カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

カナディアンロッキー 北米

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big Beehive)

更新日:

2つ目に紹介する場所は、バンフ国立公園(Banff National Park)のレイクルイーズ(Lake Luise)です。

レイクルイーズはカルガリー国際空港から車で約2時間ほどの距離にある湖です。

レイク・ルイーズの名前は、ヴィクトリア女王の4女でありカナダ総督ジョン・キャンベル夫人であったルイーズ・キャロライン・アルバータに由来しているそうです。

そんなレイクルイーズは氷河の雪解け水によってエメラルドグリーンに染まり、カナディアンロッキーの宝石とも呼ばれるそうです。

これが宝石と呼ばれるのも、ビッグビーハイブ(Big Beehive)からのレイクルイーズを見てみると納得がいきます。(Beehive:ハチの巣)

レイクルイーズの場所はこちら。

駐車場は大きいのですが、レイクルイーズはメジャーな観光スポットなので、土日はかなり混雑するので早めに到着することが望ましいです。

それでは撮れた写真を紹介していきます。

まずは、駐車場から歩いてすぐのレイクルイーズ正面から。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/200sec)

向かって左側にある小屋がレンタルボートです。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/125sec)

後方にそびえるのは、マウント・ビクトリア(3464m)です。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F8.0,SS1/500sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F8.0,SS1/125sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F10.0,SS1/160sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO64,F8.0,SS1/200sec)

24mmで撮影した画像をパノラマ合成しました。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/400sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F8.0,SS1/320sec)

そして、このレイクルイーズ正面から絶景スポットであるビッグビーハイブ(Big Beehive) (2270m)に歩いていきます。

下の写真で、家族が歩いている道です。

ビッグビーハイブまでの所要時間は人によりますが登りに4時間ほどかかります。下山には1.5時間で合計5.5時間ほどかかります。

非常に時間と体力が必要ですので、それなりに準備と覚悟が必要です。

ビーハイブの場所はこちら。

レイクルイーズを左にみて、登山開始です。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO125,F10.0,SS1/500sec)

レイクルイーズから1時間40分ほど歩くと、途中のミラーレイクに到着します。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F10.0,SS1/125sec)

この正面に見えるハチの巣みたいな大きな岩がビッグビーハイブです。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F10.0,SS1/125sec)

こちらがミラーレイク(Mirror Lake)正面での地図です。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F10.0,SS1/5sec)

このミラーレイクからさらに1.3Kmほど歩きます。

登っている途中に、マウント・ビクトリアから「ドーン」という凄まじい音が何度も聞こえてきました。

恐らく氷河が溶けて落下している音だと思われます。

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F10.0,SS1/640sec)

レイクアグネス(Lake Agnes)に到着しました、こちらも氷河でできた湖のようです。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F22.0,SS1/6sec)

ここにはティーハウスというお茶が飲める休憩所があるのですが、行列ができていてかなり混雑していました。(ここはクレジットカードは使えません)

日本の登山道と違ってインフラが整ってなく、途中に水道や自動販売機は一切ありませんので、要注意です。

その代りレイクアグネスの池の水は飲めるそうで、私は池の水を飲んでました。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F3.5/SS1/250sec)

「なんかくれよ~」ここのリスは全く人間を恐れていないようでした。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F3.5/SS1/250sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO200,F3.5/SS1/125sec)

ここからレイクアグネスを周回するように歩いていきます。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F7.1,SS1/800sec)

ここからがビッグビーハイブに登るため、このように急に傾斜がきつくなります。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO200,F7.1,SS1/320sec)

それでもビッグビーハイブを登りきると、山頂ではこの絶景が待っていました。

下方に見えるのは、カナディアンロッキーで最も豪華なホテル、シャトー・レイク・ルイーズです。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F7.1,SS1/200sec)

ここまで重い70-200mmの望遠レンズを背負ってきた甲斐がありました。。

本当に重くて吐きそうでした。。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F7.1,SS1/200sec)

広角レンズではこの絶景です。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/640sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/400sec)

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G (ISO100,F7.1,SS1/400sec)

ボートを真上から見下ろしているので、その高さと角度が分かると思います。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F7.1,SS1/250sec)

下山の途中では、プレーリードッグにも遭遇しました。

やはり70-200mmを持っていて良かったです。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F3.2/SS1/1600sec)

可愛い顔してますね。

カナディアンロッキーの宝石、レイクルイーズ(Lake Luise)の絶景とビッグビーハイブ(Big beehive)

D850 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8E FL ED VR (ISO100,F3.2/SS1/1250sec)

私の場合は思い機材をもって登山したので、下山してきた時にはすでにへとへとでした。

しかしながらビッグビーハイブからの眺めはその価値に値するものでした。

ビッグビーハイブまで行けなくてもリトルビーハイブという選択肢もありますが、こちらもかなり時間がかかります。

しかし登山をしなくても正面のレイクルイーズにだけでも素晴らしい風景でしたので、是非ともレイクルイーズに訪れてみてください。

※ビーハイブやリトルビーハイブなど登山を検討されている方は、こちらを参考にしてみてください。

※撮影日:2018年7月9日

-カナディアンロッキー, 北米

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.