*

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 日本

今回は、河口湖の冬花火を紹介します。花火というと夏の定番の風物詩なのですが、河口湖においては、冬にも花火があり、河口湖冬花火として有名な花火です。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

この河口湖の冬花火の撮影場所は、河口湖円形ホールの付近の湖畔です。駐車場は、15台ほど駐車するスペースがあります。

撮影場所のポイントとしては、花火が打ちあがる場所と富士山の位置関係です。

あまり東によりすぎると花火が富士山を隠してしまうことになり、この円形ホール付近がちょうどバランスが良いため、多くの人がここに集まっていました。

2017年の冬花火の概要としては、1/14から2/19までの土曜・日曜と、2/23(富士山の日)の計13回にわたり、午後の8時~8時20分までの間、花火が打ち上げられます。

それを打ち上げ場所の対岸から見ると、富士山と花火のコラボレーションを撮影することができます。特に満月の夜は、富士山が月夜に照らされ、絶好の条件になります。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS6sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F4.5,SS6.0sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO800,F8.0,SS8.0sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO800,F8.0,SS8.0sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

また、花火の撮影方法としては、多重露出が一般的なので、今回もトライしましたが、残念ながら失敗しました。

多重露出の方法は、こちらの過去記事(夜の宝石箱…)を参照ください。

背景として星が写っているため、星が複数枚の写真の中で移動してしまっているので、点線となり微妙な背景となってしまいました。

星も含めて背景に変化がないことが多重露出の条件だと再認識しました。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,多重露出)

最後に花火が終わった後に、富士山と河口湖大橋の撮影です。花火がなくても月夜に浮かぶ富士は絶景です。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

以上、河口湖の冬花火でした。

撮影場所の湖岸は風がとても強いので、体感温度はかなり低いです。防寒対策は確実に実施して撮影に望みましょう。

撮影日:2017年2月12日

スポンサードリンク

関連記事

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

富士本栖湖リゾートの初日の出のダブルダイヤモンド富士

今回は、富士本栖湖リゾートからのダブルダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士と言えば、富士山の山頂か

記事を読む

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

真田丸オープニングロケ地、紅葉の戸隠高原の鏡池

今回は、真田丸のオープニングロケ地としても最近有名な戸隠高原の鏡池に紅葉の撮影に行ってきました。鏡池

記事を読む

大洗磯前神社の神磯の鳥居と日の出

パワースポット、大洗磯前神社の鳥居と日の出(ハーフNDフィルターの使い方)

大洗磯前神社の神磯(かみいそ)の鳥居は、茨城県は大洗町にある海外沿いに立っている鳥居です。ここは冬の

記事を読む

青い海と奇岩の五能線の絶景

碧い海と奇岩の五能線の絶景

青森県と秋田県のローカル線で五能線という絶景の鉄道があります。鉄道写真としてはとても有名な撮影地です

記事を読む

美瑛町のマイルドセブンの丘と天の川

まるで北欧、美瑛町の風景(マイルドセブンの丘)(Mild Seven hill in Biei)

最後に、美瑛町のマイルドセブンの丘とそこで撮影したタイムラプスについて紹介します。マイルドセブンの丘

記事を読む

野平の一本桜と白馬三山

野平の一本桜と白馬連峰(Nodaira Cherry Blossom and Hakuba Mtn Range)

野平(のだいら)の一本桜は、白馬村北城の野平集落にある一本桜です。前回の記事の大手の吊り橋から車で約

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

日本一の紅葉、涸沢カールの絶景 (2015,2016,2017年)と奥穂高岳登山(Karasawa Carl)
涸沢カールへテント泊登山する時のカメラと持ち物のススメ。

今年は、唐松岳と涸沢カール(奥穂高)の写真の紹介をしてきました。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山
白馬三山を写す八方池の絶景と唐松岳登山(D850 4kタイムラプスと4K動画)

今回紹介するのは、長野県は白馬村にある八方池という池です。 八方

干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方
干潮の砂浜に映る宮島の水中花火大会とその行き方

久しぶりの写真撮影は、何年も前からチャンスを狙っていた広島県の宮島の水

絶景ランキング5
死ぬまでに行きたい日本の絶景ランキング10選

最近は仕事が忙しくなかなか撮影にいけない状況が続いてます(泣)

→もっと見る

PAGE TOP ↑