岩手山に映える小岩井農場の一本桜

日本

岩手山に映える優雅な一本桜、小岩井農場の一本桜

更新日:

岩手県は小岩井農場の牧草地にある一本桜は、天気が晴れると背景に残雪の岩手山を構える絶景として有名なスポットです。

この一本桜は、エドヒガン桜で小岩井農場の私有地にあり、こちらのページにて開花情報を毎日チェックできます。(https://www.koiwai.co.jp/makiba/sakura/)1本桜へのアクセスはこちら。小岩井農場から車で5分ほど離れた場所にあります。

駐車場は桜の撮影スポットの前にあるのですが、スペースが多くないため沢山の方が路駐されてました。

私は早朝の6時くらいから到着していたのですが、完全な曇り空で、岩手山は全く見えませんでした。天気予報GVPでも周辺は終日雲に覆われる予報でした。ですので午前8時ころには多くのカメラマンが諦めて帰って行きました。しかし、なんと午後9時過ぎから突然にも雲がなくなり晴天の天気となりました。私はまだ小岩井農場に居たため、急遽一本桜に戻り幸運にも撮影することができました。翌日には大雨が降ったので桜が散ってしまい、結局2016年に快晴で撮影できたのはこの1日だけだったと思われます。

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + EF24-70mm F2.8L ii USM (ISO200,F2.8,SS1/4000sec)

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro (ISO200,F16.0,SS1/250sec)

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro (ISO100,F16,SS1/250sec)

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + Tokina AT-X 16-28mm F2.8 Pro (ISO200,F9.0,SS1/800sec)

続いて望遠レンズで。200mmほどのレンズがあれば、十分足ります。また撮影場所の左に寄ることで、桜と岩手山を重ねることができます。

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,8.0,SS1/400sec)

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,8.0,SS1/250sec)

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,8.0,SS1/400sec)

お決まりのTSレンズでジオラマっぽく遊びます。

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + TS-E24mm F3.5L (ISO100,F3.5,SS1/1000sec)

シフトすることで、青空を大きく入れます。煽らずに青空を入れることができるのが、このレンズの素晴らしいところ。

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

5Dmk3 + TS-E24mm F3.5L (ISO100,F9.0,SS1/400sec)

撮影場所は、このような感じです。柵の前に出ることはできませんが、それなりに広いのでカメラマンが多くてもなんとか撮影可能です。

岩手山に映える小岩井農場の一本桜

また、小岩井農場へ来る途中の道には、桜並木がありこちらも素晴らしい景色です。

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,6.3,SS1/160sec)

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,6.3,SS1/160sec)

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,6.3,SS1/200sec)

5Dmk3 + EF70-200mm F2.8L IS ii USM (ISO200,6.3,SS1/200sec)

最後の写真のように、ゴールデンウィーク中は、小岩井農場へは大渋滞の列ができますので早めの到着をオススメします。ちなみに渋滞回避のために、一本桜側から回ってみるとかなり早く農場に入れると思います。

※撮影日:2016年5月3日

-日本

Copyright© 地球の撮り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.