*

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

公開日: : 日本

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介します。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の富士山、覚えていますでしょうか?普段、何気なく使っている千円札の裏には、実はこの本栖湖から見た富士山が描かれています。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

まず平地から本栖湖からの富士山を撮影する場所は、こちらから。

ここには次に紹介する展望台への入り口付近に駐車場があり、本栖湖からの富士山を眺めることができます。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

秋にはこのような富士山になります。同じくこの駐車場付近からの撮影です。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

5Dmk3+EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F10.0,SS1/125sec)

緑、茶色、白のグラデーションが印象的でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

そして、千円札の風景となった場所は、こちらの中ノ倉峠の展望台になります。

この展望台に到着するまで、時間にして30分~40分ほどで到着します。

しかしこの登山道が予想以上に難関でした。理由は傾斜がきついのです。

軽装なら問題ないと思うのですが、私のように重量のある機材(や荷物)を持っているとかなりきつい登山になります。諦めて下山してくる人もいました。

真冬にも関わらず汗をかきながら、中ノ倉峠の展望台に到着しました。そこには絶景が待っていました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/250sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

雲一つない天気でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F10.0,SS1/60sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/160)

後は、日が沈むのを待ちます。この日は5人ほどが同席していました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/200)

徐々に夕日に染まってきました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO320,F5.6,1/160)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/250)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

下には、駐車場が見えます。初日の出の場所取りのためか、下の湖畔にはたくさんの三脚が並んでいました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1250,F5.6,1/125)

以上、如何でしたでしょうか?

中ノ倉峠まで登山するのは、正直かなり大変ですが、それに見合った絶景ですので、敢えて登山してみることをオススメします。

※撮影日(冬):2016年12月31日

※撮影日(秋):2014年11月15日

スポンサードリンク

関連記事

野平の一本桜と白馬三山

野平の一本桜と白馬連峰(Nodaira Cherry Blossom and Hakuba Mtn Range)

野平(のだいら)の一本桜は、白馬村北城の野平集落にある一本桜です。前回の記事の大手の吊り橋から車で約

記事を読む

絶景ランキング5

死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

筆者は週末カメラマンなので、最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣) そ

記事を読む

紅葉の清水寺のライトアップ

燃える紅葉、清水寺のライトアップ (Kiyomizu temple in Kyoto)

今年の紅葉は温かい気温のせいで全国的に紅葉の色づき具合がいまいちだったようです。毎年、紅葉で沢山の人

記事を読む

精進湖と山中湖からの富士山星空タイムラプス(4K)

精進湖と山中湖からの富士山星空タイムラプス(4K)

今回は写真では無く久しぶりにタイムラプス動画の紹介です。場所は、富士山撮影では有名な精進湖と山中湖で

記事を読む

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

命の輝き、サクラマスの遡上(さくらの滝)

次は、風景ではありませんが、なかなか見られない景色を紹介します。 斜里郡にある「さくらの滝」と

記事を読む

河口湖の紅葉まつりと富士山

河口湖の紅葉まつりと富士山 (Autumn colors in Kawaguchi lake with Mt.Fuji)

前回の記事の新道峠から見下ろす河口湖は、素晴らしい紅葉スポットです。 毎年11月末になると、河

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑