モニュメントバレー 北米

まるで別の惑星、モニュメント・バレーのオススメ撮影スポット(ナバホ トライバル公園)(Nabajo Tribal Park)

更新日:

地球は惑星だった。

次に、ナバホ トライバル公園(Navajo Tribal Park)での撮影スポットです。ホテルからレンタカーで侵入可能です。ホテル周辺にこの公園のツアー(バギーみたいな車に同乗して周遊する)がありますが、レンタカーがあれば自分で十分回れることが可能です。

下の絵のように、前記事のスポット②からさらに進むかたちになります。(見難いが)道はクローズしているので、迷子になり帰って来れなくなることはありませんでした。

スクリーンショット 2015-02-05 21.47.40
まずは、一番最初に到達する③のスポットで、John Ford Pointという場所です。場所はこちら。

まるで別の惑星に降り立った錯覚を覚えます。。

ナバホ トライバル公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 (II) (ISO200,F10,1/400sec)

 

次は④のポイント。ここは、駐車場からビュートの裏側に向かって少し歩くと、ポイントがあります。沢山の人がその方向へ歩いているので、一緒に歩いていけば直ぐにたどり着けます。

この綿のような小さい雲が沢山出ていると、遠近感が強調されます。

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO800,F14,1/1600)

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO800,F14,1/1600)

 

最後は⑤のポイントです、ここは駐車場から歩く必要はありません。

ここからも素晴らしい景色でした。

ナバホ トライバル公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO200,F10,1/400)

 

とにかく、この公園は、別の惑星のように巨大な岩がゴロゴロしています。映画の撮影でも使われるというのも納得です、以下に上のスポット以外で撮れた写真を掲載します。。

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO200,F9.0,1/500)

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO200,F9.0,1/500)

モニュメントバレーとナバホトライバル公園

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO200,F9.0,1/500)

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO200,F10,1/400)

E-M5+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II (ISO200,F10,1/400)

以上が、ナバホトライバル公園内での撮影スポットです。レンタカーでも十分侵入可能ですが、くれぐれも進入禁止の場所には入らない様にしましょう。あと砂塵が舞うのでカメラのレンズ交換時は要注意ですね。次の記事では、有名なフォレスト・ガンプポイントを紹介します。

-モニュメントバレー, 北米

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.