モニュメントバレーとマスタング

アンテロープキャニオン グランドキャニオン

観光ツアー不要!グランドキャニオンなど絶景スポットを3日で旅する!その1

更新日:

広大なアメリカ大陸の大自然をカラダで感じる。

やっと北米編に到達することができました。まずは筆者が2013年3月にまわったグランドサークルを紹介して行きます。

実 はグランドキャニオンを見るというと、普通は皆さんラスベガスからの日帰りツアーなどで楽しまれてそこで終わってしまいます。しかしこれは非常にもったいない!なぜかというとグランドキャニオンの周辺一帯はグランドサークルと呼ばれる国立公園が集まる絶景の絶景スポットの宝庫なのです!

Wiki抜粋:グランドサークルThe Grand Circleは、アメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあるパウエル湖という巨大な人造湖を中心に、半径230km の円を描いた時、その円(サークル)の中に含まれるエリアの呼称。

下にグランドサークルにある絶景スポットを示してみました。

map
繰り返しになりますが、グランドキャニオンだけ見て、他を見ずにして帰るのは非常にもったいない思ってます。筆者はツアーを使わず赤色の星で印したスポットをレンタカーで3日でまわってきました。その際、私はツアーを一切使いませんでした。理由は主な3つの理由です。(私の主観です)

1:ツアーは、旅ではない。

ツアーは旅行してきた後に思い出してみると、自分が地図上でどこに行ったか覚えていないことが多いです。それって旅ではないと思います。

2:ツアーは高い。

ツアーというのは、そもそも万人受けしなければなりません。万人が満足するそれなりのホテルや食事など、個人にとっては不要なものも全体のツアーの満足度を上げるためには必要となり、どうしてもコストは上がります。当然、ガイドさんの人件費もプラスです。

3:ツアーは時間の自由が利かない。

例えば、自分がモニュメントバレーの夜の星空を撮りたくっても、原則自分勝手な行動はできないでしょう。また1と同じで万人が満足するゆったりした時間割が組まれています。食事も皆に合わせてゆったりとらなければなりません。

モニュメントバレーとマスタング

E-M5+M ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 (ISO1250,F4.0,1/4000)

上の文言ですと、ツアーを全否定しているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではなく、使い分けだと考えています。遺跡などを見る場合は歴史的背景などどうしても知識的情報が欲しかったりします。「マチュピチュのツアーの選び方」 参照。そのような場合はガイドさんの知識を分けてもらうという意味でツアーは非常に有意義になります。それに対してグランドサークルはどちらかというと見て感じるタイプの絶景スポットです。ガイドさんに頼る部分が比較的少ないと思うので上のような見解となりました。

お金も時間もどちらもたっぷりある方は、ツアーで問題ないでしょう。若い方は、お金か時間かどちらかしかない人が多いと思います。何より自分で地図を調べて、運転して、写真を撮って、自分だけの旅を楽しみたい方には、ツアーを使用しないほうが(グランドサークル)は楽しめると思います。

さて具体的な話に進みましょう。ラスベガスの空港から最も遠いモニュメントバレーまで距離が675キロ(422マイル)、所要時間:6時間33分です。

map
単純計算ですが、13時にラスベガス発の飛行機に間に合うには、朝の4時半頃に出発すれば間に合う計算になります。(空港着1.5H前、レンタカー返却0.5H、休憩0.5H)

いや、でも日本の場合で、距離の675キロを考えるととてもとても無理でしょ!と言われそうです。

たしかに、東京から同等の距離離れたところですとちょうど岡山くらいになります。成田に13時のフライトに間に合うように、当日の朝4時半に岡山を出発する人はまず皆無ですよね?、運転だって大変です。

map
そんな無謀なこと海外でやりたくないって人が大半でしょう。しかし逆に海外(アメリカ)だから可能だと思います。

理由としては、以下の3つが挙げられます。

1:交差点や渋滞がほとんどない。→ 120km/hでノンストップでこれる。

2:ほとんどのレンタカーにクルーズコントロールが着いている。 → アクセル操作不要。

3:ほとんどの道がまっすぐ。 → ハンドル操作不要。

(4:自分の乗りたいアメ車に乗れる)

日本の車ではほとんどお目にかかることのないクルーズコントロールですが広大なアメリカでは必須アイテムでほとん どの車に装着されてます。ですので、600キロの長距離でも比較的楽に運転することができるのです。使い方もボタンを押して操作するだけなので、テクニックなどは一切不要です。

ザイオン国立公園とフォードのマスタング

E-M5+M ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 (ISO1250,F4.0,1/4000)

いかがでしょうか?くどくどと理屈を書き連ねましたが、とにかく雄大なグランドサークルを自分の運転で旅してみることをオススメします。

-アンテロープキャニオン, グランドキャニオン

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.