までこないと見ることができません。川沿いから見ているとどこが阿修羅の流れなのかなかなか分からないと思いますので、要注意です。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F20.0,SS1.6sec)

この阿修羅の流れの撮影時間は、6時47分ですが、すでに太陽が登ってきており、川の一部が飛んでいます。

私は三乱の流れは、日の出とほぼ同時の4時15分ころから撮り始めました。奥入瀬渓流を撮影する場合は、是非日の出の時間に合わせて行かれることをオススメします。

以上、如何でしたでしょうか? 奥入瀬渓流は青森に行ったら必ず訪れたい絶景スポットでした。

※撮影日:2016年5月21日

スポンサードリンク

関連記事

北海道の樽前ガローの絶景

北海道のちょい寄り絶景、樽前ガロー

続いては、新千歳空港空港から1時間以内でついてしまう絶景スポットを紹介します。その場所は、樽前ガロー

記事を読む

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂か

記事を読む

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

パワースポット、大洗磯前神社の鳥居と日の出(ハーフNDフィルターの使い方)

大洗磯前神社の神磯(かみいそ)の鳥居は、茨城県は大洗町にある海外沿いに立っている鳥居です。ここは冬の

記事を読む

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

美瑛町の青い池のすぐ近くにある白(しら)ひげの滝とブルーリバーを紹介します。白髭の滝とその下流に流れ

記事を読む

龍巌淵の桜と富士山の絶景

龍巌淵の桜と富士山 (Ryuganbuchi and Mt.Fuji)

今回紹介するのは、ちょっとマイナーですが、素晴らしい絶景スポットの龍巌淵(りゅうがんぶち)というスポ

記事を読む

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

D810 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F6.3,SS1/320sec)
惣郷川橋梁の夕日と山陰本線の絶景(その2:島根・山口県)

山陰本線は、京都から山口県の下関まで走っているので、途中に撮影スポット

→もっと見る

PAGE TOP ↑