*

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 日本

山口県から九州地方に入り、熊本県からはSL人吉の紹介です。

SL人吉(ひとよし)は、JR九州が熊本県の熊本駅~人吉駅間を運行している蒸気機関車です。

エメラルドグリーンの球磨川(くまがわ)沿いを運行するSL人吉は絶景が望める列車としても人気です。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,F6.3,SS1/100sec)

SL人吉の運行日などは、JR九州のサイトで確認できます。(http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

ただし、他の列車の情報も欲しいので、こちらを参考にしました。(http://ekikara.jp/newdata/line/4001161/down1_1.htm

SL人吉ダイヤ

撮影スポットはとてもたくさんあるので、今回は私の撮影してきたスポットだけ紹介します。

まずは鎌瀬駅を過ぎてしばらく進んだ崖の上です、場所はこちら。

こちらは駐車スペースがほとんどありませんので、要注意です。

SL人吉撮影スポット

スロープと階段を上るとこのような場所にでます。良いポジションで撮影できる人数は限られそうです。

SL人吉撮影スポット

それでは撮れた写真から紹介していきます。

まずは望遠レンズで姿を現したSL人吉を狙います。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,F6.3,SS1/125sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,F6.3,SS1/100sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,F6.3,SS1/100sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO100,F6.3,SS1/100sec)

同時に、24-70mmの広角側で全体を俯瞰します。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS1/100sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D810 +AF-S Nikkor 24-70mm F/2.8G ED VR (ISO64,F6.3,SS1/100sec)

続いては、キャノンの5Dと70-200mmで中望遠域を撮影。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/320sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/320sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/320sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/320sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/400sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/400sec)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO400,F6.3,SS1/400sec)

ここで列車が通過した後で、機材を撤収して、SLを追いかけて移動します。

列車はこの後、一勝地駅と渡駅で停車するので、十分に追いつきます。

続いての撮影スポットは、西人吉駅です。

駅のホームからの撮影です。子供たちの「来たぞ、来たぞ」って声が聞こえてきそうです。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 200-500mm f/5.6E ED VR (ISO320,F6.3,SS1/160sec)

最後に紹介する撮影場所は、鎌瀬駅付近です。

川を挟んで反対側から、球磨川第一橋梁を見渡せます。道路の路側帯に駐車しての撮影です。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO3200,F5.6,SS1/320)

続いては、その鎌瀬駅のすぐ裏の坂からの撮影です。こちらは定番の撮影スポットになります。

正面から迫力満点のSL人吉が撮影できます。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO800,F8.0,SS1/250)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO800,F8.0,SS1/250)

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II

また、かわせみ やませみ号もついでに撮影しました。

エメラルドグリーンの球磨川を走るSL人吉の絶景

D750 + AF-S Nikkor 70-200mm F/2.8G ED VR II (ISO1600,F5.6,SS1/500)

鎌瀬駅の裏手の坂を上っていくと、この球磨川第一橋梁を俯瞰しての撮影も可能です。

_DSC5256-2

以上でSL人吉の紹介を終わります、

SL人吉は桜の季節にも、たくさんカメラマンが訪れます。また是非訪れて徐々に追加更新していきたいと思います。

なお今回、撮影にあたりこちらを参考にさせて頂きました。

※撮影日:2017年5月20日

スポンサードリンク

関連記事

どこまでも菜の花な絶景。横浜町の菜の花畑

どこまでも続く黄色の絨毯、横浜町の菜の花畑

青森県上北郡の横浜町に、日本一の作付面積という菜の花畑があります。この菜の花が今ちょうど見頃だという

記事を読む

山梨県韮崎市のわに塚の桜

孤高の一本桜、わに塚の桜 (Wanizuka Cherry Blossom)

日本に帰国して最初の春は、どうしても一本桜が撮りたくて、晴れの日を狙って遠征してきました。 わ

記事を読む

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

世界が認めた絶景、あしかがフラワーパークの奇跡の大藤のライトアップ

続いて紹介するのは、CNNでも紹介されたあしかがフラワーパークの大藤を紹介します。 あしかがフ

記事を読む

美瑛町の青い池

あの壁紙の絶景、美瑛町の青い池と冬のライトアップ(Bule lake in Biei Hokkaido)

北海道は美瑛町に、AppleのMacやiPhoneの壁紙となった有名な青い池があります。有名となった

記事を読む

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

夜の宝石箱、工場萌えする四日市コンビナートの工場夜景

今回は、以前からずっと撮影してみたかった工場夜景を撮影してみました。場所は日本でも有数の工業地帯であ

記事を読む

野平の一本桜と白馬三山

野平の一本桜と白馬連峰(Nodaira Cherry Blossom and Hakuba Mtn Range)

野平(のだいら)の一本桜は、白馬村北城の野平集落にある一本桜です。前回の記事の大手の吊り橋から車で約

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山
青い空と輝く樹氷の森、諏訪富士、蓼科山の冬山登山

霧ヶ峰高原の次に紹介するのは、すぐ隣の蓼科山(たてしなやま)です。

フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷
フローズンな白銀の世界、長野県諏訪市の霧ヶ峰高原の樹氷

久しぶりの記事は、すっかり真冬の記事になってしまいました。 今回

まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂のライトアップ
まるで翼を広げた不死鳥、京都宇治の平等院鳳凰堂の夜間特別拝観(ライトアップ)(D850と5Dmark4比較)

今年、2107年最後の紅葉は、京都の宇治にある平等院鳳凰堂のライトアッ

広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ
広がる赤もみじの絨毯、教林坊のもみじ祭りのライトアップ

鶏足寺の紅葉に続いては、同じく滋賀県の近江八幡市にあり教林坊(きょうり

広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉
広がる赤もみじの絨毯、滋賀県の鶏足寺の紅葉

今回紹介するのは、滋賀県の長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑