メニューを表示(クリック)

*

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

公開日: : 最終更新日:2016/06/19 日本 ,

青森の絶景スポットの奥入瀬渓流を紹介します。奥入瀬渓流とは十和田湖の湖畔の子の口から流れ出る奥入瀬川で焼山までの14kmの流れです。今回はその中でもツツジが咲く5月が最も奥入瀬渓流の美しい時期だということを聞いて5/21に撮影してきました。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

下が奥入瀬渓流の全体のマップです。(http://kai-tsugaru.jp/tour/oirase/keiryu.html

奥入瀬渓流の地図

まずは、GoogleMapのこの場所から紹介します。駐車するスペースは、路肩に2台ほど駐めるスペースしかありません。また、注意して欲しいのは、GoogleMap上ではここに三乱(さみだれ)の流れがあることになっていますが、一般的に有名な三乱の流れはここではありません。更に少し上流に登った場所になります。

ツツジはありませんが、苔島が点在している奥入瀬渓流らしいスポットです。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F13.0,SS13.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F13.0,SS15.0sec)

流木と苔の島がいい感じに雰囲気を出しています。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS10sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS13sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS5.0sec)

次に紹介するこの名もないポイントが、奥入瀬渓流の三乱の流れです。ここがツツジがたくさん咲いている絶景スポットです

駐車場はありませんが、路肩には、車が縦に6台ほどは停めれるようなスペースがあり、早朝だったこともありそこに車を駐めることができました。最寄りの駐車場は、少し上流の石ケ戸駐車場にありますが、少し距離があります。ここに路駐する場合は、観光バスも通りますので、時間帯などを考えて邪魔にならないようにしましょう。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS6.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS10.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F16.0,SS4.0sec)

PLフィルターの方向を変えて、水面の反射を拾うようにして撮影。好みが分かれるところです。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS6.0sec)

少し下った場所から、望遠にて上流を狙います。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS3.2sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS5.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS3.2sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

最後に阿修羅の流れも紹介します。

阿修羅の流れの特徴は、この巻き込むような川の流れのようです。ただこの絵ははかなり川の中の岩の上までこないと見ることができません。川沿いから見ているとどこが阿修羅の流れなのかなかなか分からないと思いますので、要注意です。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F20.0,SS1.6sec)

この阿修羅の流れの撮影時間は、6時47分ですが、すでに太陽が登ってきており、川の一部が飛んでいます。

私は三乱の流れは、日の出とほぼ同時の4時15分ころから撮り始めました。奥入瀬渓流を撮影する場合は、是非日の出の時間に合わせて行かれることをオススメします。

以上、如何でしたでしょうか? 奥入瀬渓流は青森に行ったら必ず訪れたい絶景スポットでした。

スポンサードリンク

関連記事

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

岩手山に映える優雅な一本桜、小岩井農場の一本桜

岩手県は小岩井農場の牧草地にある一本桜は、天気が晴れると背景に残雪の岩手山を構える絶景として有名なス

記事を読む

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

今回は、以前からずっと撮影してみたかった工場夜景を撮影してみました。場所は日本でも有数の工業地帯であ

記事を読む

龍巌淵の桜と富士山の絶景

龍巌淵の桜と富士山 (Ryuganbuchi and Mt.Fuji)

今回紹介するのは、ちょっとマイナーですが、素晴らしい絶景スポットの龍巌淵(りゅうがんぶち)というスポ

記事を読む

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の千本鳥居を紹介します。

記事を読む

新道峠の雲海と富士山

輝く雲海、新道峠からの富士山 (Cloud sea with Mt.Fuji from Shinmichi touge)

日本の絶景と言えば、やはり富士山ですよね。今回はその中でも最も人気のあるスポットの1つである新道峠か

記事を読む

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

どこまでも続く黄金色の道、メタセコイア並木の紅葉

今回紹介する絶景は、滋賀県は高島市のマキノ町にあるメタセコイア並木です。このメタセコイア並木は、大き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

_DSC30131
新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観 (広角レンズ用PLフィルター)

続いての撮影スポットは、2か月間の期間限定の瑠璃光院(るりこういん)の

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ
世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を

新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景
新緑の絨毯、今宮の新芽の茶畑と富士山の絶景 (とおすすめPLフィルター)

今回紹介したいのは、静岡県は富士市は今宮の茶畑と富士山です。 静

おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)
おすすめのカメラバッグについて(thinkTANKphoto:シンクタンクフォト)

三脚に続いては、おすすめの(愛用の)カメラバッグを紹介させて頂きます。

_M9A0711
おすすめの三脚と雲台について(その2:Gitzo ジッツオ)

今年も各地の絶景をひたすら記事にしてきましたが、ここで一息入れて、機材

→もっと見る

PAGE TOP ↑