メニューを表示(クリック)

*

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

公開日: : 日本

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介します。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の富士山、覚えていますでしょうか?普段、何気なく使っている千円札の裏には、実はこの本栖湖から見た富士山が描かれています。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

まず平地から本栖湖からの富士山を撮影する場所は、こちらから。

ここには次に紹介する展望台への入り口付近に駐車場があり、本栖湖からの富士山を眺めることができます。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

秋にはこのような富士山になります。同じくこの駐車場付近からの撮影です。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

5Dmk3+EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F10.0,SS1/125sec)

緑、茶色、白のグラデーションが印象的でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

そして、千円札の風景となった場所は、こちらの中ノ倉峠の展望台になります。

この展望台に到着するまで、時間にして30分~40分ほどで到着します。

しかしこの登山道が予想以上に難関でした。理由は傾斜がきついのです。

軽装なら問題ないと思うのですが、私のように重量のある機材(や荷物)を持っているとかなりきつい登山になります。諦めて下山してくる人もいました。

真冬にも関わらず汗をかきながら、中ノ倉峠の展望台に到着しました。そこには絶景が待っていました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/250sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

雲一つない天気でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F10.0,SS1/60sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/160)

後は、日が沈むのを待ちます。この日は5人ほどが同席していました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/200)

徐々に夕日に染まってきました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO320,F5.6,1/160)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/250)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

下には、駐車場が見えます。初日の出の場所取りのためか、下の湖畔にはたくさんの三脚が並んでいました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1250,F5.6,1/125)

以上、如何でしたでしょうか?

中ノ倉峠まで登山するのは、正直かなり大変ですが、それに見合った絶景ですので、敢えて登山してみることをオススメします。

※撮影日(冬):2016年12月31日

※撮影日(秋):2014年11月15日

スポンサードリンク

関連記事

中綱湖の桜

月光に映る中綱湖の逆さ桜 (Nakatsuna lake cherry blossoms)

中綱湖は、長野県大町市北部にある湖です。ここには仁科三湖と呼ばれる湖があり、その中間に位置する最も小

記事を読む

デカい!世界最大肉食動物、羅臼のホエールウォッチング、マッコウクジラの潜水

デカい!世界最大肉食動物、羅臼のマッコウクジラの潜水 (Whale watching in Shiretoko)

世界遺産にも登録されている知床半島に羅臼(ラウス)という町があり、 そこからオホーツク海のホエ

記事を読む

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊川の手筒花火(炎の祭典)

立ち昇る炎と流れ落ちる火の粉、迫力の豊橋の手筒花火(炎の祭典)

今回は、このブログでは初めての花火の撮影の紹介です。しかし、花火は花火でも手筒花火の紹介です。

記事を読む

いすみ鉄道の桜のトンネルとムーミン列車

いすみ鉄道の菜の花と桜トンネルとムーミン列車

九州の桜のトンネルの次は、千葉のいすみ鉄道の桜のトンネルの紹介です。 いすみ鉄道は、千葉県いす

記事を読む

絶景、本当に青い神秘の池、神の子池

本当に青い神秘の池、神の子池 (Kaminoko lake)

さくらの滝から、20分ほど走ったところに、神の子池があります。 この池も美瑛町の青い池と同じく

記事を読む

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

緑がこだまする「緑響く」の絶景、御射鹿池

今回紹介するのは、長野県は茅野(ちの)市にある御射鹿(みしゃか)池です。 この御射鹿池はため池

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

絶景ランキング5
死ぬまで行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)
福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるとい

光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝
光芒と水のカーテンの絶景、阿蘇市小国町の鍋ケ滝

続いても熊本県は阿蘇市の鍋ケ滝(なべがたき)を紹介します。 鍋ケ

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景
エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。 SL

日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)
日本一美しい橋、山口県の角島大橋の絶景(Photoshopでの人の消し方)

兵庫、鳥取、島根、山口と山陰本線の撮り鉄の旅の終着地点は、山口県の西の

→もっと見る

PAGE TOP ↑