勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

カメラ 日本

夜の共演、勝間薬師堂のしだれ桜と天の川(LEEソフトフィルターの使い方) (Katsumayakushidou and Cherry Blossoms with Milky way)

更新日:

日本に来国後、夜桜と天の川のコラボレーションがどうしても撮りたくて、長野県の伊那市にある勝間薬師堂のしだれ桜に行ってきました。

天の川を見るには、月の出ない新月の夜がベストです、またその新月と桜の満開の期間(約1周間)見事に重なってくれたのが今年の2015年です。

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28 (ISO6400,F2.8,SS30sec)

事前に月齢カレンダーをチェックして桜の満開のタイミングを狙います。(月齢カレンダー:http://koyomi8.com/moonage.htm?cmd=20150409110

スクリーンショット 2015-04-26 11.00.20

その新月の夜の4月18日の金曜日に行ってきました。

場所は、ここです。中央自動車道の伊那インターで降りて、20から30分ほど車で走ります。桜の名所である高遠城址公園の直ぐ近くです。

公式サイト:http://www.nagano-tabi.net/modules/enjoy/enjoy_9011020.html

夜中の12時過ぎ頃ころに南の空から天の川が登ってきました。(クリックで拡大)

Lightroomのかすみの除去をつかって天の川をあぶり出しました。

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + Sigma 15mm F2.8 EX DG fisheye(ISO3200,F2.8,SS30sec)

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28 (ISO6400,F2.8,SS30sec)

だんだんと角度をつけて天の川が上り、午前2時ころにはこのくらいの角度になります。

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28 (ISO4000,F2.8,SS30sec)

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28 (ISO4000,F2.8,SS30sec)

このしだれ桜は本当に見事な枝ぶりで下から見ると、星が透けて見えます。

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28 (ISO3200,F2.8,SS30sec)

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + Sigma 15mm F2.8 EX DG fisheye(ISO3200,F2.8,SS30sec)

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + Sigma 15mm F2.8 EX DG fisheye(ISO3200,F2.8,SS30sec)

縦構図です。

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28

このしだれ桜は、薬師堂を挟んで左右に2本あります。(天の川を飛行機が横切ってます)

勝間薬師堂のしだれ桜と天の川

5Dmk3 + AT-X F2.8 PRO FX 16-28 (ISO3200,F2.8,SS30sec)

今回の撮影では、全てソフトフィルターを付けて撮影することで、星を大きく写しています。

これができるのもレンズ交換式の一眼レフならではです。是非試してみてください。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回撮影に使用したレンズは、AT-X F2.8 PRO FX 16-28mm というレンズです。

通常この手の前玉の飛び出した出目金の広角レンズには、ソフトフィルターを取り付けることはできません。しかしながらソフトフィルターを丸く後玉の形にカットして後玉の中に両面テープで固定することで、ソフトフィルターを使うことができます。カットするソフトフィルターはこれです。

このフィルターの周囲に両面テープを小さくカットして貼ることで、後玉に取り付けます。普段はこのようなSDカードのケースに入れて持ち運んでいます。

スクリーンショット 2015-04-25 23.10.16

後玉を上に出した状態で、フィルターを載せて、両面テープ部分を爪でチョイチョイと押して貼り付けます。
スクリーンショット 2015-04-25 23.10.02
位置がしっかり決まると中に入っていきます。

スクリーンショット 2015-04-25 23.05.36
両面テープは今ところ10回以上剥がしても十分に粘着しますので、十分実用的です。

 

一眼レフカメラがあれば星空の撮影は非常に簡単ですので、皆さんも是非トライしてください。

※撮影日:2015年4月18日

-カメラ, 日本
-,

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.