ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

カナディアンロッキー 北米

ターコイズブルーの絶景、バンフ国立公園のモレーン湖(Moraine Lake)

更新日:

最初に紹介する場所は、バンフ国立公園(Banff National Park)モレーン湖(Moraine Lake)です。

1885年、カナダで初めて国立公園に指定されたのがバンフ国立公園です。

世界的にみてもアメリカのイエローストーン国立公園、オーストラリアのロイヤル国立公園に続き3番目に古い国立公園です。

そのモレーン湖は、レイクルイーズから車で20分ほどの距離にある湖では、その後ろにはテンピークスという10個の頂のある山々がそびえ立ちます。

6月下旬を過ぎると氷河の雪解け水によってターコイズブルー(トルコ石の青色)の美しい湖水を満々とたたえます。

駐車場は限られている為、早朝に訪れるのが良いです。

駐車場が満車になる午後は、レイクルイーズ方面からの道路が進入禁止になることもありましたので、ご注意ください。

モレーン湖の入り口はこのようになっています。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F7.1,SS1/640sec)

左の岩の山の上が、モレーン湖の撮影ポイントになります。

地図では下のピンク色の2番の場所になります。

駐車場からはピンクのラインの歩道があり、徒歩で5~10分以内ですぐに到着できます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F3.2,SS1/80sec)

ピンクの歩道の入り口はこのようになっています。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

ですが、多くの方はこのように岩山を登っていました。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F7.1,SS1/250sec)

池に浮かんだ流木の上を歩くことができ、このように登ることも可能です。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO100,F14,SS1/10sec)

時間的には岩山を登る方が早いですが、鋭利な岩もあるので気を付ける必要があります。子供でも女性でも登れます。

登っている途中でも絶景を見ることができます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/125sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO200,F8.0,SS1/125sec)

岩山を登りきるとそこはターコイズブルーの絶景が待っています。

ポイントはこちらになります。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F13.0,SS1/30sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F11.0,SS1/50sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/125sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO200,F8.0,SS1/125sec)

180°のパノラマ画像を作成してみました。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/125sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F5.6,SS1/80sec)

人を入れて撮影すると、この風景の壮大さが表現できます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F13.0,SS1/30sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F13.0,SS1/40sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO400,F8.0,SS1/200sec)

早朝には、このように朝日に染まるテンピークスの絶景を見ることができます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO64,F13.0,SS0.6sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F11.0,SS0.4sec)

カナディアンロッキーでは、いたる所でリスを見ることができます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F7.1,SS1/100sec)

午後になると湖の色が変わりターコイズブルーになってきました。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO160,F2.8,SS1/1250sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO250,F9.0,SS1/200sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F4.5,SS1/1600sec)

こちらのポイントも撮影ポイントになります。

こちらは木々の間からモレーン湖を見る構図となります。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/160sec)

ある程度の木々があったほうが、雰囲気がでます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/125sec)

駐車場と反対側の池の端にもスポットがあります。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/160sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO64,F13.0,SS0.4sec)

最後に、ボート置き場からも印象的な写真が撮れるので紹介します。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO64,F11.0,SS1.6sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO64,F11.0,SS0.4sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/125sec)

このポイントで、カップルの方にお願いしてモデルになってもらいました。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO200,F8.0,SS1/100sec)

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO160,F6.3,SS1/125sec)

反対側にはモレーン湖のロッジが見えます。

ターコイズブルーの絶景、モレーン湖(Moraine Lake)

D850 + AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (ISO200,F9.0,SS1/60sec)

最後にモレーン湖でタイムラプス動画を作成しましたので、こちらも紹介しておきます。

以上でモレーン湖の紹介を終わります。

モレーン湖は噂にたがわぬ美しい湖でした。

早朝から夕方にかけて湖のの色が変化するので、様々な顔を見せてくれました。

また、訪れる時期はターコイズブルーの色を見たい場合は、7月上旬がオススメです。

6月はまだ天気が悪い日が多く、8月以降は徐々にターコイズブルーが濁ってしまうそうです。

有名度ではレイクルイーズのほうが有名ですが、美しさでは断然モレーン湖のほうが美しかったように思いますので、カナダに行った場合は是非訪れて見てください。

※撮影日:2018年7月8日~10日

-カナディアンロッキー, 北米

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.