まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

日本

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

投稿日:

いなべ市梅林公園に続いて紹介するのは、同じく三重県の鈴鹿の森庭園です。

鈴鹿の森庭園は、赤塚植物園グループが2013年にオープンした鈴鹿市の新しい観光スポットで、日本中から集められたというしだれ梅の銘木は200本以上だそうです。

また、前回の記事のいなべ市梅林公園から鈴鹿の森庭園までは、車で50分ほどの距離です。

その為、午前中にいなべ市梅林公園で撮影を終えた後に、鈴鹿の森庭園へ行ってきました。

鈴鹿の森庭園のホームページはこちら

2019年の「しだれ梅まつり」の情報はこのようになっています。(ホームページ抜粋)

入場料金がタイミングによって変わるようです。

開園期間 2019年(平成31年) 2月23日(土)~ 3月31日(日) ※予定
営業時間 9:00 ~ 16:00
夜間ライトアップ期間中は21:00まで延長営業。詳細はこちら
※最終入場は営業終了時刻の30分前となります。
入園料 一般 500円~1,500円(※)
小学生 半額
未就学児 無料
グループ割引(20名以上) 1割引
フィランソ会員割引 1割引
※開花状況により入園料が変動いたします。
住所 〒519-0315 三重県鈴鹿市山本町151-2
(マップコード 213 718 475)
交通アクセスはこちら
電話 059-371-1777
駐車場 無料。200台
※開花期は周辺道路が混雑することがあります。

鈴鹿の森庭園の場所はこちら。

それでは撮れた写真を紹介していきます。

まずは庭園はこのようになっており、枝垂れ梅の前には「天の龍」のように名前がついている梅もありました。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850+ AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F4.0,SS1/3200sec)

こちらはその天の龍をローアングルから14mmで撮影したものです。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F9.0,SS1/250sec)

オートホワイトバランスに設定していると、ちょとした条件でホワイトバランスが変わります。

下の写真はアンバーより調整しましたが、梅が紫からよりピンク色になります。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F9.0,SS1/250sec)

同じ感じでローアングルで撮影していきました。

鈴鹿の森庭園では三脚は禁止されていませんが、私はスピード重視で手持ちで撮影します。

その方が、色んな構図を即座に試すことできます。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F10.0,SS1/100sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F18.0,SS1/25sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F10.0,SS1/80sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F2.8,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F10.0,SS1/80sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F2.8,SS1/1250sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F2.8,SS1/2500sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F11.0,SS1/250sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F11.0,SS1/200sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F14.0,SS1/125sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F14.0,SS1/60sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/400sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/320sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/160sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F2.8,SS1/1250sec)

広角レンズだけではなく、望遠レンズで切り取った写真も非常に面白くなります。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F3.2,SS1/640sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1250sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/320sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F2.8,SS1/4000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F4.0,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F4.0,SS1/1250sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1600sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1250sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F3.2,SS1/400sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/800sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/500sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/800sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1600sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/1000sec)

徐々に日が傾いてきます。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F2.8,SS1/3200sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F3.2,SS1/400sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F2.8,SS1/1000sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR (ISO100,F4.0,SS1/640sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR (ISO100,F4.0,SS1/640sec)

いよいよライトアップが始まりました。

庭園内の展望所からの様子をパノラマ合成しました。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F2.8,SS1/40sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO800,F2.8,SS1/25sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F10.0,SS1.3sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F3.5,SS1/20sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F3.5,SS1/4sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO1000,F5.0,SS1/15sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F14.0,SS6.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F14.0,SS10.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO400,F22.0,SS6.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO200,F14.0,SS1.6sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F10.0,SS2.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F10.0,SS6.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F10.0,SS4.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F2.8,SS1/13sec)

夜には綺麗な三日月も出ていました。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F16.0,SS2.5sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F10.0,SS3.0sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO400,F18.0,SS3.0sec)

 

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F13.0,SS1.3sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F13.0,SS1.3sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F16.0,SS8sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F16.0,SS6sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F13.0,SS1.6sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F18.0,SS15sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F18.0,SS1.6sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F16.0,SS1.6sec)

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F13.0,SS0.6sec)

ライトアップの最後まで人が帰るの待って、正面からパノラマ撮影しました。

まるで桃源郷、三重県の鈴鹿の森庭園の「しだれ梅まつり」とライトアップ

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F18.0,SS3.0sec)

以上で鈴鹿の森庭園の紹介を終わります。

鈴鹿の森庭園は、昼間から夜のライトアップまで終日楽しめるスポットでした。

三脚も持ち込み可能なので、カップルや家族連れだけではなく、多くのカメラマンも訪れていました。

この新しい観光スポットである鈴鹿の森庭園、カメラ好きにはオススメの撮影スポットでした。

※撮影日:2019年3月9日

-日本

Copyright© 地球の撮り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.