*

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 日本 ,

青森の絶景スポットの奥入瀬渓流を紹介します。奥入瀬渓流とは十和田湖の湖畔の子の口から流れ出る奥入瀬川で焼山までの14kmの流れです。今回はその中でもツツジが咲く5月が最も奥入瀬渓流の美しい時期だということを聞いて5/21に撮影してきました。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

下が奥入瀬渓流の全体のマップです。(http://kai-tsugaru.jp/tour/oirase/keiryu.html

奥入瀬渓流の地図

まずは、GoogleMapのこの場所から紹介します。駐車するスペースは、路肩に2台ほど駐めるスペースしかありません。また、注意して欲しいのは、GoogleMap上ではここに三乱(さみだれ)の流れがあることになっていますが、一般的に有名な三乱の流れはここではありません。更に少し上流に登った場所になります。

ツツジはありませんが、苔島が点在している奥入瀬渓流らしいスポットです。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F13.0,SS13.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F13.0,SS15.0sec)

流木と苔の島がいい感じに雰囲気を出しています。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS10sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS13sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS5.0sec)

次に紹介するこの名もないポイントが、奥入瀬渓流の三乱の流れです。ここがツツジがたくさん咲いている絶景スポットです

駐車場はありませんが、路肩には、車が縦に6台ほどは停めれるようなスペースがあり、早朝だったこともありそこに車を駐めることができました。最寄りの駐車場は、少し上流の石ケ戸駐車場にありますが、少し距離があります。ここに路駐する場合は、観光バスも通りますので、時間帯などを考えて邪魔にならないようにしましょう。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS6.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS8.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS10.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F16.0,SS4.0sec)

PLフィルターの方向を変えて、水面の反射を拾うようにして撮影。好みが分かれるところです。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS6.0sec)

少し下った場所から、望遠にて上流を狙います。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS3.2sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F14.0,SS5.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS3.2sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO100,F14.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS2.5sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F18.0,SS4.0sec)

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

最後に阿修羅の流れも紹介します。

阿修羅の流れの特徴は、この巻き込むような川の流れのようです。ただこの絵ははかなり川の中の岩の上までこないと見ることができません。川沿いから見ているとどこが阿修羅の流れなのかなかなか分からないと思いますので、要注意です。

ツツジ映える新緑の奥入瀬渓流

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO100,F20.0,SS1.6sec)

この阿修羅の流れの撮影時間は、6時47分ですが、すでに太陽が登ってきており、川の一部が飛んでいます。

私は三乱の流れは、日の出とほぼ同時の4時15分ころから撮り始めました。奥入瀬渓流を撮影する場合は、是非日の出の時間に合わせて行かれることをオススメします。

以上、如何でしたでしょうか? 奥入瀬渓流は青森に行ったら必ず訪れたい絶景スポットでした。

※撮影日:2016年5月21日

スポンサードリンク

関連記事

美瑛町のマイルドセブンの丘と天の川

まるで北欧、美瑛町の風景(マイルドセブンの丘)(Mild Seven hill in Biei)

最後に、美瑛町のマイルドセブンの丘とそこで撮影したタイムラプスについて紹介します。マイルドセブンの丘

記事を読む

絶景ランキング5

死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣) そこでこれまでの撮影地の中から

記事を読む

_DSC30131

新緑が反射する床もみじ。京都八瀬の瑠璃光院の特別拝観 (広角レンズ用PLフィルター)

続いての撮影スポットは、2か月間の期間限定の瑠璃光院(るりこういん)の特別拝観です。 京都の八

記事を読む

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL人吉(ひとよし)は、JR九州が

記事を読む

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

全方位ド迫力の飛行機、熊本空港(阿蘇くまもと空港)

今回は、前回の青森から大きく日本列島を南に移動して、熊本県から阿蘇くまもと空港の愛称で呼ばれている熊

記事を読む

北海道の神威岬の夕日

夕日の十字架、神威岬の夕日 (Kamui Misaki)

北海道で続けて紹介するのは、積丹町の神威岬です。青い海と奇岩にあふれた積丹半島の北西にある岬です。神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑