まるで別の惑星、モニュメント・バレーのオススメ撮影スポット(フォレストガンプポイント)

モニュメントバレー 北米

まるで別の惑星、モニュメント・バレーのオススメ撮影スポット(フォレストガンプポイント)(Forrest Gump Point Monument Valley)

更新日:

一人旅したくなる有名なあの写真の場所

見どころ沢山のモニュメントバレーの最後のポイント、フォレストガンプポイントについて紹介します。フォレストガンプポイントとは、映画フォレストガンプの撮影で、トム・ハンクス演じる主人公がアメリカ大陸をマラソンで走りまくるシーンがあるのですが、その最後にポイントに使われました。アメリカの広大な大地を象徴するような場所です。映画も素晴らしいので、見たことの無い方は一度見てみることをおすすめします。

さて、そのフォレストガンプポイントですが、下のマップの⑧の場所になります。こちらはツアーなどはありませんので、レンタカーなどで自力で移動する必要があります。The View Hotelから163号線へもどって、右方向へ曲がれば、後は一本道です。

スクリーンショット 2015-02-06 21.48.41
今回は、⑥から⑧までの3つのスポットを紹介していきます。まずはスポット⑥はこちらになります。

このスポットは、天の川とモニュメントバレーのセットで撮影できた場所です。天の川が雲に隠れて少し残念な写真ですが。。

モニュメントバレーは夜は本当に星がキレイですので、是非、星撮りにもチャレンジしてください。下の写真はISO1600にて絞り開放で15秒間露出。

モニュメントバレーの星空と天の川

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO1600,F3.5,15sec)

 

次のスポット⑦は、⑧の場所の拡大図が、ちょうど道路とまっすぐになるポイントです。場所はこちら、道路脇に車を停めるスペースがあります。

道路のビュートに対して直線になるポイントは距離が限られているので、少し迷うかも知れません。

モニュメントバレーとフォレストガンプポイント

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II

 

最後にスポット⑧のフォレストガンプポイントです、路肩に車を止めて写真を撮っている人がいるはずですので、目印になると思います。場所はこちら。

まさに絶景。

モニュメントバレーとフォレストガンプポイント

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II

車はさほど頻繁には通らないので、路面にカメラをセットして撮影するとこのようなローアングルの写真も撮れます。

モニュメントバレーとフォレストガンプポイント

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II

以上で3回にわたる投稿でモニュメントバレーの撮影ポイントを紹介してきました。

モニュメントバレーに行った時は、まだカメラにさほど詳しくなく四苦八苦しながら、ほぼ不眠状態で撮り続けました。

ほとんどの場所を回ったつもりですが、皆さんが行かれて他にもいい撮影ポイントを発見したら、ぜひ教えてくださいね。

-モニュメントバレー, 北米

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.