ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

日本

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

更新日:

続いて紹介する撮影地は、長野県は小谷村の栂池高原の栂池(つがいけ)自然園です。

栂池自然園は標高約1,900mにある中部山岳国立公園の高層湿原です。

白馬乗鞍岳の火山活動で出来た栂池自然園は、小谷村の栂池高原にあります。

毎年9月には草紅葉に始まり、晴れた日には白馬岳・白馬鑓ケ岳・杓子岳の白馬三山を望むことができます。

栂池自然園へのアクセスは、栂池高原駅からゴンドラ「イブ」と栂池ロープウェイを乗り継いで行きます。

栂池高原駅の場所はこちら。駐車場も十分にあります。(有料です)

栂池自然園までの往復の費用は、栂池ゴンドラ「イブ」+栂池ロープウェーと栂池自然園の入園料込みで3,800円です。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

栂池ロープウェーの始発は8:30のため、朝日に染まる栂池自然園を撮影することはできません。(8:30〜下り最終16:40 ※季節によって異なります)

そのため今回は栂池ヒュッテに宿泊することにしました。栂池ヒュッテの予約はこちら。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

夕食を終えた後は、星空撮影を楽しみました。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D780 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO800,F2.8,SS25sec,14mm)

夕食後には誰もいないワタスゲ湿原で星空をタイムラプス撮影しました。19時過ぎには既に天の川が昇っていました。

宿泊者のみが楽しめる絶景です。

翌朝早朝には、日の出を撮影するため出発しました。

こちらが栂池自然園の地図です。(出典:栂池自然園HP:①みずばしょう湿原 ②ワタスゲ湿原 ③浮島湿原 ④展望湿原)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

撮影したのは定番の撮影スポット②のワタスゲ湿原です。

撮影時刻は5:40分頃です。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F9.0,SS1/10sec,52mm)

右側の山が白馬岳です。

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO640,F4.0,SS1/200sec,116mm)

左側は杓子岳です。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/15sec,46mm)

広角レンズでの撮影です。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO1250,F4.0,SS1/30sec,52mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO125,F7.1,SS2.5sec,20mm)

パノラマ合成してみました。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F6.3,SS1/80sec,70mm,pano)

このように日の出直後は②ワタスゲ湿原で撮影しました。

その後6:15分くらいには①のみずばしょう湿原に戻って、みずばしょう湿原で撮影しました。

奥に見える建物は、栂池ヒュッテ記念館です。

栂池ヒュッテ記念館には、登山や山スキーの歴史が分かる用具が並んでいました。(※宿泊した栂池ヒュッテとは別の建物です)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/60sec,110mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/60sec,185mm)

木々に朝日に当たる様は、陰影がついて大変素晴らしい光景でした。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F6.3,SS1/125sec,120mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/200sec,122mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/320sec,130mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/200sec,185mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/250sec,200mm)

全体はこのような景色を望遠レンズで切り取っています。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/200sec,70mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/250sec,185mm)

木々が浮き出ているようにも見えます。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/80sec,200mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/80sec,135mm)

また③ワタスゲ湿原に戻り撮影を再開しました。

徐々に日が昇っていきます。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/200sec,52mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/320sec,98mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/320sec,52mm)

影も引いていきます。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F10.0,SS1/320sec,52mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/320sec,52mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F10.0,SS1/400sec,52mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/320sec,200mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/1000sec,102mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/800sec,105mm)

9時を過ぎるとロープウェーでの登山者が大勢昇ってきました。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F10.0,SS1/640sec,24mm)

皆さん楽しそうに写真を撮っていました。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F10.0,SS1/400sec,70mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F10.0,SS1/320sec,50mm,pano)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/320sec,52mm)

ワタスゲ湿原を後にして、③の浮島湿原を目指します。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/200sec,24mm)

②ワタスゲ湿原と③浮島湿原のちょうど中間地点くらいで、①みずばしょう湿原を俯瞰することできました。

場所はこちら。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F7.1,SS1/200sec,82mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/320sec,200mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F7.1,SS1/160sec,200mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F5.0,SS1/320sec,160mm)

浮島湿原に到着しました。

湿原に水が溜まっていたので白馬岳とのリフレクションを狙います。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/200sec,34mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/250sec,34mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/200sec,24mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/250sec,70mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/200sec,70mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/800sec,200mm)

パノラマ合成しました。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/250sec,35mm,pano)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/400sec,35mm)

③浮島湿原を後にして進みます。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/400sec,45mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/400sec,24mm,pano)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F3.5,SS1/2000sec,66mm)

徐々に高度を上げていきます。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO100,F7.1,SS1/200sec,24mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO100,F7.1,SS1/500sec,24mm)

ヤセ尾根付近までくると、③浮島湿原を俯瞰することができます。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/250sec,24mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F11.0,SS1/80sec,155mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F6.3,SS1/400sec,180mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F7.1,SS1/320sec,34mm,pano)

やっと最終目的地の④展望湿原に到着しました。(片道の所要時間は約2時間)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F10.0,SS1/500sec,40mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F11.0,SS1/250sec,62mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO100,F14.0,SS1/250sec)

ここで栂池ヒュッテのお弁当を頂きました~。最高です♪

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO100,F14.0,SS1/250sec)

 

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO200,F3.5,SS1/2000sec,46mm,pano)

帰りは来た道を引き返して戻りました。

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F8.0,SS1/1250sec,175mm)

ロープウェーで行く雲上の湿原、栂池自然園の紅葉

D850 +AT-X 24-70 F2.8 PRO FX (ISO100,F16.0,SS1/160sec,24mm)

以上で栂池自然園の紹介を終わります。

紅葉は若干早めだったかもしれませんが、撮影日当日は早朝から好天でとても充実した一日となりました。

また栂池ヒュッテの宿泊はお風呂もキレイで食事も満足いくもので、非常に良かったです♪

満天の星空と早朝の栂池自然園を満喫したい方には、栂池ヒュッテでの宿泊を検討してみてはいかがでしょうか?

※撮影日:2021年10月3日

-日本
-, , ,

Copyright© 地球の撮り方 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.