*

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

公開日: : 日本

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介します。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の富士山、覚えていますでしょうか?普段、何気なく使っている千円札の裏には、実はこの本栖湖から見た富士山が描かれています。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

まず平地から本栖湖からの富士山を撮影する場所は、こちらから。

ここには次に紹介する展望台への入り口付近に駐車場があり、本栖湖からの富士山を眺めることができます。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

秋にはこのような富士山になります。同じくこの駐車場付近からの撮影です。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

5Dmk3+EF24-105mm F4L IS USM (ISO200,F10.0,SS1/125sec)

緑、茶色、白のグラデーションが印象的でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

そして、千円札の風景となった場所は、こちらの中ノ倉峠の展望台になります。

この展望台に到着するまで、時間にして30分~40分ほどで到着します。

しかしこの登山道が予想以上に難関でした。理由は傾斜がきついのです。

軽装なら問題ないと思うのですが、私のように重量のある機材(や荷物)を持っているとかなりきつい登山になります。諦めて下山してくる人もいました。

真冬にも関わらず汗をかきながら、中ノ倉峠の展望台に到着しました。そこには絶景が待っていました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/250sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

雲一つない天気でした。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F10.0,SS1/60sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO100,F5.6,1/160)

後は、日が沈むのを待ちます。この日は5人ほどが同席していました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/200)

徐々に夕日に染まってきました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO320,F5.6,1/160)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO400,F5.6,1/250)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

下には、駐車場が見えます。初日の出の場所取りのためか、下の湖畔にはたくさんの三脚が並んでいました。

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F6.3,SS1/320sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D810+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F11.0,SS1/15sec)

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1250,F5.6,1/125)

以上、如何でしたでしょうか?

中ノ倉峠まで登山するのは、正直かなり大変ですが、それに見合った絶景ですので、敢えて登山してみることをオススメします。

※撮影日(冬):2016年12月31日

※撮影日(秋):2014年11月15日

スポンサードリンク

関連記事

ゲンジボタルの舞う里、鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)

鳥川ホタルの里(多重露出の撮り方)(Firebugs in Hokkawa)

夏の日本らしい風景で撮ってみたいものの一つにホタルの飛翔がありました。 そこで地元愛知県で探し

記事を読む

新倉山浅間公園の忠霊塔と桜と富士山

THE JAPANな絶景、新倉山浅間公園の忠霊塔と桜(2016年) (Arakurayama Sengen Park with Cherry blossoms)

今年、2016年も行ってきましたので、新倉山浅間公園の最新情報をお伝えします。 5Dmk3

記事を読む

はまなすベイライン大湊線と釜臥山

釜臥山とはまなすベイライン大湊線

横浜町の菜の花畑の直ぐ近くに、大湊線というローカル線が通っています。 Wikiを参照すると、大

記事を読む

絶景、本当に青い神秘の池、神の子池

本当に青い神秘の池、神の子池 (Kaminoko lake)

さくらの滝から、20分ほど走ったところに、神の子池があります。 この池も美瑛町の青い池と同じく

記事を読む

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の千本鳥居を紹介します。

記事を読む

色が変わる五色沼、蔵王山の御釜

色が変わる神秘の火口、蔵王山の五色沼、御釜

次いで宮城県は蔵王山の頂上にある御釜(おかま)を紹介します。ここは通常はエメラルドグリーンの火口なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル
クルーズトレイン、ななつ星in九州と豊後中川駅の桜トンネル

今年の桜の撮影は、九州から撮影を開始しました。場所はJR九州の久大本線

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達
地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(スノーモンキー:Snow Monkey)達

今回は、風景ではなく、温泉に入る猿です。絶景サイトなのですが、猿です。

どこまでも続く鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居
どこまでも続く真っ赤な鳥居、伏見稲荷大社の千本鳥居

最近は富士山の記事が多かったので、少し風情を変えて京都の伏見稲荷大社の

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士
富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモン

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山
千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所と

→もっと見る

PAGE TOP ↑