*

河口湖の紅葉まつりと富士山 (Autumn colors in Kawaguchi lake with Mt.Fuji)

公開日: : 最終更新日:2017/06/09 日本 , ,

前回の記事の新道峠から見下ろす河口湖は、素晴らしい紅葉スポットです。

毎年11月末になると、河口湖紅葉まつりが行われ、素晴らしい紅葉と富士山がコラボで楽しめます。また夜にはもみじ回廊のライトアップも行われます。

今回はもみじ回廊周辺の紅葉スポットをピンポイントで紹介します。

河口湖の紅葉まつりと富士山

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F13.0,SS1/60sec)

まずは、2016年に撮影した写真からの紹介です。

場所はもみじトンネルの次のカーブの曲がった場所になります。

駐車場はありませんので、もみじトンネル付近に駐車して歩くことになります。

河口湖の紅葉まつりと富士山

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F13.0,SS1/60sec)

河口湖の紅葉まつりと富士山

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO320,F13.0,SS1/200sec)

河口湖の紅葉まつりと富士山

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR

河口湖の紅葉まつりと富士山

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO160,F9.0,SS1/320sec)

河口湖の紅葉まつりと富士山

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F10.0,SS1/125sec)

以降は、2015年の撮影画像になります。

続いての場所は、もみじ回廊から大石公園へ向かう途中の湖北ビューラインの途中のもみじです。

河口湖の紅葉まつりと富士山

5Dmk3 + EF724-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F10.0,SS1/40sec)

これらの撮影にはほとんどストロボをたいてます。木の下(内側)から撮影しているので、ストロボがないと紅葉は真っ暗になってしまいます。

また、若干難しいポイントとして手前にあるもみじと富士山の両方にピントを合わせる方法です。

二つの距離は離れているので、普通に撮影すると、どちらか一方にしかピントが合わず片方がボケてしまいます。特にフルサイズのカメラで顕著になります。

方法としては、絞りはできるだけ絞った上で、富士山かもみじのどちらからAFでピントを合わせたのちピントリングを回して、富士山ともみじの間にマニュアルでピントを合わせましょう。ファインダー上ではボケていても撮影するとピントが(完璧ではないが)どちらにもピントがあったように見えます。

基本、絞り過ぎると回折ボケで画質が劣化しますが、そこはキャノン純正レンズであれば、DLO(デジタルレンズオプティマイザ)で画質を改善する前提で思い切り絞っても良いと思います。(過去記事で紹介

河口湖の紅葉まつりと富士山

5Dmk3 + EF724-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F14.0,SS1/25sec)

河口湖の紅葉まつりと富士山

5Dmk3 + EF724-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F14.0,SS1/10sec)

続いては、こちらも定番の河口湖大橋の橋の手前からのスポットです。

河口湖の紅葉まつりと富士山

5Dmk3 + EF724-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F16.0,SS1/125sec)

河口湖の紅葉まつりと富士山

5Dmk3 + EF724-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F16.0,SS1/100sec)

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO500,F22.0,SS1/150sec)

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO500,F22.0,SS1/150sec)

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO500,F22.0,SS1/50sec)

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO500,F22.0,SS1/50sec)

続いては湖北ビューラインに戻りまして、もみじのトンネルというくらいもみじの沢山あるスポットです。

5Dmk3 + EF70-300mm F4-5.6L IS USM (ISO640,F36.0,SS1/125sec)

5Dmk3 + EF70-300mm F4-5.6L IS USM (ISO640,F36.0,SS1/125sec)

少し湖側に下りるとすすきもあります。

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO500,F22.0,SS1/80sec)

5Dmk3 + EF24-105mm F4L IS USM (ISO500,F22.0,SS1/80sec)

逆に山側に入ると、天井はカラフルな紅葉に彩られています。

河口湖のもみじ回廊

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro (ISO100,F10.0,SS1/80sec)

下はフィッシュアイレンズです。やはり1本持っておくと、楽しみが倍増です。使い勝手もそれほど難しくありません。(フィッシュアイレンズの過去記事参照)

河口湖のもみじ回廊

5Dmk3 + Sigma 15mm F2.8 EX DG (ISO100,F10.0,SS1/100sec)

キャノン、ニコン用はこちら。

 

最後は、もみじ回廊です。こちらは夜にはライトアップされるので、夜も紅葉が楽しめます。

河口湖のもみじ回廊

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO200,F14.0,SS6sec)

下は、回廊の奥の橋の上から。ライトアップの光が逆行になるので、ゴーストが出まくりですので、出ない角度を探すのに苦労しました。

河口湖のもみじ回廊

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO1250,F7.1,SS10sec)

以上、河口湖の紅葉でした。河口湖は紅葉と富士山がセットで楽しめる非常に素晴らしい場所です。一般的には紅葉の名所としてはあまり知られていないかも知れませんが是非訪れたいスポットです。

※撮影日:2016年11月20日

※撮影日:2015年11月21日

スポンサードリンク

関連記事

山梨県韮崎市のわに塚の桜

孤高の一本桜、わに塚の桜 (Wanizuka Cherry Blossom)

日本に帰国して最初の春は、どうしても一本桜が撮りたくて、晴れの日を狙って遠征してきました。 わ

記事を読む

富士宮市の白糸の滝と富士山の絶景

流れ落ちる絹糸、富士宮の白糸の滝と富士山の絶景

今回は、有名な白糸の滝の紹介です。白糸の滝は、そのほとんどが富士山の湧水で幅150メートルにわたって

記事を読む

富良野のジェットコースターの道

駆け抜ける喜び、富良野のジェットコースターの路 (Roller coaster road in furano)

美瑛町と富良野の中間ぐらいの位置に、ジェットコースターの道というのがあるようなので行ってきました。

記事を読む

はまなすベイライン大湊線と釜臥山

釜臥山とはまなすベイライン大湊線

横浜町の菜の花畑の直ぐ近くに、大湊線というローカル線が通っています。 Wikiを参照すると、大

記事を読む

no image

まるでジブリの世界、天空の道「ラピュタの道」 (Laputa road in Kyushu)

熊本県阿蘇市に、あのジブリの名作「天空の城ラピュタ」に出てきそうな絶景スポットがあり、「ラピュタの道

記事を読む

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

千円札の裏の絶景、本栖湖の富士山

今回は、タイトルの通り千円札の裏側に印刷されている富士山の風景の場所となった本栖湖からの富士山を紹介

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑