*

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 日本

今回は、河口湖の冬花火を紹介します。花火というと夏の定番の風物詩なのですが、河口湖においては、冬にも花火があり、河口湖冬花火として有名な花火です。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

この河口湖の冬花火の撮影場所は、河口湖円形ホールの付近の湖畔です。駐車場は、15台ほど駐車するスペースがあります。

撮影場所のポイントとしては、花火が打ちあがる場所と富士山の位置関係です。

あまり東によりすぎると花火が富士山を隠してしまうことになり、この円形ホール付近がちょうどバランスが良いため、多くの人がここに集まっていました。

2017年の冬花火の概要としては、1/14から2/19までの土曜・日曜と、2/23(富士山の日)の計13回にわたり、午後の8時~8時20分までの間、花火が打ち上げられます。

それを打ち上げ場所の対岸から見ると、富士山と花火のコラボレーションを撮影することができます。特に満月の夜は、富士山が月夜に照らされ、絶好の条件になります。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS6sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO500,F4.5,SS6.0sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO800,F8.0,SS8.0sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO800,F8.0,SS8.0sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,SS10sec)

また、花火の撮影方法としては、多重露出が一般的なので、今回もトライしましたが、残念ながら失敗しました。

多重露出の方法は、こちらの過去記事(夜の宝石箱…)を参照ください。

背景として星が写っているため、星が複数枚の写真の中で移動してしまっているので、点線となり微妙な背景となってしまいました。

星も含めて背景に変化がないことが多重露出の条件だと再認識しました。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F4.5,多重露出)

最後に花火が終わった後に、富士山と河口湖大橋の撮影です。花火がなくても月夜に浮かぶ富士は絶景です。

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

月光に浮かぶ富士山と河口湖の冬花火

D750+ AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F9.0,SS25sec)

以上、河口湖の冬花火でした。

撮影場所の湖岸は風がとても強いので、体感温度はかなり低いです。防寒対策は確実に実施して撮影に望みましょう。

撮影日:2017年2月12日

スポンサードリンク

関連記事

猫だらけの猫島、田代島

猫だらけの癒やしの島、猫島(田代島)

今回は絶景ではありませんが、息抜きに猫の数が島民の数よりも多いという猫の島、宮城県は石巻市の田代島へ

記事を読む

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

美瑛町の白ひげの滝とブルーリバーの絶景(とライトアップ)

美瑛町の青い池のすぐ近くにある白(しら)ひげの滝とブルーリバーを紹介します。白髭の滝とその下流に流れ

記事を読む

秘境の新緑の走る只見線の絶景

新緑と川霧と雪景色の秘境を走る只見線の絶景

只見線は、鉄道ファンの間では非常に有名な、福島県の会津若松から新潟県の小出駅まで走るローカル線です。

記事を読む

伊丹空港の千里川の土手

伊丹空港(ヒコーキ撮影の聖地)(EF70-200mm F2.8L VS SP 150-600mm)(Itami Airport) 

今回紹介する場所は、日本の飛行場の中でももっとも迫力のある写真が撮れると有名な飛行機撮影のメッカとも

記事を読む

マンフロット Manfrotto プロ三脚 055/190/Befree カーボン

おすすめの三脚と雲台について(その1:Manfrotto マンフロット)

これまで各地の絶景をひたすら記事にしてきましたが、ここでは私の愛用している三脚を紹介してみます。

記事を読む

富士宮市の白糸の滝と富士山の絶景

流れ落ちる絹糸、富士宮の白糸の滝と富士山の絶景

今回は、有名な白糸の滝の紹介です。白糸の滝は、そのほとんどが富士山の湧水で幅150メートルにわたって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼)
赤のシンメトリーの絶景、紅葉の蔦沼の朝焼け。(蔦の7沼巡り)

今回紹介するのは、JRのポスターで東北の紅葉の絶景として有名になった青

CanoVsNikon
デジタル一眼レフの選び方、ニコンとキャノンどっちがおすすめ?

秋の長雨と台風で紅葉の撮影に行けず、うずうずしている今日この頃です。

フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポンの絶景で紹介されました!
フジテレビ『めざましテレビ ココ調』のニッポン絶景で紹介されました!

9月29日(金)に本ブログの写真が、皆さんご存知のフジテレビ、めざまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑