住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

日本

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

更新日:

まだ2020年の紅葉の記事が書き終わらないうちに2021年が始まってしまいました。。

昨年はコロナ禍の影響で我々カメラマンにとっても花火や航空祭どのイベント事の中止などが相次ぎ、大変残念な年になってしまいました。

過去の写真を振り返る度にあの何気ない通常がとても貴重であったことを痛感し、今年こそは例年の穏やかな年に戻って欲しいと切に願っております。

それでは2021年もよろしくお願いします。

2021年の最初の記事は、京都府京都市の西京区にある桂坂(かつらざか)の並木道を紹介します。

桂坂は、西京区にある比較的新しく宅地開発されたニュータウンです。

この閑静な住宅街の真ん中にあるロータリーの東西に延びる道路脇に、モミジバフウが植えられており紅葉の季節に真っ赤に染まります。

モミジバフウは、漢字では、紅葉(もみじ)の葉の楓(ふう=かえで)で、紅葉葉楓と書くようです。

このモミジバフウは、日本古来からある紅葉ではなく、大正時代にアメリカから入ってきた種類で美しい上に育てやすくかつ剪定が容易なことから、街路樹などに使われているそうです。

撮影地の詳細については、今回は住宅街ですので掲載は控えさせて頂きます。

それでは撮れた写真を紹介していきます。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/400sec,200mm)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F4.0,SS1/2000sec)

撮影の時間帯は、AM9時頃です。10時頃からは徐々に車が増えてくるので、朝がオススメです。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F7.1,SS1/80sec,190mm)

このように桂坂にはバスが走っています。

住宅街を走るバスが日常感を出してくれるので、バス狙いで撮影を始めました。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F7.1,SS1/80sec,190mm)

ただし、行き先方向幕がLED式のバスは、シャッター速度が速すぎると文字が消えてしまいますので要注意です。

1/1600秒などでシャッターを切ってしまうとこのようになります。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F4.0,SS1/1600sec)

1/100秒以上だと間違いありません。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F7.1,SS1/100sec,190mm)

続いては、緑色のバスです。

緑色のバスが、いかにも昔からのバスって雰囲気がして好きです。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F5.6,SS1/800sec,200mm)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO64,F6.3,SS1/100sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO64,F6.3,SS1/100sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO64,F6.3,SS1/60sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO64,F6.3,SS1/60sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO64,F6.3,SS1/80sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO64,F6.3,SS1/80sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F4.0,SS1/1000sec)

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F4.0,SS1/2000sec)

最後はパノラマ合成です。

住宅街に延びる赤い帯、京都市桂坂ニュータウンのモミジバフウ並木

D850 +AF-S Nikkor 300mm f/2.8G ED VR II (ISO500,F4.0,SS1/2000sec)

以上で桂坂のモミジバフウ並木の紹介を終わります。

この並木道だけでなく、桂坂ニュータウン自体がとても手入れ行き届いており、絵に描いたような閑静な住宅街でした。

素直にこのような素敵な街に住まわれている住人の方が羨ましく思えました。

撮影に関しては、住民の方の迷惑にならないように注意ください。

撮影ポイントについて掲載しておりません。詳細を知りたい方は、個別で問合せください。

※撮影日:2020年11月14日

-日本
-, ,

Copyright© 地球の撮り方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.