*

ティルトシフトレンズで逆さサクラダファミリアを撮る (Sagrada Familia by Tilt Shift lens:TS-E24mm)

公開日: : 最終更新日:2017/06/08 欧州

次の記事は、普通に誰でもこれる撮影場所です、

場所はこちら。生誕のファザード側の公園に池がありますので、その池の縁になります。

ここで撮影すると、このような定番のサクラダファミリアの写真が撮影できます。またPLフィルターを使うと、池の反射を強めることで逆さサクラダファミリアが撮影できます。PLフィルターの使い方は、過去記事を参照ください。

バルセロナのサクラダファミリアの絶景

5Dmk3 + TE-E24mm F3.5L (ISO200,F5.6,SS1/60sec)

バルセロナのサクラダファミリアの絶景

5Dmk3 + TE-E24mm F3.5L (ISO200,F5.6,SS1/200sec)

バルセロナのサクラダファミリアの絶景

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro

また、夜も同じ場所で撮影できます。ちょっと周り暗くて心配かも知れませんが、バルセロナは治安はさほど悪くなく、夜9時、10時でも人が多く問題ありません。

バルセロナのサクラダファミリアの夜景

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM

バルセロナのサクラダファミリアの夜景

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro (ISO400,F20.0,SS15sec)

バルセロナのサクラダファミリアの夜景

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F4.0,SS1/8sec)

以上がこのスポットからの写真になります。

また、今回は、ティルト・シフト(あおり)レンズについて少し触れてみたいと思います。

あおり(煽り)とは、垂直であり、かつ中心が一致している、カメラのレンズの光軸とフィルムや撮像素子の感光面を意識的にずらしたり傾けることをいう。(Wikipedia参照)

今回、持参したのはティルトシフトレンズと呼ばれるTS-E24mm F3.5Lというレンズです。

建築物を歪ませない

まずは、この写真を見て下さい、通常のレンズで撮影したサクラダファミリアです。一見、特に不自然な所は無いように見受けられます。

バルセロナのサクラダファミリアの絶景

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro

しかし、ティルトシフトレンズであるTS-Eレンズで撮影した写真と比較すると、このようになります。

あおりレンズのTS-Eレンズと普通のレンズの比較

TS-E24mm 3.5L(左)とTokina AT-X 16-28mm F2.8 (右)

違いが分かりますでしょうか?右の普通の広角レンズの方は、サクラダファミリアの建物が、下部が広がり上に行くほどすぼまっているのが分かると思います。

これは建物とカメラのセンサー面が並行でないため(カメラを上に向けて撮影したため)発生している現象です。

対して左のティルトシフトレンズの方は、まっすぐに伸びています。この撮影の場合は、シフト機能を使いカメラのセンサー面を傾けることなく平行に撮影することで、建物本来の自然な形状を撮影することができます。

ジオラマ効果

また、ティルトシフトレンズのもう一つの大きな特徴でもあるティルト機能を使うと、ジオラマ効果を出すことができます。例として次のような写真を撮影することが可能です。

バルセロナのサクラダファミリアの夜景

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F3.5,SS0.8sec)

このようにティルト機能によって、上下にピントをズレることで、ジオラマのような写真を撮影することが可能です。

バルセロナのサクラダファミリアの夜景

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F4.0,SS1sec)

また、過去記事の写真ですが、こちらもティルト機能を使っています。

涸沢カールの紅葉

5Dmk3 + TS-E24mm F3.5L ii (ISO100,F4.5,SS1/320sec)

またこの時撮影した、ジオラマ風タイムラプス動画を見てもらえると、ジオラマ効果がよく分かると思います。

以上のような効果のあるティルトシフトレンズですが、なかなかのお値段もするので簡単に購入することはできませんが、購入して後悔のしないオススメの一本になります。

ニコンの場合は、こちらのレンズになります。

次の記事では、魚眼レンズを使ってサクラダファミリアの内部の様子を紹介します。

※撮影日:2016年2月14日

スポンサードリンク

関連記事

サクラダファミリア教会の内部

魚眼(Fisheys)レンズで撮る夕日に輝くサクラダファミリア内部 (Sagrada Familia inside)

これまではサクラダファミリアの外装の写真を紹介してきましたが、勝るとも劣らない内部の素晴らしさを紹介

記事を読む

FCバルセロナのリオネル・メッシのフリーキック

フリーソフトで簡単、タイムラプス動画の作り方 (How to make Timepalse)

今回のバルセロナでも、おなじみのタイムラプスを作成してみましたので、紹介してみます。 http

記事を読む

サクラダファミリアとHDR撮影

サグラダファミリアとHDR(ハイダイナミックレンジ合成)撮影方法

サクラダファミリアでは何枚かHDRを作成してみたので、ここで紹介してみたいと思います。 5D

記事を読む

バルセロナのサクラダファミリアの絶景

絶景独り占め、Gaudi’s Nestからのサクラダファミリア (Sagrada Familia)

今回はこのブログで初のヨーロッパはスペインからの絶景をお届けします。 5Dmk3 + TE-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑