レイクパウエル国立公園

北米

日本人が行かない青いキャニオン、レイクパウエル国立公園の行き方 (Lakepowell National Park)

更新日:

次にオススメしたいのは、レイクパウエル(Lake Powell)国立公園です。

レイクパウエルという場所はあまり聞いたことが無いかも知れませんが、アメリカで2番めに大きな人工湖です。知名度が低いためか、ほとんど日本人は見ませんでした。グレンキャニオンという峡谷にダムを作り17年掛けて、琵琶湖に匹敵するほどの貯水をためています。アメリカ人の発想がデカいことに驚きですね。。またレイクパウエルリゾートと言う名前が地図にあるように、有名なリゾート地でもあります。

この湖では、ボートツアーがあり、大人46ドル、子供28ドルで楽しむことができます。http://www.lakepowell.com/

スクリーンショット 2015-02-07 17.25.16
そのレイクパウエルの場所は、過去記事でも紹介したアンテロープホースシューベンドから直ぐ近くなので、時間があれば、立ち寄ってみることをおすすめします。


下が、レイクパウエルリゾートの入り口からの一枚です。乾燥したキャニオンに映える青い水が幻想的でした。

レイクパウエル国立公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO800,F10,1/3200)

 

またここはリゾート地であり、ボートツアーが46ドル程度で楽しむことができます。下にボートツアーで撮影した写真を掲載します。ボートツアーではこれが人工湖なのかと、その大きさに驚きます。

レイクパウエル国立公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO800,F10,1/2000)

レイクパウエル国立公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO800,F10,1/1600)

レイクパウエル国立公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO800,F10,1/1600)

以上が、レイクパウエルリゾートの紹介です、モニュメントバレーよりは若干知名度は落ちますが、素晴らしい景色です。

アンテロープキャニオン、ホースシューベンドから近いので是非訪れてみてください。

アンテロープキャニオンの行き方
輝く砂の彫刻、アンテロープキャニオンの行き方 (Antelope Canyon)

輝く砂の彫刻を撮る アンテロープキャニオンの撮り方に入る前に、アンテロープキャニオンの場所について説明します。アンテロープキャニオンにはアッパーキャニオンとロウアーキャニオンがあります。今回は太陽の差 ...

続きを見る

ホースシューベンドのHDR撮影
荒野に突如現れる馬の蹄、ホースシューベンドの行き方 (horseshoebend)

荒野に突如現れる馬の蹄 次の絶景は、ホースシューベンド(Horse Shoe Bend)は、直訳すると「馬の蹄」という意味になります。場所は、アンテロープからすぐ近くのポイントです。その入り口はこちら ...

続きを見る

-北米
-, ,

Copyright© 地球の撮り方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.