*

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

公開日: : 日本

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介します。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の富士山、覚えていますでしょうか?普段、何気なく使っている千円札の裏には、実はこの本栖湖から見た富士山が描かれています。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

まず平地から本栖湖からの富士山を撮影する場所は、こちらから。

ここには次に紹介する展望台への入り口付近に駐車場があり、本栖湖からの富士山を眺めることができます。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

秋にはこのような富士山になります。同じくこの駐車場付近からの撮影です。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

5Dmk3+EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F10.0,SS1/125sec)

緑、茶色、白のグラデーションが印象的でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

そして、千円札の風景となった場所は、こちらの中ノ倉峠の展望台になります。

この展望台に到着するまで、時間にして30分~40分ほどで到着します。

しかしこの登山道が予想以上に難関でした。理由は傾斜がきついのです。

軽装なら問題ないと思うのですが、私のように重量のある機材(や荷物)を持っているとかなりきつい登山になります。諦めて下山してくる人もいました。

真冬にも関わらず汗をかきながら、中ノ倉峠の展望台に到着しました。そこには絶景が待っていました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/250sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

雲一つない天気でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F10.0,SS1/60sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/160)

後は、日が沈むのを待ちます。この日は5人ほどが同席していました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/200)

徐々に夕日に染まってきました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO320,F5.6,1/160)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/250)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

下には、駐車場が見えます。初日の出の場所取りのためか、下の湖畔にはたくさんの三脚が並んでいました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1250,F5.6,1/125)

以上、如何でしたでしょうか?

中ノ倉峠まで登山するのは、正直かなり大変ですが、それに見合った絶景ですので、敢えて登山してみることをオススメします。

※撮影日(冬):2016年12月31日

※撮影日(秋):2014年11月15日

スポンサードリンク

関連記事

小湊鉄道の菜の花を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

小湊鉄道の菜の花畑を走るトロッコ列車と飯給駅の桜リフレクション

いすみ鉄道に続いては、小湊(こみなと)鉄道を紹介します。 小湊鉄道は、前の記事のいすみ鉄道の終

記事を読む

龍巌淵の桜と富士山の絶景

龍巌淵の桜と富士山 (Ryuganbuchi and Mt.Fuji)

今回紹介するのは、ちょっとマイナーですが、素晴らしい絶景スポットの龍巌淵(りゅうがんぶち)というスポ

記事を読む

紅葉の清水寺のライトアップ

燃える紅葉、清水寺のライトアップ (Kiyomizu temple in Kyoto)

今年の紅葉は温かい気温のせいで全国的に紅葉の色づき具合がいまいちだったようです。毎年、紅葉で沢山の人

記事を読む

北海道の智恵文地区のヒマワリ畑

どこまでもひまわりな絶景!智恵文地区のヒマワリ畑 (Sunflower field in Hokkaido)

北海道!と言えば、何処までも続くヒマワリ畑!という勝手なイメージをもとに名寄市は智恵文地区のヒマワリ

記事を読む

新道峠の雲海と富士山

輝く雲海、新道峠からの富士山 (Cloud sea with Mt.Fuji from Shindou touge)

2017年10月更新:本記事が9/27(金)のめざましテレビのココ調で採用されました。 ※詳細

記事を読む

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森公園の落羽松(ラクウショウ)

福岡の街中に現れた異世界、篠栗九大の森の落羽松(ラクウショウ)

長く続いた山陰、九州の撮り鉄の旅?も終盤です。帰路の福岡市内にあるという最近SNSで話題になっている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)
赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青

CanoVsNikon
デジタル一眼レフの選び方、ニコンとキャノンどっちがおすすめ?

秋の長雨と台風で紅葉の撮影に行けず、うずうずしている今日この頃です。

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

→もっと見る

PAGE TOP ↑