紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

日本

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

更新日:

続いては、富山県は黒部峡谷鉄道トロッコ列車を紹介します。

黒部峡谷は、立山連峰と後立山連峰を分断する日本最深の峡谷(V字谷)で、日本三大峡谷にもなっています。

この黒部峡谷鉄道はもともとは黒部ダムなどの電力開発の資材運搬用の用いられたものが、現在は観光用として運用されています。(関西電力が鉄道事業として分社化)

宇奈月駅から欅平までの約20㎞の渓谷美を時速15㎞、約1時間20分の行程で楽しむことができます。

筆者は富山県出身なので、子供の頃には何度もこのトロッコ列車を乗った記憶がありとても思い出のある列車です。

今回はこの黒部峡谷鉄道の玄関口である宇奈月駅で黒部峡谷鉄道を撮影してみました。

時刻表などはこちらの公式HPを参照ください。(12~4月(一部)までの冬季は運休)

駐車場は宇奈月駅の駅前の駐車場に駐車しました。

撮影場所はこちらの橋の上になります。

この橋は写真右のトロッコ列車が走る新山彦橋に並列しており、ここからトロッコ列車が撮影できます。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO320,F6.3,SS1/640sec,24mm,pano)

川下には宇奈月駅温泉街が見えます。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO320,F6.3,SS1/640sec,24mm)

狙いは順光となる下りの列車です。こちらは撮影時刻は13:01分です。

午前中は逆行になるので昼に到着するように出かけましたが、画面右側の山が高くこの季節は日が低いこともあって既に橋には既に影ができ始めていました。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F6.3,1/800sec,15mm)

こちらは標準レンズでの撮影です。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO320,F6.3,SS1/800sec,30mm)

続いては、13:44分の撮影です。(約40分置きのインターバルで運行していました)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F6.3,1/640sec,24mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F6.3,1/640sec,24mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO320,F6.3,SS1/640sec,40mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO320,F6.3,SS1/640sec,40mm)

また望遠レンズも撮影してみました。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D750 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO320,F6.3,SS1/500sec,200mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D750 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO320,F6.3,SS1/500sec,200mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D750 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO320,F6.3,SS1/500sec,140mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D750 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO320,F6.3,SS1/500sec,140mm)

こちらは客車のない臨時列車でした。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D750 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F6.3,SS1/640sec,140mm)

鉄橋越しに峡谷を登っていくトロッコ列車が見えます。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO250,F5.6,SS1/200sec,200mm)

こちらは宇奈月駅側からの出発直後の様子です。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO250,F5.6,SS1/200sec,200mm)

こちらは宇奈月駅付近からの撮影です。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D750 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO320,F6.3,SS1/500sec,200mm)

続いては、もう一つの定番ポイントであるやまびこ展望台からの撮影です。

やまびこ展望台の場所はこちら。宇奈月駅の駐車場のすぐ横になります。

展望台といっても小さな階段ですぐに登れるお手軽な場所でした。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F6.3,1/640sec,30mm)

やまびこ展望台からの撮影時刻は14時10分くらいでしたが、既に日陰になっていました。

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO320,F6.3,SS1/640sec,200mm)

紅葉の峡谷に掛かる赤い橋、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO400,F8.0,SS1/640sec,62mm)

以上で黒部峡谷鉄道の紹介を終わります。

宇奈月駅周辺の撮影は、午前は逆行で午後はすぐに日陰になってしまう難しいポイントでした。

また本来は黒部峡谷鉄道に乗車して黒部峡谷の渓谷美を紹介したいところですが、(私は何度も乗ったことがあるので)またの機会にしたいと思います。

紅葉の季節はかなり寒くなりますので、乗車の際には暖かくして乗るといいでしょう。

※撮影日:2020年11月15日

-日本
-, , ,

Copyright© 地球の撮り方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.